2013/12/28 Sat

新商品

昨日、飲み過ぎたみたい。体調が悪い。一日ぐったりして、部活動から帰宅した娘と、食事のために出かけ、妻と合流し、夕食を食べたら1日が終了してしまった。

途中、セブンイレブンによったら、サントリーとサーモスが共同で開発したという「MY BOTTLE DRINK drop」という商品に心を奪われてしまった。ネスカフェが原液を希釈する商品を出していて、かつて買おうかどうか迷ったけど、家で飲むなら、自分で淹れる方が旨いと思い、やめた。

ネスカフェの商品は、器具が必要だったけど、サントリー・サーモスの商品は、専用ポットに原液を入れ、水かお湯で薄めるだけ。職場とかに良いのではないかと。

そこで、コーヒーとかウーロン茶とかを買って飲んでみた。なお、ポットは1980円で、飲み物の原液は1個100円しないくらいだったかなぁ。ポットの容量は280ミリリットル。

ウーロン茶は香りを強調したタイプ。この商品は、熱々が続くのがウリで、飲み終わるまで熱々。オフィスとかでちょっと呼ばれたりしたときでも、ふたをしておけば大丈夫。

コーヒーは…。インスタント感が強いというか。酸味が、それもインスタント的な酸味が強く、正直いって、大して旨くない。これをわざわざ買って飲むかと言えば、疑問。同じ100円なら、セブンカフェで良いのではないかと。こういうのって、ポットを買う前にまず原液を薄めて飲んでみるのが良いのではないかと。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/07/12 Fri

今年、初ウナギ

稚魚の不良で、ウナギが高騰しているけど、スーパーでは閑散期に仕込んで、安く売っているらしい。それはともかく、ウナギを食べる機会がめっきりと減った。

それが今日、ウナギをご馳走になる機会を得た。今日も暑いし、ウナギを食べるにはピッタリな日だった。高級店だし、久しぶり、というか今年初めてのウナギに期待大。

ところが…。ウナギのボリュームが…。先付けみたいなのが充実していたけど、肝心のウナギはほんのちょっと。ウナギというと、うな丼かうな重で、ガッツリというイメージしかなかったから、これはちょっとなぁ。

せっかくウナギを食べたのに、満足するところか、かえってフラストレーションをためてしまった。何ともはや。多少、お金をかけてもよいから、週末、どこかに食べにいきたい気分。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/06/29 Sat

アル中か

平日のストレスがたまり…、というのは言い訳かもしれないけど、ワインを飲み過ぎる。昼間から飲む。カヴァ1本、白の残り、赤ほぼ1本とフルコース。

それで気が大きくなったのか、またワインが欲しくなる。だって、安いんだもん。1万円近くするワインが1本入ったセットが6本で1万円を切るプライス。これはお買い得でしょ。

考えちゃうけど、買っちゃうんだろうなぁ。どうせ、飲むんだし、いずれはアルコールを買わざるを得ないんだし、とか理屈をつけて。自分を納得させる理屈なんて、納得しようとする意志さえあれば、いくらでも見つかるもんなぁ。

しかし、こんなにアルコールばかり飲んで、アル中の道をひた走っている感じ。アルコールが止まるのはストレスがなくなった時。今、ストレスをなんとかしようと思うと、会社をやめるしかないけど。子供は若いうちに作っておいた方が良かったんだね。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/03/20 Wed

どさん子

仕事で、都内に。お昼を食べに八重洲地下街の「どさん子」に行く。昔からある札幌ラーメンのチェーン店。味噌ラーメンや塩ラーメンにバターを入れるのが好き。

どさん子は、思い出の味。実家の近くにあり、子供の頃、よく食べていた。高校生くらいのときにバターを入れて食べることに目覚めた。社会人になって、初めて住んだ街の駅前にあり、夜中に良く食べた。

その後、住環境が変わってからだから、15年以上、どさん子には行っていなかった。近くにあれば行くけど、わざわざ探して行くほどではなかったから。

しかし、ヤエチカで見つけたら、あの味を思い出してしまい、食べたくなってしまった。そして、食べてみると、懐かしい気分に浸れた。ちょっとかんすい臭いのがクセになりそうな麺の味。しょっぱいけど、バターを入れるとマイルドになっておいしい味噌スープ。

とてもおいしいと言うわけではないけど、ないと寂しい餃子。実家の近くのお店で食べた懐かしい味。なんか、年を感じるなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/03/12 Tue

ワインを飲む

昨日、早く帰って、ぐっすり寝たおかげで、今日は体が楽。火曜日は1週間のうちで最も仕事をやる意欲がある曜日ということもあり、今日はまずまずな感じ。でも、昨日は仕事以外の用事でほとんど会社にいなかったから、怪訝に思った人がいたようだ。まっ、いいか。

このところ、毎日ワインを飲んでいるかもしれない。ワインって意外に飲めることがわかった。多分、今までは、渋さ先行の不味いワインを飲み方も良くわからずに飲んでいたせいだと思う。

体調の問題もあるかもしれない。年取って、炭酸が苦手になってきたとか。以前、あれだけ飲んでいたビールはこのところ、全くといって良いほど、家では飲んでいない。まあ、通風を避けるため、という意味が大きいけど。

今日、飲んだワインは赤だったけど、軽かった。渋みなんてほとんど感じないくらい。通販で、セットで安売りしている商品は、こういうワインが多いのだろう。飲みやすくて万人受け。さもありなん。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/23 Sat

テイスティングノート

『神の雫』というマンガ本の影響を受け、ワインを飲んでみたくなった。しかし、せっかくなら、単に飲むだけでなく、深遠なワインの世界に少しでもはまってみたいと。

そこで購入したのがテイスティングノート。外観とか色とか香りとか味わいに選択肢があり、そこを丸印で囲むと、いかにもそれっぽそうなワインの評価ができるという寸法になっている。なかなかよく考えられている。

しかし、問題なのが、香り。果実の選択肢はまだ理解できるとしても、花の香りなんてさっぱりわからない。しかも、香辛料とか化学系とか土系とかって、そもそもそういう土台がないと、丸のつけようがないじゃないの。

結局のところ、飲んだワインのレビューをネットでみて、この香りって、こういう表現になるんだ、という勉強方法しかないみたい。しかし、ソムリエを目指す人って大変だね。相当幅広い知識と経験がないと一流になれない。まあ、これだけ大変そうだから、深みにはまる人も多いのだろうけど。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/19 Tue

ワインにはまるかも

『神の雫』といマンガを読み、その後、ワインの紹介本を買って、パラパラ見ているうちにワインを飲みたくなってしまった。ワインって、種類が多くて、選ぶのが難しいから、自宅で美味しいワインって飲んだことがないけど、こういうマンガや本で紹介されているワインなら、美味しいかもしれないと。

すでにイタリア産のワインをネットショップで購入したけど、今日はコルクを抜くコークスクリューと、飲み残しのビンに栓をしておく商品を発注した。両方ともネットでの評判が良い品物。ひょっとして、ワインが好きというよりも、機能的に優れた商品が大好きなだけなのかもしれない…。

ワインって、凄く種類が多くて、奥が深そう。それが敷居を高くしていたような気もするけど、いろいろな情報が手軽に入手できると、私のような小市民でも、うまく楽しめそうな気がする。

しかし、そうなると、家飲みのコストが上がるなぁ。これまでは基本、ホッピーとキンミヤだから。まっ、いいか。ダメならダメで、リセットすれば良いのだから。なるようになるだろう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/11/04 Sun

元祖ニュータンタンメン本舗 鷺沼店

タンタンメン大辛(700円)
評価 ★★★☆
料理 タンタンメン大辛(700円)
一言 不思議
頻度 2回目
住所 川崎市宮前区
詳細 食べログ

ラーメン店にもかかわらず、夜だけ営業。もう何年も前に行った時は、みそラーメンを食べた。これはこれでまあまあ美味しかった記憶があるけど、やはりタンタンメンを食べてみないことには、と。タンタンメンの辛さは、控え目、普通、中辛、大辛、めちゃ辛から選べるけど、値段は同じ。

カウンターだけのお店は常連さんが多いようで、結構繁盛している。意外なのは女性客もまあまあいること。1人で座っている女性もいる。雰囲気からすると、不思議かも。

ラーメンも不思議。食後は2度と食べたくないと思った。たっぷりの唐辛子と細かく刻まれたニンニクがゴロゴロ。それに卵、挽き肉。旨味が少ないスープ。意外に辛くなく、旨いという感じもなく、こんなものに金を支払うなんて、と思った。しかし、しばらく経つと、重たい食後感はない。すると、あの味が何となく思い出され、もう一回食べてもよいかな、という気になってくる。

ひょっとすると、常連客が多そうというのは、こういう不思議な感じが理由なのかもしれない。妙なヤミツキ感。唐辛子、ニンニクという強い味の食材に対し、あえて薄味のスープとあわせるというのは、かなり計算した味なのかもしれない。こういうラーメンもあるんだね。

タンタンメンの麺
個人的には太めのストレート麺がもう少し多くても良かったかも。そうでなければ、ニラとか、キクラゲとかをトッピングすれば良かったかなぁ。ヤバい、なんか、自分のヤミツキになってきたかも。もっとも、この日の夜、よく眠れなかったから、食べるなら週末の方が良いかも。

味噌餃子(400円)
ただ、一緒に食べた味噌餃子は、肝心の味噌ダレの酸味が自分にはあわなかった。水餃子風の餃子そのものは美味しいかもしれないので、普通にしょう油だけて食べる方がよかったかも。味噌餃子なんて珍しいから注文してみたけど、やっぱり焼き餃子の方が良かったかもしれない。次回?の課題かなぁ。
posted by K2 at 07:57 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/28 Sun

マリアーノスパゲッティ

マリアーノ ペペロンチーノM(390円)+ランチサラダ(100円)
評価 ★★★★
料理 ペペロンチーノM(390円)+サラダ(100円)
一言 イイ!
頻度 初めて
住所 東京都中央区
詳細 食べログ

イイ! ロメスパ系ボリューム、価格帯はロメスパ系をしのぐ安さにもかかわらず、ロメスパと一線を画す味。メニューにはナポリタンはない。でも基本と思われるペペロンチーノがあったので注文する。細目、というか、一般的な太さの乾麺をゆで、コシもしっかり。

ペペロンチーノ
サイゼリア系のお店だけど、サイゼリアよりも濃い目にしたという味付けも、単品専門のお店にはハマっている気がする。はっきり言って、好き。

麺の量と値段はS(200グラム)が290円、M(300グラム)が390円、L(400グラム)が490円で、種類によって差はない。ロメスパ系で300グラム500円くらいだから、競争力がある。Mサイズにランチのサラダ(100円)を追加してもまだ安いし。

セントラルキッチンで調理して、2分以内に提供するという素早さも良い感じ。付け合わせのピクルスもすっぱ、しょっぱ過ぎないし、粉チーズも本格派。

夜はチョイ飲みできるよう、サラミとかのおつまみがある。ちょっと飲んで、スパゲッテイを食べて帰る。それでも1000円程度で済みそうなところが凄い。スパゲッテイはロメスパ系がちょっとしたブームのようだけど、こういう攻め方もあるんだね。なお、このお店についてはこのHP(参照)が詳しい。
posted by K2 at 17:08 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/27 Sat

麺匠 たか松

麺匠 たか松 鶏魚介つけ麺(850円)
評価 ★★☆
料理 鶏魚介つけ麺(850円)
一言 ちょっと違う
頻度 初めて
住所 東京都中央区
詳細 食べログ

休日の日本橋。中央通りはともかく、茅場町周辺は人がほとんどいない。そんな休みの日にもまずまず混雑しているラーメン店が。オープンしたのは9月10日。本店は京都で、茅場町のお店が2号店とのことらしい。

麺
ラーメンは「鶏魚介つけ麺」(850円)と「鶏塩ラーメン」(750円)の2種類。両方とも並と大盛りが同じ値段。こちらのHP(参照)よれば、<鶏ガラと「モミジ」と呼ばれる足の部分から取った、コラーゲン豊富な鶏白湯スープをベースに、「鶏塩ラ
つけだれ
ーメン」は塩だれを、「鶏魚介つけ麺」はサバ、イワシ、昆布などで取った魚介だしを合わせる>という。コラーゲンかぁ。道理で、食べた後、口の周りがべたべたした訳だ。

「鶏魚介つけ麺」は個人的はにあまり好みではなかった。長野県産の石臼びき全粒粉で作った自家製麺はラーメンというより、蕎麦。そのまま食べるとまずまずな感じだけど、スープと合わせると、なぜかちょっと違う、と感じてしまう。スープは味が濃いけど、旨味が乏しい気がする。

全体としてラーメンを食べた感が乏しく、食後の満足感も小さかった。自分が抱いていたつけ麺のイメージと違ったからだろうか。旨味を期待するなら「鶏塩ラーメン」の方が良いかもしれないけど、果たして再訪はあるだろうか?
posted by K2 at 23:34 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/17 Wed

ハラペコ

ハラペコ ナポリタン Mサイズ(500円)
評価 ★★★
料理 ナポリタン Mサイズ(500円)
一言 塩系に期待かなぁ
頻度 初めて
住所 東京都中央区
詳細 食べログ

ロメスパ専門店として、東京の地下鉄銀座線・日本橋駅の最も近くにあるお店だと思う。たまたま見ていた深夜のテレビ番組で紹介され、これは行ってみようと思い、早速行ってみた。

ハラペコ 調味料
しかし、最近、この手のお店が増えてきたよなぁ。ゆでおきの柔らか極太麺にジャンキーな味付け。それをズルズル、ガツガツ食べる。一番小さいMサイズで300グラム、500円というのは、ロメスパ専門店としては、まあスタンダードな価格ではないかと。テーブルには例によって、デカいタバスコと大量のチーズ。ソース系も充実。

ロメスパ専門店ではまずナポリタンを食べることにしている。ロメスパというと、昔の喫茶店で食べたナポリタンだから、という刷り込みがあるため。自分の中でロメスパ、ナンバー1ナポリタンは大手町のリトル小岩井(参照)。ただし、油少な目(アブスク)。それにどこまで迫れるかですな。

そしてこちらのお店のナポリタンはというと、もうちょっとかなぁ。ロメスパにしては若干、コシがある感じの麺で、油も程良く比較的ツルツル感がある。この点は悪くない。しかし、味付けは、ケチャップの酸味が自分にはちょっと強い。もう少し酸味が弱い方が、というか、甘みのある方が好み。甘みがいきすぎると、それはそれで、しんどくなってくるのだけれど、本当にもうちょっと、という感じがする。

もっとも、他のメニューも気になる。イタリアンかバジリコの塩が期待大。バジリコの方が50円高いけど、バルボア(参照)ではナポよりも圧倒的にバジリコだったから、このお店も期待できるかも。

2012年10月20日追記
バジリコ(塩)M
ということで、期待のバジリコ塩を食べたみた。Mサイズで550円。結論からいうと、味が薄い。テーブルにある調味料で自由に味付けして、ということかもしれないなけど、面倒くさい。最初から、これがベストとお店が思うような味付けにして欲しいところ。

仕方がないので塩をかけて食べると、まあまあな水準に。でも繰り返しになるけど、自分で味を調整するのって面倒くさい。客にお任せするのではなく、これがこの店の味が、みたいな主張があった方が良いのではないかと。

まあ、結局面倒くさいだけだけど。そもそもロメスパって、体に悪そうな味付けがウリのような気もするけど。ケチャップストレート味のナポリタンといい、ちょっと工夫不足なのかもね。

2012年10月27日追記
ハラペコ しょうゆバジM
性懲りもなく、また食べに行く。今回はバジリコのしょうゆ味(M)550円。結論を言うと、これが一番好きかも。味付けもちょうど良い濃さで、これぞB級ロメスパって感じ。量が少なく感じたというのは自分としては美味しかったということだろう。これなら★★★☆くらいかも。あと、ミートソースとカレーとかさらに濃そうなメニューも試してみようかしら。
posted by K2 at 00:02 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/14 Sun

麺 平蔵(感想その2)

麺 平蔵 支那そば(650円)
評価 ★
料理 支那そば(650円)+餃子(350円)
一言 落差大きすぎ
頻度 3回
住所 川崎市宮前区
詳細 食べログ 初回感想

シコシコ麺のちゃんぽんに好感触だったこのお店。これは開拓の余地大かもと思い、皿うどん、支那そば、餃子と試した。その結論、ちゃんぽんとの落差大きすぎ。特に、支那そばは、近年、こんな………なラーメンを食べたのは久しぶりかも。逆の意味で話題になってしまうのでは、と感じた程だった。

麺 平蔵 皿うどん(850円)
まず、皿うどん(850円)。揚げ麺か柔らか麺のどちらかを選択するのだけれど、チャンポンのシコシコ麺のイメージが強かったので、柔らか麺を選択。そしてその期待は、ガックシって感じ。全体として普通って感じ。あんはしょっぱさが強いかも。
皿うどんの麺
そして期待した麺の方は、ちゃんぽんのような強いコシが感じられず、なんだかなぁって感じ。やっぱりラーメン系を試さないと、と思う。

それで、ラーメン。担々麺とかもあるけど、スタンダードなラーメンとしては、しょう油と塩と支那そばがある。しょう油と迷ったけど、鶏ガラと魚介のダブルスープという惹句にひかれ、支那そばにした。それからラーメンのおともの餃子も。

餃子は10分くらいかかるということわり書きがあり、支那そばが先に出てくる。まずスープを一口すすると…。う〜ん…。あっさりしているというよりは、コクがない。はっきり言えば、味がない。スープは飲めば飲むほど、味がなくなるという不思議な印象。何これ?って感じ。麺はちゃんぽんを彷彿とせる雰囲気だけど、ちゃんぽんに比べコシは弱め。おまけにスープがこれじゃあなぁ…。

餃子(350円)
餃子もチープな感じ。少なくとも、こだわりとか、精魂込めて、というな感じはしない。チェーン店のように、チープだけど、これはこれで美味しいという完成度はなく、とりあえず品揃えしておくか、という感じだろうか。

ヤバい、もう満足かもしれない。たまーに、ちゃんぽんを食べに行くって感じかしら。そのちゃんぽんも未完って感じだし。期待が大きかった分だけ、失望も大きいかも。
posted by K2 at 16:47 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/09 Tue

手打ちそば 石はら 宮崎台店

石はら 二八せいろ(700円)
評価 ★★★★
料理 せいろそば(700円)など
一言 サイドメニューも豊富
頻度 2回目
住所 川崎市宮前区
詳細 食べログ

この場所は以前、グラタンとかカレーライスとかを提供する洋食のお店が入っていて、昔、何度か行ったことがある。そのお店がいつの間にかなくなり、お蕎麦屋さんになった。そのお店がナカナカ良いとの評判を妻がゲットし、行ってみた。

石はら ランチ (蕎麦は大盛り)
ランチにも行ったことがあるけど、今回は夜。ランチはせいろとミニ丼を夜の半額にしてセットで提供するサービスがあり、海鮮丼を食べた。そのとき、セットはリーズナブルで、美味しいじゃないの、と思った。

お刺身や焼き鳥、天ぷらなどのサイドメニューが充実しており、家族での夕食にも対応できる。居酒屋みたいにうるさくないし、酔っぱらい嫌いの我が妻子もこれなら大丈夫ということだ。

味はイイ。人気というレンコンモチは子供が好きそうな味だし、焼き鳥は旨味が十分で、娘も美味しいと絶賛。そして、蕎麦はコシが強く、シコシコと美味しい。ドロリと白濁したそば湯はいかにも栄養がありそう。

石はら レンコンもち 石はら 焼き鳥(塩) せいろの盛り付け

昼も夜もお客さんがまずまず入っている。大人気という程ではないようだけれど、良いお店じゃないかという気がする。我が家では夕食にお蕎麦を食べるならこのお店になりそうな予感。
posted by K2 at 00:31 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/07 Sun

麺 平蔵

麺 平蔵 ちゃんぽん(850円)
評価 ★★★☆
料理 ちゃんぽん(850円)
一言 麺が美味い
頻度 初めて
住所 川崎市宮前区
詳細 食べログ 感想その2

チャンポンは会社そばのお店で何度か食べたことがあるけど、どれも好きになれなかった。具材で勝負な感じで、麺は二の次。麺料理としてみた場合、美味しくない。どこかふやけた感じの麺が好きになれない。チャンポンという料理はどこを目指しているのか、わからない。

という感想を抱いたことをすっかり忘れ、近所に最近開店したお店に行き、チャンポンを食べた。そして、これがナカナカだった。これなら良いんじゃないの? と思った。

それが、「麺 平蔵」。麺料理の同店と和洋エスニックなんでも料理の「ヘイゾーダイニング」が併設するおもしろいつくり。入り口はひとつで、店内に入ってから左右どちらか、お目当てのお店に行く仕組み。

カウンターに案内されると、荷物を入れる袋を持ってきてくれる。なんか、デパートの飲食店みたい。最近のお店って、大変だね。サラリーマンも楽じゃないけど、気楽な商売なんてないんだね、などと思いつつ、一番人気というチャンポンを注文。テーブルにはコショウやしょう油、お酢、ラー油といったちょい足し調味料が豊富。カレー粉なんかもある。

弾力の強い麺
それでチャンポンはというと、美味い。特に麺が美味い。麺を自家製しているとのこと。コシが強く、弾力がある。もう少しもちもち感が欲しいきもするけど、これはこれで美味い。チャンポンは麺が不味いもの、という考えが変わったかも。

スープはちょっと濃いかなぁ。濃厚でまとわりつく感じがなかなか消えない。飲んだときは味が際立つけど、スッキリ、サッパリ消えてくれないので、全部飲む気にならない。ただ、最初だからと思って調味料を加えなかったせいもある。お酢を入れれば、サッパリするだろう。ラー油を入れて味を変えるという手もある。また、いざとなればカレー粉も。どういう食べ方が良いのか、お店からある程度提案があった方が助かるのだけれど。

初めての感想だけど、期待大。これはちょくちょく行って見ねば、と思わせる。麺が美味しいのなら、皿うどんとかもよさそう。かなり人気になりそうな気がするけど、どうなんだろう。
posted by K2 at 11:12 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/07 Sun

壱語屋 たまプラーザ店

壱語屋 タン塩(左下、カルビ右下、ロース右上)
評価 ★★★★
料理 炭火焼肉定食E(1575円)
一言 娘が気に入った
頻度 初めて
住所 横浜市青葉区
詳細 食べログ

炭火で和牛焼き肉をリーズナブルな値段で提供するお店で、田園都市線沿線線に何店舗か展開している。焼き肉は娘が苦手だというので、ほとんど行ったことがないけど、先日このお店の系列であるハンバーグファクトリー(参照)に行き、やはり苦手なハンバーグが、このお店なら食べられるというので、それなら焼き肉も、ということになった。

お昼のランチが好評で、午後1時に行って、先客は10組。お店専用の駐車場は一杯で、食事をするとサービス券をくれる東急SCの駐車場に停める。結構、人気らしい。1時間以上は待つかなと思ったけど、40分程度で席に案内された。

冷たいお茶(烏龍茶?)が出てきて、食後にコーン茶が出てきて、おしぼりも食前食後で変えてくれるというサービスはハンバーグファクトリーと同じ。というより、こちらのお店のサービスを向こうに取り入れているのだろうけど。焼肉店としてはオシャレな雰囲気も妻子の好みに合っている。煙を吸い込む装置を内蔵したテーブルの炭火で焼くから、店内もギトギトした感じはない。

壱語屋 ランチの付け合わせ
注文したのはタン塩とカルビかロースを選択する定食E。娘と妻は定食B(1260円)でロースを選択。それでまずでてくるのが、ナムル、キムチ、豆腐、サラダ。これがナカナカ美味しい。辛い味付けは娘には無理だけど、辛いだけでなく旨味があるから、辛いのが苦手な大人でもいけそうな気がする。

それを食べてお皿が空くと今度はお肉とご飯が運ばれてくる。お肉の見た目はよくわからないけど、ご飯はつやつやととても美味しそう。肉はやはり柔らかくて美味しい。食べてしばらくすると、わかめスープが運ばれくる。こういう順序も考えているんだろうね、きっと。

500円増しで飲み物とデザートがつけることができる。それをひとつだけオーダーし、飲み物は娘に、デザートは妻に、と分けた。500円増えると割安感がぐっと下がるけど、こうやって分散すると、そうでもない。

しかし、こりゃ、人気になるわけだ。ボリュームが少ないけど、値段を考えれば当然かも。足りない場合はご飯をおかわりすれば良い。妻は野菜を追加したいと言っていた。個人的にはカルビよりロースの方が美味いかも、と思った。年をとって脂が辛くなってきたせいですな。

娘もまた行きたいと、とても気に入った様子。娘が行きたいと熱望するお店はピザのドマーニ(参照)としゃぶしゃぶの木曽路だけど、もうひとつ加わった感じ。娘を喜ばせたい親バカだから、このお店には何度も通うことになりそう。
posted by K2 at 09:47 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/06 Sat

チーズパレードカフェ

チーズパレードカフェのチーズフォンデュ
評価 ★★★
料理 チーズフォンデュ(1200円)
一言 娘が好き
頻度 3回
住所 横浜市青葉区
詳細 食べログ

たまプラーザ駅の商業施設内にあるチーズ料理専門店。チーズフォンデュがイチオシらしい。チーズフォンデュって、実はこのお店で初めて食べた。

結論から言うと、個人的には可もなく不可もなくだけど、娘が結構好き。パンや野菜、ソーセージを串に刺して、とろとろのチーズをつけて食べるというスタイルは、確かに子供の興味をそそるのだろう。

他のお店や自宅でチーズフォンデュを食べたことがないので、このお店がどうなのか、についてはさっぱりわからない。美味しくないわけではないけど、感動的に美味しいということでもなく、無難な印象。

他にもスパゲッティとか食べたことがあるけど、これらは、チーズ料理だけでは飽きちゃうとか、チーズ料理はちょっと、という人向けという感じで、わざわざ食べにくる程のものではないと思う。ただ、チーズ料理店というのは他にはナカナカないだけに、子供連れで行くには貴重なお店かもしれない。
posted by K2 at 21:48 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/06 Sat

溝口 聘珍樓 ANNEX

溝口聘珍樓 エビチリ
評価 ★★★☆
料理 ランチA(1570円+10%)
一言 リーズナブルなのかな?
頻度 初めて
住所 川崎市高津区
詳細 食べログ

高級中華料理店、聘珍樓の溝の口丸井店。たまたま平日に溝の口に行く機会があり、お得と思われるランチをいただいた。

案内された部屋は2組しか入らない小さな部屋。個室感があり、高級な印象を受ける。ランチAはメインの料理を選ぶタイプ。またライスかお粥、杏仁豆腐かタピオカココナッツミルクのどちらかを選択できる。メインは私がエビチリ、妻が海鮮あんかけを選択。あとは二人ともお粥とココナッツミルクを注文した。

溝口聘珍樓 平日ランチの前菜 溝口聘珍樓 平日ランチのスープ 溝口聘珍樓 おかゆ

溝口聘珍樓 海鮮あんかけ
料理はどれもさすが高級店というレベル。ピリ辛の前菜はこれだけでもご飯が食べれそう。スープも美味い。エビチリ、海鮮あんかけともに味付けは濃すぎず、かといって不足があるわけでもない、ちょうどよい感じ。大きめの具材はいかにも良さそうなもの。

溝口聘珍樓 タピオカココナッツミルク
お粥もほんのりと味がついていて、このままでも食べられる。デザートのココナッツミルクは今まで食べた中では、一番美味しかったかも。濃厚でコクがある。これだけもう一杯食べたい気がする。

ただ、サービス料が10%付くのは、やっぱり高級店。これにより2人で3000円強だと思っていた値段が、4000円弱に上がる印象だから、それほど割安か、という感じがする。

そもそも聘珍樓と名前の付くお店で食べるのが初めてなので、これがリーズナブルなのかどうか、イマイチ良くわからない。個人的には値段見合いという気がして、これはお得という感じはなかったけど…。
posted by K2 at 21:38 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/06 Sat

Buon Lino

Buon Lino 鶏肉となすのポルペッテイとゴーヤのトマトソーススパゲッティ
評価 ★★★★☆
料理 パスタランチのコース(1500円)
一言 美味しい、けど駐車場が…
頻度 初めて
住所 横浜市青葉区
詳細 食べログ

良店。味良し、コストパフォーマンス良し。たまプラーザ駅から少し歩いたところにあるイタリアン。パスタランチのコースは前菜、スープ、パン、飲み物がついて1500円。前菜が美味しい。パンも暖めて出してくれている。これは期待できる感じがする。

Buon Lino 魚介のラグー、オクラとプチトマトのスパゲッティ
そして期待通り、パスタがとても美味しい。トマトソースは酸味がやや強かったけど、美味い。妻が注文した魚介のラグーは絶妙の味付け。ハーブの香りが大人味という感じを強めるけど、こりゃ美味いや。エスプレッソも単に苦みが強いだけということではなく、コクがありながらも飲みやすく、美味しい。

料理は細かいところまで神経が行き届いている感じ。やるなぁ。こういうお店はハズレがない。妻はデザートも注文。ミントの味がしっかりなアイスは、大人味。

Buon Lino 前菜 Buon Lino パン Buon Lino デザート

ランチはいつも混雑しているみたいで、3台停められる駐車場は競争が激しくなかなか停められない。でも、別のところに停めてでも、ちょっと歩いてでも行きたいお店かもしれない。
posted by K2 at 12:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/09/30 Sun

佐賀餃子専門店ぜん 鷺沼店

ぜん 焼き餃子
評価 ★★★
料理 焼き餃子、水餃子(それぞれ500円)
一言 普通かな
頻度 初めて
住所 川崎市宮前区
詳細 食べログ

以前から気になっていて行ってみたかった先。ただ、メニューが少なく、子供が食べられる料理がないということで、なかなか行くことができなかった。今回、たまたま夜に自宅周辺で一人で食事をしなければならなくなったので、行ってみた。

餃子って、宇都宮とか浜松が有名だけど、佐賀餃子って聞いたことがない。ググっても佐賀餃子という固有名詞はすぐ見つからないから、多分、あまり有名ではないと思われ…。それで、お店のHPを見ると、具材は佐賀県産の豚肉、玉ねぎを使用しているとのこと。それで佐賀餃子なのかしら? そのほかの具材はニラ、干し椎茸、にんにく(少々)とのこと。

もやしのしょうゆ漬けとキムチ
焼き餃子と水餃子があるので、それぞれ10個ずつ注文する。あとビールにキムチも。ビールの付け合わせということか、モヤシのオイル漬け? が出てきた。キムチは辛くてすっぱめ。コクというか旨味はイマイチかなぁ。

焼き餃子は専用のタレに好みでラー油やニンニク、そして青ネギを入れ、それにつけて食べるとのこと。水餃子はしょう油にお酢、そしてやっぱり青ネギを入れる。

ぜん 水餃子
焼き餃子、水餃子ともに小ぶりのもの。両方とも最初はなにもつけずに餃子を食べてみたけど、ややあっさりしている感じ。餃子って、ニンニクやニラの味が立って、なんかクセになる感じが好きなのだけれど、そういう雰囲気がない。不味くはないけど、インパクトがない感じ。

焼きの皮はパリッと、水の皮はモチッとで、それぞれきちんと作っているとは思うけど、私のイメージする餃子とはちょっと違う感じがする。あっさりしすぎというか…。

それを補うのが大量の青ネギなのかもしれないけど、ネギ入れすぎたら、ネギの味しかしない感じ。こういう食べさせ方って、諸刃の剣のような気がするなぁ。

普通にいつも食べるような感じなら良いのかもしれないけど、飲食店に期待するハレの感じがしない。良い食材を使って、真面目に作っただけでは何かが足りないってことかもしれない。やや惜しい。

2012年10月20日追記
焼き餃子はタレにネギをたっぷり入れて
このお店に初めて行ったとき、壁に「坦々麺(750円)始めました」の紙が張り付けられていて、ちょっと気になっていた。それで試してみることにした。一緒に注文した焼き餃子をつまみながら待っているとと、ほどなく出来上った。

坦々麺(750円)
むう、まあまあ美味しい。スープはコクがあり、麺もしっかり。山椒がピリっと効いているのも良い。坦々麺がメインで、餃子がサイドというのは、このお店の本意ではないような気がするのだけれど、坦々麺を食べていると、そういう感じになるような気がする。

また、餃子とのコンビで言えば、500円くらいで、しょうゆラーメンとかもあった方が良い気がする。でもまぁ、坦々麺とかのほうが、味付けは簡単なのかもしれない。普通のラーメンって、濃い味でごまかせない分、美味しいものをつくるのが大変な気がするから。

坦々麺を食べた後も評価は変わらず。坦々麺だけ食べて帰るというものなんだし…。餃子はやっぱり、パンチ不足感が否めないし。
posted by K2 at 02:32 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/09/29 Sat

ハンバーグファクトリー

ハンバーグファクトリー 200グラム
評価 ★★★★
料理 スペシャルセット(1575円)
一言 満腹、好きかも
頻度 2回
住所 横浜市青葉区
詳細 食べログ

黒毛和牛焼き肉をリーズナブルな値段で提供するらしい「壱語屋」というお店が展開する、ハンバーグ、ステーキ専門店。タジン鍋なんかもあって、ハンバーグが好きではないという娘も行ける。

牛肉100%ではないかと思われるハンバーグを多少レアっぽく調理して、客席前で半分に切って断面部分を鉄板に置き、焼き上げる。ナプキンを広げて持ち、はねる油が収まるのを待っていると、ちょうど良く焼き上がる感じか。こういうのって、ハングリータイガーのスタイルだよね、多分。

ハンバーグファクトリー セットのスープとサラダ
味は美味い。しっかりと牛肉を味わえるタイプ。このハンバーグは娘も美味しい、といって食べていた。ハンバーグって、お店によって味がぜんぜん違うからなぁ。ボリュームは年老いた自分には十分な感じ。ソースの種類が豊富なほか、ポテトの焼き方が選べたりするものおもしろい。スペシャルセットにはパンかライス、スープとサラダがつく。ランチはこれに飲みものがついたと思う。

タジン鍋は野菜ベースに、肉はトッピングで選ぶタイプ。スープが美味しくなり、娘も妻も満足。妻と娘は、ハンバーグとタジン鍋を二人で半々にするのがベストと言っていた。

サービス面でもナカナカ。最初は冷たいお茶。食後に暖かいお茶(穀物系の香ばしい味)。おしぼりは食前、食後に出してくれる。値段を考えると料理、サービスともにコストパフォーマンスは高い。

店舗に併設されているパン屋さんで、レシートを見せると10%値引きしてくれるサービスがある。こちらのパンは美味しいけど、インパクトは薄目かなぁ。

満足感は高いけど、牛肉100%のハンバーグって、どこもこんな味のような気がする。ハングリータイガーはずいぶん前に騒動があって、一時期衰退したような気がするけど、最近、近所に店舗がてできた。今度行ってみようかしら。
posted by K2 at 15:01 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。