2014/01/04 Sat

凹んだ

凹んだ。自分が卑怯者で、情けない人間であることに凹んだ。ウジウジ考え、夜になって、楽になる選択をしたけど、根本的な解決はなく、うやむやになった感じ。ただし、思惑通り、楽にはなった。

まあ、精神的アリバイづくりということだろう。こういう行動をとることも良いのかどうか。向こうも明らかに面倒くさそうで、敢えて、あのような態度をとっているようにも感じた。

世の中、こんなものなんだね。良いのか悪いのか。清濁併せ呑む気概がないと、生きづらい世の中なんだね。自分のような小物は、悪で生きることはできないし、かといって、純粋な正直者ではない。中途半端。

中途半端と中庸って、どう違うのだろう。どうやったら、両極に陥らずにバランスがとれるのだろう。というより、どうやったら、調和がとれるのだろう。

いずれにしても、誰かに甘えることなく、期待をせず、自分ができることを考え、その考え通り、できることをやっていくという当たり前なことしかないのかもしれない。とはいえ、これがなかなか難しい。今年というより、死ぬまで続く目標なのかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。