2013/10/25 Fri

嫌われ者であることを実感する

嫌われている。これまでは単に無愛想ということだけで、かかわりのない人にとっては実害はなかったけど、今は違う。部のすべての人に対して、影響を与えることを考え、指示し、やらせている。

何故こうなってしまったか、といえば、結局のところ一人一人が考えることを放棄しているから。自分の仕事じゃないと逃げを打って、辛い現実から逃げようとしている。まあ、そうだろうなぁ。

やはり、人は理性では理解できない。理性的に考えることができる、という幻想を与えるような教育を受けてこなかったからだろう。よくは知らないけど、キリスト教国なら、理性で理解してもらえるのだろうか。契約とかが重要だから、ひょっとすると、この点では日本人よりマシなのかもしれない。

日本人である当社の人は、自分で体験してないことはわからない。もちろん、自分もそう。もう、理解してもらうなんて考えていない。もっとも、はじめから、そんな意識は低かったけど。嫌われようが何だろうが、自分がやりたいことをやるだけ。結果的にどうなろうと、それが一番後悔がないだろう。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/10/23 Wed

それにしても伝わらない

今日もいろいろ発言する。発言してもなかなか人には伝わらないから、できるだけ丁寧に言おうと心がけている。今日は、自分としては比較的理路整然と話ができたと思った。

しかし、伝わらなかったようだ。まあ、私が話して半分、それが半分とすれば、せいぜい25%ってところだろう。とすれば同じことを4回言わないと伝わらない。まあ、そうかもしれないなぁ。

本当に言ってもわからない人はわからないのだと思う。多分、わかろうとしていないのだろうと思う。なんか、ガッカリしてもしきれない。何度言っても変わらない。そんな人でもいなくならない。

もう腐らざるを得ないな、この組織は。疲れで怒りはそれほど起きなかったけど、冷たく、失望している。何とかは何とかしないと治らない、いや、何とかしても治らない。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/10/22 Tue

大差ないか…

人柄が良くても大差ないか。そんなことを思う今日この頃。評判の良い子であるけど、だからといって、能力値は高くない。ひょっとすると、負荷が重すぎるのだろうか、とちょっと心配になる。

ちょとなぁ、と思う子と結果的には大差のないことをやっている。やっぱり、それなりなのね、とちょっとさめた気分に陥る。まあ、そうだよなぁ。抜群だったら、こんなところにいるわけないし…と、やっぱりさめた気分になる。

それでも人柄が良いって、得だよなぁ。同じことしても、許されるから。だから人柄の悪い自分は、せいぜい、ワキを固めて、つけ込まれないようにしないといけない。

ますます嫌われる予感。もっとも、そんなことは全く気にならないけど、それでは組織が動かないと考えている人もいるらしい。しかし、どっちにしたってダメ。甘い顔しようが、厳しく当たろうが同じじゃないの。それなら、自分のやりたいようにやらせてもらうほか、ないじゃないかと。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/10/17 Thu

ちょっとさぼった気分

くだらない仕事をして過ごす。もちろん、他にも多少、実のあると思われることもやるにはやったけど、くだらない仕事の時間が長く感じると、ちょっとさぼった気分になるから不思議。

もっとも、こういうさぼった気分の時間が必要なのかもしれない。そういう気分になれるということは、仕事に慣れてきたことでもあり、心を健全な状態に保つという点では、よいことかもしれない。

さすがに明日は、頑張ろうとは思うけど、いつも、飲み過ぎがいけない気がする。結局、あまり自覚していないだけで、ストレスがたまっているのだろう、と思う。

ただ、実のある仕事、といっても、客観的に考えると、大したことをしていない。しかし、こういう大したことではないことを、毎日、確実にコツコツとするというのが、いかに大変なことか。軌道に乗ってしまえば、多分、なんてことはないのだけれど。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/10/16 Wed

台風

通勤時間を大型で強い勢力の台風が直撃。しかし、いつも通り、早い時間に出勤した自分には影響なし。普段通りの出社となってしまった。遅くなった人もいたけど、ちらほらだった。

仕事は相変わらず、訳の分からないことをわかった風に考え、勝手に納得して、終了する。勝手に進められ、全然聞いていないことを今更聞かされ、辟易する。自分の能力不足で任せたけど、根本的に信用できないヤツだった。多分、この先、信用することはないだろう。

しかしながら、信用しようとしまいと、頼らざるを得ない現状。なんたる人材不足。まあ、それでもマシな方だから、絶望が深まるばかり。今日も大して腹が立たなかったし。

もっとも、この絶望は、多分、自分に対するものではないか、という気がする。自分自身に対する絶望。しょうがないよ、能力がないのだから。とくに人を管理する能力が…。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/10/11 Fri

一段落

仕事がちょっと一段落した。だから、会社でも緊張感のない仕事をして過ごした。お昼もお店に食べに行った。いつもはどこかで買ってきて、席で食べているのに。

しかし、こういう時が、一番危ない。ちょっと気がゆるんで、風邪を引いたり、仕事でポカしたりしそう。慣れって怖い。これまでなら、ドキドキしていたことについて、何にも感じなくなっている。

実際、仕事が乗らない。集中力がなく、ひらめかないし、そのうち、すごく疲れを感じる。明日から、せっかくの連休なのに、今日の夜、疲れて楽しくないなんて…。

ところで、会社の人の意識改革というのは、まだまだのようだ。良いことであれ、悪いことであれ、人間が長年培ってきた習慣を変えるのは容易ではない。理屈でわかっても行動できない。しかし、やすきにはすぐ流れる。あーぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/10/10 Thu

満身創痍

満身創痍だ。会社が…。現場のトップが耄碌してきている。ほとんど扶養家族的な感じがする。昨年から、老害が始まっていると思ったけど、本当にヤバいかも。功労者ではあるけれど、今はリスクが大きい。

上手く言わないとなぁ。もっとも、もはや捨ててる自分としては、言うことはたやすいけど、お年寄りを傷つけるのは、自分の望むところではないから。

しかし、それでも言わないとなぁ。結局困るのは自分だし。もう、当事者能力ゼロで、ただ、ぼんやりと生きながらえているだけ、のような気がする。ひどい見方かもしれないけど、本当にそう見える。

人間引き際が肝心だけど、まだ、疲れ果てるには早いような気もする。本当に今の仕事が嫌なのかもしれないけど、嫌なのは自分だけじゃないでしょ。これまで、一所懸命やってきた反動が一気にでているのかもね。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/10/08 Tue

問題点が明らかとなる

長い間、不透明だった問題について、ついに明らかになる。要するに誰もわかっていなかった。何をどうしたら良いか、わからなかった。皆、わからないなかで、仕事をし、自分は悪くないと言っていた。ひどい状況だ。

これで何をすべきかは、はっきりわかったけど、問題はそれをいかにして実行するか。自分は何もせず、問題点を指摘して、誰かが失敗する、あるいはできないでいると、「だからいわんこっちゃない」という向きが多い気もするけど、難しいのは、指摘することよりも、実行すること。

これには、非常な労力がかかる。けど、難しいのが仕事であって、難しいからこそ、やりがいがあるといえるのかもしれない。仕事って、いかにも人間的な感じがする行為だなぁ。

しかし、難しすぎる、絶望を感じる仕事もある、ような気がする。自分がやっていることって、まさにそう。しかし、良く考えると、絶望して、はや1年以上もたつけど、こうして生活できている。実は大したことはないのかもしれない、自分のやっている仕事って。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/10/07 Mon

どうにもならない

冗談かもしれないが、あれもこれも、お前の責任だ的なことを言われる。腹立たしい。わかっているくせに、何なんだと。もうやってらんね。ちょっとしたことにも気持ちがささくれ立つ自分にもやってらんね。

周囲は仕事の邪魔ばかり、というのが語弊があるなら、仕事を増やし続けてくれる。その結果、仕事が抱えきれない量に膨らみ、何もできなくなる。

こういう構図がわかっているのに、手は打ってはくれない。だから、こっちもできることしかやらない。そもそも人はできることしかできない。だから、やるべきことができなくてもしょうがない。

まあ、自分ができずに、誰かできることならば、代えてくれれば良い。もちろん、そんな人がいないから、こっちも強気で暴言を吐く。でもどうすることもできない。暴言を吐いてもどうにもならない。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/10/02 Wed

時間がどんどん過ぎる感覚

今日は時間がどんどん過ぎた。何をしていることではないけど、他人のペースでする仕事がどんどん発生し、自分のことはできない。時間だけが過ぎる感じで、ストレスがたまる。

こんな感覚ばかりだなぁ。そもそも自分のやっていることって、面倒くさいことを考えたくない人の尻拭いばかり。個人主義的価値観で、自分のミスは自分で責任をとれば良い、と思っていたけど、社会の構造はそうなっていない。

個人のミスはほぼすべて、こっちにやってくる。組織を変えるというのは、表向きのモチベーションで、本音は自分に降りかかる火の粉を少しでも減らすため、いろいろな対策を講じようと考えている。

多分、聖人君子でない自分はこれが限界だろう。もっとも、聖人君子だって、世の中を変えたい、という欲望が原動力だとは思うけど。自分のやりたくないことを一所懸命できる人って、いるのだろうか。結局やりたいことしかやらない。問題はそのモチベーションが前向きなことによるものか、後ろ向きなことによるものか、だけど。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/10/01 Tue

会議、長い

あるプロジェクトの会議で久々、長時間かかる。とても疲れる。素人的考えでは、形になっているような気がして、まあ、いいんじゃないの、と思うのだけど、そこに陥穽がありそうな気が…。

ただ、なんとなく、いろいろなことが進んでいるような気がして、イイかも。自分が主体的に考えて、対策を打てるようになってきたし。1年前と比べると、格段の進歩かも。

もっとも、やらなければならない仕事が多くなってきて、頭が痛くなってきた。考えごとをしすぎると頭が痛くなるって、マンガとかドラマとかフィクションの世界だけかと思ったけど、本当にあるんだね。

来年の今頃は、昨年のこの時期がターニングポイントだったなぁ、と思うようになりたい。この辛い時期を乗り越えて、もう少し、日々楽しい気持ちになっていることを望みたい。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/09/30 Mon

無理難題

人間、立場によって考え方が変わり、求めるものが変わる。当たり前。でも、立場が変わっても、自分の要求を強制しようとするのではなく、相手の立場もわかってもらいたいものだ。

もっとも、わかっていると言うのかもしれないけど、自分が第一だから、わかっていても無視するのかもしれない。それで、当方の反発を買う。もっと、うまくできないのかと。

しかし、結局のところ、うまくやるなんて無理なのかもしない。「あいつはうまくまとめている」なんて言われてる人だって、結局は、内側に対し、良い顔しているだけだと思うから。

わかったような顔して、不満に同情したふりをして、組織全体のためは後回しにする。結局、皆、自分がかわいいだけ。そりゃそうだ。それは曲げられない。しかし、自分がかわいいだけという部分を、他の人にいかに感じさせずにやれる人が人生の達人なのかもしれない。周りにそういう人って見かけないなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/09/28 Sat

仕事…

午後から夕方まで比較的まじめに仕事をする。休日出勤しても身が入らない自分としては、珍しいことだ。しかし、仕事自体はくだらないこと。考えるのも面倒くさいかも。

帰宅後、家族で外食。このところ、息抜きというか、レジャーは外食ばかり。娘も私にてインドア派だから、体を動かすということがあまりなくても平気らしい。

しかし、お腹がすくとイライラするのは、自分と一緒かもしれない。今日も食事前にやたらといらついていた。小さい時からそう。喜怒哀楽がはっきりしているというか、単純というか。

そんなこんなでも、お腹がいっぱいになれば、少しは落ち着く。まあ、幸せと言える。しかし、こうしていつでもお腹いっぱい食べられるうちは良いけど、満足に食べられない生活って、想像すると辛いよね。つい何十年前はそういう環境だったらしいから、今はとても幸せ。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/09/27 Fri

またもや…

やらかす人というのは、やっぱり定期的に何かやらかす。今日も常習犯がまたやってくれた。この人の特徴は、自分を省みることなく、とりあえず、正当化しようとすること。

そういう人は、まず、切られる対象になる。また、そうだと、周りに認識させなければならない。常習犯が発生するのは、環境にも問題があるからだと思うから。

結局、常習犯は舐めている。何をやっても、最終的には許される、と思っている。だから、言い訳ができないような仕組みを作って、それをきちんと運用すれば、その人が本質的に腐ってない限り、何とかなるのではないかと。

最近、何かしようという気になってきた。人々のミスを集計、分析し、そのあまりのいい加減さを深く理解し、頭にきたというよりは、奮い立った感じ。何事も“知る”ということは大切ですな。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/09/26 Thu

人のミス

また人のミスに付き合わされる。これが仕事とはいえ、本当に嫌になる。仕事にミスは付きものとはいえ、いい加減な仕事ぶりだとわかっているから、腹が立つ。

ミスをする方は、間違ったからといって、「すいません」と言うだけで、本当に「すいません」とは思っていない。だって、同じミスを何度もするから。

そこには、自分の仕事は適当にして、間違いが出れば、「すいません」と言えば、あとは誰かが何とかしてくれる、という考えがあるに違いない、と思う。

だから、ミスをしないよう、作業を求めると、まず反発が起きる。そんなことをして、意味があるのか、と。ミスが起こることで、何か問題があるのか、と。こういうムードを変えていくということは、実に難しいことだ。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/09/25 Wed

相当厳しく

会議で相当厳しい発言をしてしまう。もっと、エライ人が言わないといけないことだと思うけど、ダメ組織の典型的なパターンで、上がしっかりしていないから、自分のようなペーペーにしわ寄せがくる。

それにしても、相当厳しく言ったところで伝わらない。末端には半分の半分だから、4回くらい言わないと伝わらない。できる人には関係ないことかもしれないけど、集団行動をせざる得ない時は、最低水準に合わせないといけない。

厳しく言うことは、ブレてはダメだと言い聞かせている。そして、自信を持って、堂々と言うべきだと思っている。もはや、曖昧に何となく発言しているのではない。自分でも鼻につきそうな正論を言っている。

でもまぁ、嫌われるだろうなぁ。嫌われることがとても嫌な性格ならできないだろうなぁ。人間関係が煩わしいと思う自分は、それほどでもないかも。だから向いているのかも。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/09/20 Fri

グッドアイディア

仕事のことで、いろいろと考え、作戦を練る。その案を複数の人に話すといずれも「良い考えだ」と好感触。まあ、そうだろう。それしかないだろう。

ただ、やらされる方としては、面倒くさいことには違いない。こんなことをやらせて、嫌われるのは確実。でも誰かがやらなければならないだろう、やっぱり。こんなことを考えなければならない、自分も面倒くざい。

明日から3連休なのがせめてもの救い。会社のことは面倒くさく、とにかく嫌になるから。ただただ、休みたい。週末は、いつもそんな気分になる。

もっとも、連休中は娘の学園祭がある。娘の初の晴れ舞台でもあるから、見に行かない訳にはならない。まあ、娘のおかげでいろいろと経験できるのは、嬉しいかも。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/09/19 Thu

指示待ち

社風なんだろうなぁ。自分で考えないというのは。何にも判断せず、なんか仕事をした気になる。自分で考えないことは楽で、しかも、考えなくても仕事をした気になるというのは幸せ。

幸せだなぁ。誰かが考えてくれると思っている人って。そんなことが続く訳がないのに。そのうち、破綻するのに。もう、その限界が来ているというのに。

今日も、そういうことについて、ある人がある人を叱っていた。あまりにも、自分は関係ない姿勢。あとは、そっちで考えてくれ姿勢。例え、考えさせるにしても、丸投げしたって、いい結果は生まれない。まあ、気持ちはよくわかるけど。

頭を使っていないといえば、みんなそう。チェックしなければならないことについて、明らかに見てもいない。そうならばこっちにも考えがある。久々に「憤」の気持ちが出てきたかも。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/09/18 Wed

議論には3人必要

いくら、気持ち的に中立であろうと思っているとはいえ、その立場によりバイアスがかかるりのは仕方がない。だから、議論って、自分と自分と相反する立場の人と、2人から中立な人の3人が必要な気がする。

今日の議論も結局のところ、自分は自分の利益に基づき、発言しているる。自分の所有する会社じゃないから、自分が苦しくなっても会社の為になるようなことは言いにくい。

しかし、せめて反対意見の人がいたほうが良いと思うけど、それすらいない現実。皆、考えることを面倒くさがり、他の人に丸投げしようとすいる。

こんな人ばかりだったら、3人いても仕方ないか。「三人よれば文殊の知恵」とかいうけど、正確には、「考える人が三人よれば文殊の知恵」なのだろう。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/09/17 Tue

日々、中途半端

日々の仕事が中途半端。何なんだろうと。雑事をこなし、反省文を書き、事務作業のマニュアルをまとめる。こんなことばかりして、きちんと仕事をしている気がしない。とにかく、中途半端な気分。

何をやっても中途半端な自分らしいかもしれない。良い方にも悪い方にも徹底できないから、いつも自分が苦しむハメになる。専門的な能力なんてなく、中途半端。何でもできそう、というのは、結局、一流になれるものは何にもないということだろう。

中途半端な自分は、それを自覚して生きるしかないけど、それがなかなかしんどい。今更、良い方の努力をする気にはなれず、かといって、悪い方にフレる勇気もない。

いつまで経っても中途半端。しょうがない。それも自分の選んだ道。何もしないという道。そう思うことこそ、中途半端の道なのに。中途半端に徹底するしかないかも。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。