2009/10/03 Sat

金沢に行く

金沢に行く。金沢は3回目。兼六園に2回行ったことがある。今回は明日の行事備え、デパートで買い物、カレーのお店で食事、散髪。夕食は友人達と居酒屋で飲み会と市民のような生活をする。お酒を飲むのはこの日の前日、9月4日以来ほぼ1カ月ぶり。

カレーも美味しかったし、理髪店もいいところだったし、居酒屋もこぎれいで、良かった。もうすぐにでも住めそうな感じ。結構いいところかもしれない。

仕事をする以外に東京圏に住む動機はないかもしれない。そこそこの地方都市なら不便はほとんど感じないし、家は広いし、生活のコストは安い(賃金も相対的に低いだろうけど)し、道路もあまり混雑していないし、人も適度にいるし、住みやすいとも思う。本はネットで買えるから、問題ないし。

東京圏はたまに遊びに行くだけでいいよなぁ。歳とって会社を辞めたら田舎に住めないかなぁ。妻が許さないかなぁ。でもあこがれるなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/09/10 Thu

余興の打ち合わせ

昨日に続き、10月上旬にある結婚式の余興の打ち合わせ。今日は主役の一人に話を聞く。彼は真面目だから、思いのほか面白いネタがない。シナリオライターとしてはちょっと心配になる。

結婚式で「何かやる」というのはこれで最後だろう、と思われる。気持ちとしては、もう何かやるような歳ではない、と思うのだけれど、学生時代の数少ない親しい友人の頼みだから仕方がない。せいぜい恥ずかしくないようにはしたいのだけれど…、無理かなぁ。

私同様、連日打ち合わせに参加したのは子育てがほぼ終了したお母さん。歳をとって子育ても終わると人恋しくなるらしい。やっぱり昔の友達って、重要なんだね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/09/04 Fri

久しぶりな人と飲み会

以前は良く飲んでいたけど、最近はご無沙汰だった人と飲み会。前回飲んだのは1年以上前だっただろうか。この人と飲むと、大量のアルコール摂取かつ多額の出費になるのだけれど、不景気のせいか、指定されたのはモツ焼き店。長時間いたけど、1人5000円程度と安かった。

話題はお互い共通の知人のことや家族のこと、車のこと、仕事のこと。以前は会社の不満が中心だったけど、この歳になると転職なんてことは現実性のある話題とならないので、会社の不満は言ってもしょうがないことになる。話題も歳をとった感じ。

今回はそんなに飲みすぎることもなく、この点でも歳をとった感じ。体、財布の両方にとって良いことだと思うけど、ちょっとつまらなくもある。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/08/30 Sun

ちゃお&ちゅちゅ サマーフェスティバル

サイン会(めちゃもて委員長)衆院選挙の投票後、娘の要望により「ちゃお&ちゅちゅ サマーフェスティバル2009」というのに娘のお供で行ってきた。「ちゃお」は小学館の漫画本で、娘はそこで連載している『ぐぐっと極上!! めちゃモテ委員長』という漫画が大好き。パシフィコ横浜で開催されるこのイベントで作者のサイン会があり、申し込んだら当選してしまい、妻と私は渋々行くことになってしまった。

パシフィコ横浜といえば、2007年に「ポケモンパルシティー」での凄い大混雑が記憶にある。今日も列には並んだが、ポケモンに比べればかわいいもの。曇り空で涼しかったにもかかわらず、熱中症予防のためか、主催者から子どもにエビアンのサービス。入場するだけでおみやげがもらえ、こりゃいいや、って感じ。

サインだけもらってすぐ帰るつもりだった妻と私は、行列に並んでいる段階で「今日は何があるの」と話会うくらい、何も知らずに突入したが、入場するとサイン本、グッズの購入、『めちゃモテ委員長』関連のショーの見学などして時間をつぶし、帰宅。やっぱりポケモンのときとの比較になってしまうけど、スタッフが殺伐としておらず、女の子中心のイベントである感じがする。

しかし、少女漫画が趣味ではない大人が行って面白いものではない、と思う。一方で少女漫画が好きな大人、特に男性は居場所がない。どう見ても高校生男子くらいの親子連れ(親の方はお母さん)がいたけど、入場のおみやげは女の子だけ、と言われもらえていなかったし、ショーの席の権利も中学生以下の女の子限定なので、近くで見れないし。

娘のお陰で一人では絶対にしないような経験ができるけど、それにしても疲れる。自分の興味のないことに付き合うのって大変。娘が大きくなるにつれ、娘が楽しむ姿を見て楽しむ、という境地が薄れていくせいもあるのだろう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/08/28 Fri

ゼミの飲み会

大学のゼミの飲み会。総勢6人。ほぼいつものメンバー。歳をとってくると、みんな会いたくなるらしい。しかも話す内容は、ゼミは良かった、みたいな思い出話で、思いっきり歳をとったことを感じてしまう。

もう歳だから無茶はしないだろうと思いきや、炸裂する人がいるもんだね。大学生気分でガンガン飲んでちょっと大変。半分つぶれた人はタクシーで帰るところが昔とは違うけど。

以前、このメンバーの会合に来ると、仕事や会社での人間関係などが大変という話を聞かされ、自分は恵まれているなぁ、と思ったものだけど、このところは自分も気分が晴れないので、そんな偉そうな気持ちは出てこない。

今の自分の周囲には不機嫌な人がいて、それが周囲に悪影響を与えているのだけれど、この状態にいつまで我慢しなければならないのか、先が見えない状態。晴れない気分が今日の飲み会で少しは晴れるかなぁと思ったけれど、かなり酔っ払っただけで、もうひとつだったようだ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/07/03 Fri

旧友と再会

月曜日に電話があった学生時代の旧友が上京してくるというので、学生時代の他のメンバーと一緒に再会。フルメンバー揃うのは4〜5年振りくらいの気がする。しかも、この前は大して話が出来なかったので、フルメンバーでじっくり話をするのは、学生のとき以来かも。

昔話で結構盛り上がる。日々が退屈なので、過去を懐かしむのは楽しいのかもしれない。でも、何となく面倒臭いと感じている自分がいる。昔はあれほど楽しかったメンバーなのに、そのときに比べれば親しいと思う気持ちが薄れている気がする。

あの頃はこのメンバーとの行動が生活の大半を占めていたから、当然かもしれない。今は皆、家族を持ち、それぞれがそれぞれの楽しみ、悩みを抱え、それぞれの生活を過ごしている。

それはそれでいいのだけれど、何か、もったいない気がする。何かやってみようかなぁ。電子媒体を利用して、近況が簡単に分かるようにするとか…。そうしたら、生きるのに気を紛らわす手段が増えるかもしれないね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/06/29 Mon

結婚式のお誘い

学生時代の友人から電話がある。ずいぶん、久しぶりの連絡で、何となくそうかなぁ、と思っていたら、やっぱり結婚するという話。何はともあれお目出たい。

地方に住んでいる友人なので、結婚後プライベートで初めて一人で遠出することになる。しかも前泊。妻も行きたいというが、そういうわけにはいかん。ゆっくり羽を伸ばすことにしよう。と言っても3カ月以上も先の話だが。

相手はどんな人なんだろう。ビールを飲んでいて頭がボンヤリしていたので、聞くのを忘れてしまった。若くてすごい美人だったら、ちょっと羨ましいかもしれないけど、大変そうだから、許す。今週末、東京に出てくるというから、取材しよう。

友人関係で私が出席する結婚式はこれが最後の予感。礼服を着るのも久しぶり。胴回りがかなり大きくなっているから、入るかが心配。
タグ:日記
posted by K2 at 22:33 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/03/15 Sun

深夜に意外な電話

カゼの具合は多少良くなり、外出。と言っても昼ごはんを食べに出かけ、買い物をして帰ってきただけ。いつも通り、特に予定のない日の行動パターン。今日も平凡に1日が終わろうとしていた。

ところが、午後11時前になっていきなり電話がなった。我が家では午後9時を過ぎて電話があることなんて滅多にない。ナンバーディスプレイに表示されている電話番号は実家方面を示しているが、電話番号に心当たりがない。

恐る恐る出てみると、中学時代の同級生からだった。何でも同級生一同で地元の夏祭りに花火を打ち上げるらしく、案内状を発送するために住所を確認しているとのこと。地元ではよく厄払いとか称して同級生有志一同がスポンサーになった花火が上がるけど、多分、その誘い。とうとうそんなトシになったのか…。

こういう縁起担ぎの大好きな妻は絶対に参加しろと言う。一口のることはやぶさかではないけれど、花火の打ち上げ当日にいけるかどうか分からんからなぁ。しかし、中学の同級生って20年以上あっていない人がほとんどだから、ちょっと興味はある。こういうのもいいかも知れない、と少しだけ思う。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/12/22 Mon

年末の行事

今年もあとわずか。この時期、毎年やっていることのひとつがインフルエンザの予防接種。妻が受けろとうるさい。私のことよりも娘のことが心配だからという。気休めのような気もするけど、ここ数年、毎年渋々従っている。

さて予防接種を済ませた後、本を買いに大手町をウロウロしたついでに多分今年の食べおさめとなるであろう、リトル小岩井の「ナポ大油少な目」を食べる。今日のナポはいつもよりケチャップの量が多かったみたい。最後はしょっぱい味しかしなかった。11時前に入ってすぐに席に座れたのだけれど、11時頃にはほぼ満席状態。人気は相変わらず。

年末のイベントをこなして仕事に戻ったけど、このところの作業スピードのアップによって、どうしてもやらなければならないことがない。もう、ほぼ今年の仕事は終えた気分。残った営業日をどうやって過ごそうかしら。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/11/29 Sat

小学校の文化祭

娘の小学校で秋の催し物。一般的にはこういうのを文化祭というのだろうけど、自分のときと比較すると文化祭ぽくない。自分のときは、教室を飾りつけして、合唱などの音楽会が必ずあった。しかし、娘の場合は、子どもたちの主体性が尊重され、いろいろなゲームや遊びを子ども達が宣伝、呼び込みなどをしつつ、見に来た他の児童、保護者を相手にやってもらおうとするもの。

結果的に、子ども達がワーワー騒いでいるだけ、のように映り、文化祭という感じがしない。主体性を尊重されても主体そのものが固まっていない子どもたちに任せると、こういうまとまりを感じない雰囲気になるのだなぁ、と思う。

こういうのって、根本的には「オレ様化する子どもたち (中公新書ラクレ)」の指摘のようなことがあるんだろうねぇ。しかし、何も学校がそれを助長しなくてもいいのに、と思わなくもない。もっとも、こういう方法がどういう結果になるのか、それが多くの人に受け入れられるかどうかについては全く分からないから、まぁ仕方ないか、とも思うけど、私としてはちょっと引っかかる行事だった。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/04/20 Sun

OB会

大学のゼミのOB会に出席。教授はとっくの昔に退官している伝統ある? ゼミなので、オジサンが大半。初期の代のゼミ員は60歳を超えている。ヒマなせいか、こういう会社勤めの終わった人達の方が集まりが良い。若い代(といってもほとんどが40歳オーバーだが)の方が集まらない。まあ自分も面倒くさいと思っていたから、当然だろう。普段、仕事で疲れ、休みの日くらいゆっくりしたいと思う気持ちは良くわかる。

個人的には会合終了後、久しぶりに同期の女性とお話をした。積極的に話をしたいわけではなかったが、サービス精神から自虐ネタを次々に繰り出してしまった。まあ、喜んでもらえたようでよかったと思うけど、実際は笑い話ではなかったんだよなあ。しかし、時間が経てば大抵は笑い話。夫婦の間の話はその程度のものだと願いたい。
posted by K2 at 23:19 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/04/14 Mon

大学ゼミのOB会

迷った末、出席することに決めた。担当教授のお祝いだからか、妻が出ろ出ろとうるさい。そこまで言われて、家にいるのも面倒くさいので出ることにした。良く考えると、面倒くさいから出たくないと思ったが、家にいる面倒くささの方が上回っているとの判断のようだ。「面倒くさいかどうか」が自分の行動基準になっていることが良く分かる。

何年か前にもゼミのOB会があったが、その際は司会はやらされるし、集合写真の代金を徴収され、封筒に住所、氏名を書いたにもかかわらず、待てど暮せど写真は届かなかった。いい加減な人たちの集まりだなあと思い、やはりあまり出たくないのだが、面倒くさい。

こういう面倒くさい気持ちに従うことが、いろいろな弊害をもたらしている気もする。頭のいい人はこういう人の「面倒くさい」という心理を利用するのだろう。しかし、許容できるくらいの損失なら、面倒くさいことの方を回避してしまう。コストを支払って面倒くさくない、という対価を得ているから、修正することは難しい。もとより、面倒くさがらずに頑張ることが正しいことであるという絶対的な真理があるわけではない。あー、やっぱり、いろいろ考えるとやっぱり面倒くさい。
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/02/17 Sun

厄除け、激混み

寒川神社自分は全く信心はないのだが、イベント好きの妻およびその両親の希望により、寒川神社に厄除けをしに行った。東名高速は気持ち悪いくらい空いていて快適だったのだが、神社が激烈に混雑していた。わずか数十分の厄除けのために3時間近くかかってしまった。先週、先々週と週末に雪が降ったせいもあるだろうが、混みすぎ。

こういう行事は人生の節目と無理矢理考え、気分良く行こうと思ったけど、こんなに時間がかかると、自分が望んで行っているわけではないので徒労感が強くなる。厄払いするにしても、由緒も知らないような神社に来なくても良さそうなのだが、人が集まるところに行きたくなるのは、同質であることを確認し、自我の安定を求めがちな人間の本能なのかもしれない。

厄払い後、妻の父に昼食のカレーとビール一杯、だんごをご馳走してもらい、満腹にウトウトしながら帰宅。その後すぐにケータイのUSB接続ケーブルと落下防止用のストラップを購入。どちらかといえば、この用事を済ませたことのほうがうれしいかも。しかし、ケータイのシャッター音は会社の同僚を保有するau製のものに比べ、ちと大きい気がする。気のせいだろうか。これでは、お店で料理などをとるのは少しはばかられるかも…。
posted by K2 at 23:12 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007/11/11 Sun

七五三

今日は娘の七五三のお祝い。妻と妻の両親が同行。日本橋の写真館でお化粧をして、衣装に着替えて、写真撮影。その後、水天宮様にお宮参りし、ロイヤルパークホテルで食事。お宮参りの最中、少し雨が降ったが、あまり気にならない程度。無難に終了し、みんなご満悦だった。

大安だったこともあり、写真館、お宮参りとも混雑していた。それでも“大”がつくほどではない。お宮参りもほとんど待たずに終了。神奈川県の寒川神社ではいろいろな厄払いと一緒なので、普通の日でもかなり待たされる。こじんまりしていて、簡単に終わるのが子宝、安産専業の水天宮のいいところだ。

写真館、と言っても衣装を借りた三越の系列のところ。衣装代プラス撮影料金は安くないが、さすがに対応がしっかりしている。写真撮影もポーズの指示などきめが細かい。子どもことには少々値段が高くても支払ってしまう両親、祖父母は多いだろうから、満足度は高いだろう。

ロイヤルパークホテルでは20階のラウンジで和食ブッフェを食べる。これが義理の両親には好評だった。本来はバーなので、ソファーに小さめのテーブルで食べやすくはないのだが、料理はどれも「さすがホテル」で、庶民の一家には十分喜ばれるであろう水準。義理の両親に衣装代を持ってもらった手前、ホテルでの食事代は我が家で持つことに。妻によれば、いつも我が家がご馳走すると遠慮してあまり食べないらしいが、ブッフェなら気兼ねがないので、それも好評の理由らしい。

午前6時30分過ぎに家を出て、午後2時30分頃に帰宅した。家に帰るまで着物を脱がなかった娘だが、着替えて「ポケモンサンデー」の録画を見ると、ご褒美を買いに行ったトイザらスでポケモンカードを購入した。着物の間は意外にしおらしく、美人に見えた娘も、すぐに元通り。もったいない。もう少し、七五三のままでいれば良いのに。本人は「来年も着物着て、写真撮りたい」とのことだったが…。
タグ:
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。