2013/12/03 Tue

小さい三脚

ソニーのミュージックビデオレコーダーを買って、まだ何も撮っていないにもかかわらず、道具だけ欲しくなる相変わらず病。きっとモノを持つことによって、自分の可能性が広がる感じが嬉しいのだと思う。人間って、奇妙な動物だね。

ということで、ビデオ用の三脚を3つ買ってしまった。Manfrottoのミニ三脚とJOBYのゴリラポッドマイクロ。これは大きい(耐荷重800グラムまで)のと小さい(250グラム)のもの2種類。

まず、Manfrottoはカッコいい。ほかのミニ三脚はいかにもゴツく、スマートさ欠ける。カッコ良さという点ではこれしかない感じ。また、足を畳んで手に持つ場合のグリップ感もなかなか良い。丸みを帯びた形状は上手く計算されている感じがする。

ゴリラポッドマイクロも良いじゃないの。大はビデオ用、小はデジカメ用にしたけど、どちらも、邪魔にならず具合が良い。ビデオにはいつもつけておいて、撮影するときは、足をのばして持つと良い感じ。小さいことは良いことだ、という気がしてしまう。

また、どちらもちゃちな感じがなく、買ってよかった感がある。ただ、使うシーンがイメージできない自分。何を撮ればよいのかと。そんなことを考えているようじゃダメなんだろうけどね。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。