2011/11/19 Sat

小学校の催し物

娘の小学校の催し物があり、9時に学校に向かう。娘の様子をちらっと見て帰る。団体で発表するとか、まとまって見るような出し物がないので、親はあまり居場所がない。子供たちがあっち行ったりこっち行ったりしているだけ。例年のことながら、なんだかなぁ。

子供の自主性を育てるということなのだろうか。しかし、それにしても放置し過ぎではないか、という気がする。学校は社会の枠組みにはめるために子供を矯正するという機能があるのだと思うのだけれど、こういう機能に対する反発があり、子供にお任せする(ように見えてしまう)のがいいのだろうか。

もちろん、私の考えは自分の経験に強く影響を受けており、自分を否定したくないからこそ、そのように思うのかもしれない。子供にお任せしようが、大人があれこれ指図しようが、将来にあまり大きな差はないのかもしれない。

しかし、子供にお任せするくらいだったら、わざわざ校外の人に対して公開するようなものではないような気がする。はたからみて友達同士で遊んでいるようにしか見えず、子供の成長なんて感じられない。せいぜい、低学年の子供に比べ体が大きくなったなぁ、くらいしかわからない。それとも、自分の子供まだせいぜいこのくらいのレベルなんだよ、ということを実感すべきなのかもしれない。

娘自身も見てもらいたいという感じはほとんどなく、顔を出してくれるだけで良いよという感じ。だから、10分くらいでサッサと帰る。午後は大人の出し物とかあって、それはそれで面白かったらしいけど、そこまでとどまるには、あまりにも時間が長すぎる。来年は少しくらい見ごたえのあることをしてくれるのかしら。
タグ: 日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/03/04 Fri

社交的でないのに、社交的でありたいと思う自分にガッカリ

会社関係の飲み会。行かないことも可能だったけど、話ができる人もいたことはいたので、参加する。しかし、こういう会合って、やっぱり社交的でない自分に向いていない。

そういう会合に行ったとしても、社交的でない自分を自覚して、他の人の態度を気にしなければ良いものの、気になってしまう。そのことに自分の限界を感じてガッカリする。

良く考えてみると、こっちのことを好きでない人は、同じ程度に私も好きでないのだから、どうでもいいだろうという気がするのだけれど、そういう人が自分だけ冷たくしているような気がすると、気になってしまう。

若い頃なら気にならなかった、というか、気にしないようにツッパルことで、全然平気だったのだけれど、年をとってきてからというもの、平気でなくなってきた感じがする。

無意識のうちに、若い頃は1人でも生きていけると思っていたけど、最近は1人で生きていくことに限界を感じているのかもしれない。あるいは、自己中心的な自我を変えようと努めてきた結果なのかもしれない。若い時なら、このような会合に出ようなどと思わなかったに違いないから。

葛藤するよなぁ。自分は本質的には自己中心的で自分勝手で、他人に愛想を振りまくなんて大の苦手なのに、そうしないといけないような気がして、そのような行動をとろうとして、それができないと嫌になるなんて…。こうやって悩みながら生きていくしかないのだろうけれど、なんとかならんかなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/01/09 Sun

今年の初詣は鎌倉

今年の初詣は鎌倉に行くことになった。妻がママ友から良かった、聞いてきたから。どこでもあまり変わらないと思うけど、こういうことは気持ちが大事とはいえる。しかし、鎌倉と聞いて、大変そうであることを直感した私は、聞き流していたけど、妻が自分の父親と相談し、勝手にスケジュールを決めてしまった。

それは朝6時出発で、鶴岡八幡宮→鎌倉大仏→江の島と回る、我が家族だけでは絶対にありえないコース。妻の父が決めたことなので、特に私と娘は文句が言えない。父は孫と行動できるのが楽しいらしく、張り切っていた模様。

朝6時20分出発で、父親宅に行き、鎌倉に到着したのは8時前だったと思うけど、さすがに道路は空いていた。鎌倉に詳しい父はお目当ての駐車場を確保でき、満足げ。ここに駐車し、あとは徒歩と電車で行動する。

鶴岡八幡宮
最初の目的地である鶴岡八幡宮では、妻の思いつきでお祓いをすることになった。我が家のお祓いはいつもは寒川神社だったけど、ゲン担ぎが大好きな妻の母もやれやれという。神社の人に聞くと1時間くらいかかるということだけど、朝早く、時間はたっぷりあるということで、父からもゴーサインが出てしまった。

この日は凄く寒かったけど、待合室には暖房装置はあるとはいえ、基本的には吹きさらしで、極めて寒い。完全防備でお茶まで出してくれる寒川神社とは大違い。まあ、こっちがあたり前なのかもしれないけど。本道は狭くく後ろの端の人は壁が邪魔して神主さんが見えない。また、床に座ってお祓いしてもらう。これも椅子に座る寒川神社の方が老人にも優しい気がする。鶴岡八幡宮も椅子を用意しているけど、数は多くない。

鎌倉の大仏
とかなんとか書いているとバチが当たるかもしれないので、大仏の話。鶴岡八幡宮から小町通りを通って鎌倉駅に向かう。途中、団子を食べたり、蕎麦を食べたりしながら、鎌倉駅に到着。鎌倉から江ノ島電鉄にのって長谷駅下車。そこから10分くらい歩いて到着。奈良の東大寺の南大門のミニチュア版みたいなところを通って、チケットを買い、なかに入ると、ほどなく大仏が見える。

写真などでは見たことがあるけど、実際に見ると予想以上に小ぶりな感じがする。厳かな雰囲気というよりは、どこか、のどかな感じがする。大仏内部に入ることができ、入ってみたけど、まあ、1度で十分かなぁ。アトラクションじゃないだし、中に入れない方が、ありがたい気もするけど…。

大仏を見た後、長谷駅に向かうまでの間、極めて狭く、ありがたい名前の喫茶店でお茶をする。予想通りイマイチだった。そして長谷駅から江の島駅に行き、また歩く。今度は15分以上は歩き、江の島に到着。お店が並ぶ通りを上がって、「エスカー」で終点まで上がる。

江の島の隠れた名所?
その後は歩いて下りるのだけれど、父が「隠れた名所」と連呼する「稚児ヶ淵<ちごがふち>」というところに行く。神奈川景勝50選の一つというから隠れていないと思うけど…。ここからは天気が良ければ富士山が良く見えるらしい。この日はちょっとかすんでいた。

この後はどこにも寄らずに真っすぐ帰宅。従って、長距離の徒歩と満員の電車でヘトヘト。さすがの私も帰りの車の中では父に甘え寝てしまった。ここ数年で一番ハードな初詣だった。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/01/02 Sun

やっぱり自宅が落ち着くかも

帰京する。その足で妻の実家を訪問し、昼食をご馳走になる。自宅に着いたのは午後5時過ぎ。カゼは少しよくなったかもしれない。

自宅に帰ってきて思ったけど、やっぱり自宅がイイかもしれない。子どものころに住み慣れたはずの実家は居心地悪い。いつもくしゃみ、鼻水がとまらず、目も痒くなる。寒いし、知らず知らず、それなりに気を使う。家族の気分がうつったみたい。

もう、実家というより、他人の家ですな。どうやら私の気持ちも、本当に親離れしてきたみたい。遅いような気もするけど…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/12/31 Fri

スキー

今年最後の日。概ね低調な1年だったけど、最後になってだんだんヤル気が出てきた。来年はいろいろと頑張りたいと思う。

帰省先で過ごす大みそかはスキーに出かける。レンタルスキーが家族3人で6500円。リフトが11回券で3000円。午後半日だったけど、序盤は天候が良かったものの、後半から吹雪いてきた。さすがの家族もリフト3回でギブアップして、4時に帰宅。

娘は意外に問題なく滑れたようだけど、体が非常に辛いかも。カゼも悪化した模様。年越しのため、飲んだビールもまずかったかも。娘は「お腹かが痛い」と辛そうな顔をするので、一瞬、1年前の悪夢がよみがえったけど、大事には至らず。

ということで、なんだか普通な感じで今年も終了しようとしている。何だかメリハリがないのは良くない気がする。帰省するだけでバタバタした感じになり、ゆっくり考える暇がないのがいけないのかもしれない。意識的に気分を盛り上げないとダメかも。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/12/30 Thu

年越しのため帰省

今年も恒例の年越しのための帰省。午後2時30分過ぎの東京発の新幹線なので、1日早い年越しそばを食べて出かける。

前々日の飲酒がたたり風邪気味。このところ寒いし。さらに寒いところに行くから気をつけないといけない。

いつもカバンに入れていく本の代わりに電子書籍を持っていく。やっぱり便利かも。もう、何冊か読んでみたけど、すでに手放せない感じ。今年一番、買って良かったものかも。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/10/22 Fri

何年ぶりかの人に会う

前々から計画していた企画で、何年ぶりかの人に会った。人間的な意味でとても魅力的な人。昔からそう思っていたけど、それが何かについて、上手く表現できなかった。今なら多少はできるかも。

懐が深い。自我が柔軟で広く、いろいろな人を受け入れることができる人。こういうのを親分肌というのかもしれない。来るもの拒まず。どんな状況でも周囲に溶け込む。だから、みんなに人気がある。

距離感が抜群。ざっくばらんな言い方をするのだけれど、暑苦しくべったりしてくるのではなく、礼儀はきちんとわきまえる、というような。周囲への目配せとか、気配りがスゴイ。

あと、仕事ができるとか、歌声が素敵とか、いろいろあるのだけれど、それはこの人の魅力の根本的な理由ではないだろう。

この人と比べ自分は自我が固く狭い。どちらかと言えば、自分の殻に閉じこもって、自分を守りたいタイプ。それじゃあ社会生活をやっていくうえでイカンと思うから、何とか頑張ってはみるのだけれど、気分に波がある。周囲もそれを感じるから、気難しい人になってしまう。

また、殻に閉じこもりたいから他人との距離も、殻の中か外のどちらかになってしまう。こういうのを人見知りと言うと思うけど、そう書くとなんか本当にチンケな人間だね、自分って。

そんな私と違って、こういう人こそ、将たる器だという気がするけど、残念ながらそういう立場に自分をおこうとしない。不思議な面もある人で、どこまでも受け入れてくれそうな気がするのだけれど、受け入れてくれていると、受け入れられた人から思えるような状況だったとしても、どこかしらさめているというか、絶対譲らないような核というか、芯みたいなものがある気がする。

こういう人って、一体何を考えているのか、じっくり聞いてみたい気がするけど、はぐらかされるんだよね。やっぱり不思議。でもそこが良いのかも。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/03 Tue

飲み会

会社の複数名と飲み会。初めての人もおり、いつもの楽屋ネタを持ち出し盛り上がる。自制するつもりではいたものの、やはりアルコールが入ると飲み過ぎるようだ。帰宅して、妙に荒れていたし…。

しかし、聞いた話によれば、男女との関係で、みなさん色々とスネにキズがあるようだねぇ。そういう話を頻繁に聞くと、興味のない自分の生命力の衰えを感じてしまうよ。周りが女性ばかりの環境で育ったせいもあるかもしれないけど。

飲み会を冷静に思い出すと、あぁ、やっぱり時間のムダだったなぁ、と思うのだけれど、こういうムダもあるから、充実した時間を感じることができるのだと、無理矢理納得することにしよう。いずれにしても飲み過ぎは程々に。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/16 Fri

原宿で買い物と飲み会

原宿方面で飲み会があり、そこにあるお店でしか買えない携帯読書灯を買った。どうしても欲しいというよりは、なんとなく欲しくなった。暗い所や寝っ転がりながら読むといった、読書の楽しみ方が広がるかもというカタチ先行型の購入。本当に楽しさにつながるかどうかはよく分からない。無用の長物になりそうと今から予感するのはよくないのだけれど。

買い物のあと、飲み会に。路地裏にあるおしゃれなお店で、なかなか良かった。ただ、あまり騒ぐようなお店ではないと思うけど、ちょっと迷惑をかけてしまったかもしれず、若干反省。

普段は日本橋とか神田方面をうろうろしているので、原宿にくると雰囲気の違いに戸惑う。まず人が多いし、若い人が多い。日本橋って歴史があると言えば聞こえはいいけど、やはり年老いた街なんだなぁ、という気がする。でも自分としては日本橋の方が落ち着くのだけれど。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/11 Sun

娘の習い事の発表会

参院選の今日、娘の習い事の発表会があった。投票後に駆けつける。娘はなかなか上手になった。幼稚園の時からやっている習い事で、これまでは発表会でもそわそわしたり、きょろきょろしたり、落ち着きがなかったけど、今日はちゃんとできていた。まだ同じ年代の子どもに比べると見劣りするようなところがないわけではないけど、当人の過去との比較からみれば、かなりの進歩だ。

なんでもあきらめずに続けていれば上達する見本見たいな感じ。本人も上手くなっていることが実感できているようで、親としても習わせている甲斐がある。この発表会でこの習い事をやめることも考えていたけど、こりゃもうしばらく続けそうだ。

娘は習い事を始めるとなかなかやめないけど、それはその習い事がすごく好きというよりは、そこで友達をつくって、楽しくやれることが大きな理由となっている。正直言って、娘は私にはない仁徳をもっている気がする。年上にはかわいがられ、年下には慕われる。人嫌いの自分の子どもとは思えないくらい。

娘はきっと、人生を上手くやっていけるだろうと思う。それは親の教育のおかげではなくて、持って生まれた才能の一種のような気がする。良かったなぁ。いい才能に恵まれたなぁ。競争に勝つことはできなくても、きっと幸せになってくれるに違いない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/06/05 Sat

娘の行事など

娘の行事のため、外で長時間過ごす。天気が崩れることも心配されたけど、日差しが強かった時間もあり、結構日焼けしてしまう。こんな用事でなければ、外に長時間でたりしないので、日光浴にはちょうど良かったかもしれない。

行事後、木曽路で会食。お肉のおかわり券が2枚あったけど、お昼に食べ過ぎ、権利を行使できなかった。土曜日の木曽路は久々に混雑していた様な気がする。最近、会社の業績があまりよろしくなかった様だけど、客足は戻ってきたのかしら。

妻の両親にコーヒーを淹れて出す。義父は苦い味が苦手なようで、入れすぎの砂糖がカップに残っていた。かえって迷惑だったかもしれない気がする。義母はコーヒーが好きで、喜んでいる様に見えたけど、人をもてなすって難しい。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/04/16 Fri

お祝い会で撃沈

自分で企画したお祝い会で撃沈した。飲み放題で、飲まないと損という貧乏人根性がいけなかった。今日は寝不足だったこともたたり、飲み会の席上で寝てしまうという大失態を犯してしまった。

飲み会が終わるとすぐ帰ろうと思っていたのだけれど、2次会に拉致される。ここでは席に着くなり寝てしまった。よほど睡眠不足だったようだ。

本当は車で帰りたいくらい辛かったのだけれど、一緒の方角に帰る人がいて、電車で帰った。電車の中でも話をせざるを得ず、寝れなかった。もっとも、寝たら終点まで乗り越してしまったかもしれないので、よかったかもしれない。

駅から家までの帰り道、異常に寒い。真冬の寒さ。温暖化という話はどうしちゃったのだろう。

飲み会自体はつつがなく終わったはず、と信じたい。2次会ではサプライズもあったようだけど、まったく見れずにとても残念。仕事も遊びも健康と体調管理が重要なんだね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/03/24 Wed

葬儀

義理の祖母のお葬式に参列する。午後1時に始まり、6時頃終了。火葬にも立ち会った。葬儀に参列するのは、会社関係が2回、身内がこれで4回とそれほど多くないかな? 性格を反映し、会社関係が少ないかもしれない。

娘も出席し、祖父母が亡くなったときに、自分はどうすれば良いかを学んだようだ。都会で生活していると、人の死に直面する機会は少ないから貴重な経験だろう。聞いたところによると、若い人の中には、会社員になって初めて葬儀に参列するような人もいるらしいから驚き。

亡くなった祖母は90歳を超える大往生。昔「めでた仏」という言葉を聞いたことがあるけど、そういう言葉に当てはまるのかもしれない。

人の死に接することの意義は、いずれ自分も死ぬということを深く理解させてくれることだろう。死を自覚することで、残りの人生を大切に生きないと思うことが普通なのだろうけど、何故か、「90歳としたら、あと50年近くも生きないといけないのか」という厭世的な気持ちが頭にもたげてくる。

こういうネガティブな思考回路を何とかしないといけないと思うのだけど、なんとかなるのだろうか。開き直って徹底的にネガティブに考えてみると、何かが変わってくるのだろうか。そんな心配は無用で早く死んでしまうかもしれないけどね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/23 Sat

飲み会

今年初飲み会。しかし、このメンバーは12月から通算3回目。微妙にメンバーが違うとはいえ、新しい話や久しぶりにする話はない。この手の飲み会は久しぶりだから良いのであって、こうしょっちゅう会っているとなぁ。

それに自分の中のわだかまりがまだ癒えていないから、気持ちもふさぎ込み気味で、楽しめない。寝不足だったせいか、頭が働かず、話題が出てこない。

とにかく根本的な問題は、このわだかまりをどう解決するかだよなぁ。自分次第ということは分かっているのだけれど、自分自身がなかなか納得できない。時間が自分の気持ちを癒してくれるのを待つしかないのだろうか。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/10 Sun

初詣

雷門浅草の浅草寺に初詣に行った。浅草寺に行くのは実は初めて。日本屈指の観光地ということもあり、雷門からすごい人。途中、出来立ての人形焼きや揚げもちを立ち食いして、お線香に火をつけ煙を浴びてからお参りした。

本殿は改装中でいまひとつ雰囲気がでない。破魔矢とかも売ってなかったし、あまり初詣という感じがなかった。雰囲気を重視する妻は不満だったらしい。

それに人混みは覚悟していたけど、道が狭いので圧迫感がある。地下鉄浅草駅から近いのは良いけれど、疲れが増す感じがする。

昨年は明治神宮に行ったけど、やっぱりこちらの方が良かったかも。雰囲気はいうまでもないけど、境内が広く、気持ちがいい。来年は川崎大師に行ってみようと思う。気が早いけど。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/12/30 Wed

帰省

毎年の恒例行事、実家に帰省。東京駅は例年通りの混雑だけど、JRの事故でダイヤが大混乱だった去年に比べると、平穏無事な方だろう。

しかし、こうして帰省するのも両親がいる間だけになるのかもしれない。娘もまだ受験とかいう年ではないけど、ひょっとすると来年には「冬期講習で…」とか言って帰省できなくなるのかもしれない。年末の帰省もあとわずかで終わりかもしれないと思うと、味わい深くなるかもしれない。

それはそうと、実家に帰ったら帰ったで、また食べきれないほどの料理が待ちかまえている。初日の今日はお寿司。1.5人前ほど食べた気がする。平日、食事を制限してお腹を引っ込めても、休日の暴飲暴食で水の泡に。来年は何とかしたい。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/12/04 Fri

大学ゼミメンバーとの飲み会

大学のゼミメンバーと飲み会。会社での忘年会の予定はなし、という素晴らし状況なので、忘年会ぽいっものといえば、これくらいだろうか。私よりも年次の上の人ばかりだけど、気の置けない仲なので気遣いの必要がないのがありがたい。

だからというわけではないが、ちょっと飲み過ぎたようだ。自分の感覚的には、このくらいの量ならがっくりくるようなことはないはずなのに、帰りの電車でぐったり。ひと駅乗り越してしまった。

しかし、外で人と飲むのは久しぶりだけど、最近、あまり楽しいと感じない。サラリーマンの飲み会の話題って、グチとか、昔話などが中心だと思うけど、昔話はともかく、自分がグチりたいという気持ちがなくなっているせいかもしれない。だから飲んでいる人と共感できない。

別にグチらず、他の話題で盛り上がれば良いと思うのだけれど、大した趣味もなく、話題も乏しいつまらない人間だからなぁ。なんでグチりたいと思わなくなったのかは、よく分からない。今度考えてみよう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/28 Sat

飲み会の手配

どこかに出かけたくなるような良い天気だけど、娘の習い事があるので、留守番がてら家でごろごろ。やったことといえば、Wiiフィットプラスを1時間、ポケモンゲームとなんだかゲーム三昧。こういう生活を続けていると、仕事を一所懸命したくなる、と信じよう。

何か予定をつくってそれをこなしたり、誰かに頼まれた用事を済ませたり、会社の仕事をしたりしていないと、何にもした気にならないというのはある種の病気ではないか、という気はする。しかし、今日、唯一何かしたと感じたのは、飲み会の手配をしたこと。

先月結婚した友人が来月に奥さんをつれて上京するというので、私が幹事となって会場の予約をした。学生時代に良く行ったお店。もう20年くらいたつけど、まだ健在だったんだね。昔から割安感全開のお店だったけど、今でも変わっていない。

実際にお店に行ったら、すごい懐かしい気持ちになるんだろうなぁ。そういう昔の思い出に浸りたい年頃になってきたんだなぁ。昔の自分からは考えられない。そういうのって、気恥ずかしくって嫌いと思っていたのに。歳には勝てないね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/10/29 Thu

会社を辞めたい人の話を聞く

風邪気味で体調が悪い。しかし、前々からの約束があり、飲むことになった。ちとツライ。

この飲み会の主旨は会社を辞めたいという人の話を聞いてあげることだった。現段階では具体的に辞めると決めたわけではないらしいけど、辞めることに抵抗はないという感じらしい。

私からみれば、気楽なもんだねぇ、という感じしかしなかった。多分、安定はしているけど、退屈で面白くない、あとの人生、このままでいいのか、とでも思っているのだろう。

かといって、改革的な行動をするほど、腹が据わっていないというか、非常識でないというか…。本人もそうしたいのはやまやまなのだろうけど、どこかで自分の中の常識が邪魔をするのだろう。他人からみると中途半端に見える。

「辞めて会社のヤツにわからせてやりたい」と言っていたけど、会社のヤツがわかるわけがない。そもそも、わかるような人達なら、辞めたいと思わないだろう。本当は犬死したいだけなのかもしれないね。幸せのためには「汝自身を知れ」ということが重要だと、つくづく感じる。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/10/04 Sun

披露宴の余興後、心地よく脱力

友人の結婚披露宴に出席。そして他の友人達と余興をする。シナリオは書いたけど、進行役は別の人。それでも凄く緊張し、せっかくの料理は味がわからなかった。全部食べたけど。

余興はなかなか上手いこといった気がする。当事者はもちろん、会場の人のお陰もあって盛り上がり、こういう会合って、皆で成功させようという雰囲気があるんだなぁ、と感じる。

こういうお金をもらわない作業でも私にとっては、ほぼ仕事と等価。人に見てもらうのだから、いい出し物にするため、一所懸命作業する。それが今回のように、他の人から認めてもらえたという気分になるのはすごく気分がいい。友人のためもあるけど、自分のためにやってるなぁ、という気がする。

余興が終わると、ホッとして力が抜ける。でも心地よい脱力感。友人から打ち上げやろうという声がかかる。他の人も同じような心境なのかもれしない。舞台とかに立つ人って、こういう気持ちがたまらないのかもしれない。何でも一所懸命やってみるものだね。いい経験ができた気がする。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。