2012/09/30 Sun

ソニーPRS-T2の感想

左からG1、T2、650
ソニー製品で毎日使っているモノって、携帯電話とソニーの電子書籍リーダー。初代PRS-650に続き、3GのPRS-G1、そして今回、PRS-T2を購入した。PRS-T2のマイナーチェンジという感じ。文字だけのページで、白黒反転が15ページに1回になったほかは基本性能に大きな差はないようだから、白黒反転が気にならない自分としては、無理に買う必要はなかったと思う。

それでも買ってしまったのは、電子書籍が好きだからということに加え、安いから。9980円と楽天koboの7980円を意識した価格設定。製品登録と購入宣言で確か合計2000ポイント付く。koboに比べ、操作性、反応などの基本性能は明らかに優れており、正直いってkoboを買うくらいだったら、少し高くてもT2を買った方が幸せ。個人的には、koboは全く使ってないし…。

G1に比べるとT2は見た目がイイ。G1はテカテカで指紋が目立つタイプだったけど、マット感のあるT2の方が絶対に好き。koboに似た感じだけど、これにより、私的にkoboが唯一優れていた点もなくなってしまった。操作ボタンも、G1よりは機能が見た目でわかるT2の方が好き。

T2とソニーストア限定カバー
amadanaとのコラボのソニーストアの限定カバーはオジサンっぽくて、イマイチだけど、まあ、オジサンだから仕方ないかと。本体にマジックテープを貼るというのもなんだかなぁ、とは思うけど、まあ、本体を眺めてニヤニヤするようなモノでないから、剥がれなければ良いかと。

今回の新機能で試してみたのはEvernoteとの連携。Evernoteはその存在は何となく知っていたけど、コンピューター的なモノに対して、だんだん億劫になっている自分としては、かかわるつもりはなかった。でもせっかくの機能だからと、初めて試してみた。

これが意外に使えるかも、と思わせる。ウエブの画面をどんどんクリップできる。それを使えるようになるには半日かかったけど…。それでこれが使いこなせれば、PCでウエブ情報をとって、外出先ではリーダーでみる。

外出先ではG1に情報収集の役割を期待したけど、イマイチどころか、イマサンくらい使い勝手が悪い。それならば、自宅であらかじめ情報を集めておいて、出先でそれをみるという方が効率がよさそう。まあ、タブレットとかスマホを買えば済みそうな気もするけど…。

一方、リーダーでハイライトをつけた部分をEvernoteにアップロードできる機能もある。これはブログとかで引用がらくになりそう、と思ったけど、140字の制限付き。まあ、そりゃそうだ。無制限にできたら、あっと言う間に、本の複製ができちゃうから。

なお、Facebookはスルーするつもり。Facebook自体、良くわからないし、面倒くさそうだから。しかし、そんな風に思うなんて、やっぱり年を取ったなあ。
posted by K2 at 02:26 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。