2013/02/28 Thu

言葉なんてしょせんウソ

新年度の体制について、意見交換をする。そこで、いろいろと言われるけど、全く心に響かない。多分知ってしまったからだろう。言葉なんて、しょせんウソだと。

人は行動でしか評価できない。主観的には、つまり言葉では、何とでも言える。それは言っている本人にとっては、本当だと思うことはあるだろう。ただ、他人にとっては、行動が伴わない限り、本当ではない。だったら、言葉なんて、なくても良い。

しかし、言葉によって怒り、喜び、悲しみ、感動したりするところをみると、それがウソだとは思いにくいのかもしれない。だから、言葉を上手く操る人が、世の中では上手くやっていけるのかもしれない。

そんな言葉をウソだ、なんて斜めに見る姿勢は損なのかもしれない。マジョリティに従った方が、生きやすいのは間違いないから。でも、やっぱりウソだと思っている。行動の伴わない言葉は。
タグ: 日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/27 Wed

閉塞感

もう、何度も感じ、飽き飽きもしているけど、閉塞感がすごい。いつまでこんな仕事をやらないといけないのだろう。人に気遣いばかりして、自分のペースで仕事ができない。

それでも、退社する人に十分、気配りができなかった。また、別の問題が発生したから。何なんだろうね。こんなことばかりして、やるべきことが全然できない。

何とかしろ、と言われても、絶対的な人材不足の中で、何ともできない。上に立つと、それはわかっていても何とかしろとしか言えないのだろう。だったら、上の人が陣頭指揮に立ってくれれば良いのだけれど、そういうことが全くできない人だから、どうにもならない。

もう負け戦とわかっていて、逃げ出せない状況。抜け出したいのに、抜け出せない。あと1年辛抱すれば良いのだろうか。状況はどんどんひどくなっているような気がする。いつか反転するのだろうか。このまま沈没するのだろうか。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/26 Tue

また始まった

平日。いつも通り仕事で早起き。すると、洗面所の扉が開かず、焦る。引き戸なのだけれど、洗濯物で、下着などを入れておく衣装ケースが、内側にあるレールの方に倒れてしまい、つっかえ棒の役割を果たす格好になってしまった。

どうすんだと、焦る。結局、隙間から片手をいれ、扉を上に引き上げではずすことができた。朝から、つまらないことで、すごいストレス。嫌な予感。

会社にいくと、またつまらないことでバタつく。いろいろつまらないことを聞かれ、嫌になる。これが仕事なんだろうけど、本当に嫌になる仕事だ。

なんか、いろいろと我慢が効かなくなっている気がする。まずい兆候かもしれない。今週は1日少ないのがせめてもの救い。また、1日1日いきるのがつらい日々が始まった。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/25 Mon

さっさと帰宅

シンデレラ城
ディズニーリゾート2日目。今日の目的は娘が大好きなディズニーランドのビッグ・サンダー・マウンテンに乗りまくること。娘は5回は乗る、と話していたけど、いくら何でもそれは無理でしょ。

とはいえ、ディスニーホテル宿泊者の特権、15分前入園を生かし、ファストパスをとった後、すぐスタンバイエントランスに並び、いきなり2回乗る。その後、時間が来たらファストパスを再度取り…とかやっていくと、4回は乗れるはず。

すでに行列の宿泊客専用入り口に並び、入園するとダッシュ。ところが、ウォルトディズニーの銅像のところで、止められる。どうやら9時まではここで待機させられるらしい。ファストパスがとれるのはモンスターズインクのアトラクションだけのようだ。

なんだかなぁ、と思いつつ、一般客にはアドバンテージがあることは間違いない。9時を待って再びダッシュする。お目当てのビッグ・サンダー・マウンテンが近づくと、キャストが「システム調整のため運転を中止している」とか言ってるじゃないの。ファストパスはとれるというけど、何なんだと。

無論、ファストパスはとったけど、いつ動くかもしれず、待つことにした。しかし、なかなか動かない。キャストに笑顔を話しかけられ、笑ってる場合か、と怒り出す、どこぞのお母様もいる始末。結局、動きだしたのは開園から1時間30分程たった後だった。

それでも、張っていたかいがあり、スタンバイエントランスであっという間に1回乗り、直後にファストパスを行使して乗った。さらにファストパスをゲットしたけど、いつものレストラン北斎で食事をすると、娘はもう帰りたいという。満足したというより、疲れた模様。私も帰りたかったから渡りに舟で帰ろうということに。

その前に妻が行きたいというディズニーランドホテルに寄り道。なんか、ちょっと臭いが気になったけど、ロビーとかを見る限りは、ゴージャス感はディズニーランドホテル中、最高ではないかと。

帰宅したのは午後3時過ぎ。個人的には早く帰れて良かった。明日仕事だし。しかし、こんなわずかな行動で、ディズニーランドに行く意味があるのか、疑問。もう本当に行かなくなる日が近いかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/24 Sun

ミラコスタに宿泊

ミラコスタ ロビーのところ
娘の受験ご褒美として、夏頃から予約していたディズニーシーの園内にあるホテル、ミラコスタに宿泊。パーク側に窓のある部屋を予約できたので、個人的な楽しみは夜のショーを部屋で見物すること。いかにも俗物的な満足だけど、それが楽しいと感じるのだからしょうがない。

ディズニーシーは朝から並んで、かぶりつきで見物するようなものはないということで、ゆっくり出発。チェックインして荷物を預ける際、クレジットカードを登録しておくと、翌朝、フロントでチェックアウトする必要がないというので、そうする。さすがのサービスですな。

ただ、明日の朝食を予約しようとすると、もう満席だという。宿泊客だか当然予約できるものと思っていたけど、甘かった…。しょうがないので、夕食のビュッフェを予約して、パークに繰り出す。

パークではセンター・オブ・ジ・アースのファストパスをゲットし、娘のおみやげを買いに行く。その後はレストラン櫻で食事。何だかいつもと代わり映えしないなぁ。食後はファストパスの権利を行使し、ホテル近くの飲食店でお茶を飲みながら、時間をつぶす。

混雑しているからと、16時30分になったチェックイン時間を待って待望の部屋に入る。窓からはショーの会場がよく見え、これは期待がもてるぞ。早めの夕食後、ショーを楽しみに待っていると、強風のため中止だって。ガックリ。何のためにパーク側の部屋を押さえたのか…。

それでも夜遅くにもう一度、センター・オブ・ジ・アースに乗り、贅沢気分を少し味わう。翌朝の朝食もキャンセルが出て予約がとれたし。とはいえ、やっぱり残念だった。ひょっとしたら、もう1回くらい挑戦してしまうかも。それが狙いなのか?
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/23 Sat

テイスティングノート

『神の雫』というマンガ本の影響を受け、ワインを飲んでみたくなった。しかし、せっかくなら、単に飲むだけでなく、深遠なワインの世界に少しでもはまってみたいと。

そこで購入したのがテイスティングノート。外観とか色とか香りとか味わいに選択肢があり、そこを丸印で囲むと、いかにもそれっぽそうなワインの評価ができるという寸法になっている。なかなかよく考えられている。

しかし、問題なのが、香り。果実の選択肢はまだ理解できるとしても、花の香りなんてさっぱりわからない。しかも、香辛料とか化学系とか土系とかって、そもそもそういう土台がないと、丸のつけようがないじゃないの。

結局のところ、飲んだワインのレビューをネットでみて、この香りって、こういう表現になるんだ、という勉強方法しかないみたい。しかし、ソムリエを目指す人って大変だね。相当幅広い知識と経験がないと一流になれない。まあ、これだけ大変そうだから、深みにはまる人も多いのだろうけど。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/22 Fri

会社の人と飲む

久しぶりに会社の人と飲む。なんか、いろいろ言いたそうだったから。こっちも少し、話したいことがあったし。2人で飲むのは初めての人だったけど。

話を聞いてみると、まあ、わからなくはない。しかし、自分はそういう段階を通り過ぎて、もう、彼が考えているようなことは、あきらめてしまった。ともかく、疲れるから。自分を守るためには、力を抜いて仕事をするしかない。

力を抜くというよりは、気持ちを張りつめすぎずにやるということかもしれない。さすがに何度も同じような理不尽な経験をすると、気持ちをあまり張りつめなくなってきつつある。嫌な仕事は、極力避けようとしているし。

面倒くさい仕事ばかり。今年を乗り切れば、先が見えてくるかもしれないけど、まだ2月。早く年末にならないかなぁ。しかし、今年も、そこにたどり着くまで、いろいろあるんだろうなぁ。ヤダヤダ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/21 Thu

自己評価

まだ自己評価は甘かったようだ。自分で自分を評価したところで、絶対に甘くなるから、他人の評価を聞くようにしているけど、自分の耳に入ってくる評価は、所詮気遣いが入っている。本音ベースの評価にプラスアルファが大きくつく。

プラスアルファが大きくつかないとすると、まあ、そう言われても仕方がない評価に落ち着くようだ。そう感じて、ほんの少しショックだったということは、自分はまだ自己評価が甘かった。

ここで修正して、自分に期待しなければ、多分、また、無敵に近づくだろうなぁ。少なくとも会社の中での欲望は小さくなり、何も恐れずに済む。これって、幸せなことかもしれない。

汝自身を知るということ、悟るということなんだろうね、きっと。なんか、そんな気がしてきた。早く、知りたいものだ、自分自身のことを。実は今の試練はそのための修行なのかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/20 Wed

業者ともめる

とある業者ともめる。担当者が前日の晩にメールをしてきた。その内容を問い合わせようと電話すると、今週は休みだと言う。そこでわかる人はいるかと聞き、用件を伝え、回答をしてくれるようお願いする。

そうしたら、担当者の上司らしい人が、これまでの経緯を知らないにもかかわらず、一方的に自分たちの都合での話をまくし立てる。仮にもこちらは客なのに、こんな態度に出てくる人はかなり珍しい。

かなり頭に来たけど、怒鳴り返すようなことはしなかった。これって、大人になったというべきか。どちらかといえば、元気がなくなっているだけのような気がするけど。

なめられてはいけないので、これまでの経緯をふまえ、今一度、担当者にメールを送る。単に事情をしらない人がしゃしゃり出てきて、偉そうにぶちまけただけという感じがするけど、こういう人っているんだね。仕事はできる人らしいけど。他山の石としよう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/19 Tue

ワインにはまるかも

『神の雫』といマンガを読み、その後、ワインの紹介本を買って、パラパラ見ているうちにワインを飲みたくなってしまった。ワインって、種類が多くて、選ぶのが難しいから、自宅で美味しいワインって飲んだことがないけど、こういうマンガや本で紹介されているワインなら、美味しいかもしれないと。

すでにイタリア産のワインをネットショップで購入したけど、今日はコルクを抜くコークスクリューと、飲み残しのビンに栓をしておく商品を発注した。両方ともネットでの評判が良い品物。ひょっとして、ワインが好きというよりも、機能的に優れた商品が大好きなだけなのかもしれない…。

ワインって、凄く種類が多くて、奥が深そう。それが敷居を高くしていたような気もするけど、いろいろな情報が手軽に入手できると、私のような小市民でも、うまく楽しめそうな気がする。

しかし、そうなると、家飲みのコストが上がるなぁ。これまでは基本、ホッピーとキンミヤだから。まっ、いいか。ダメならダメで、リセットすれば良いのだから。なるようになるだろう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/18 Mon

何の感想もない

会社における、私が責任を持っていると思われる、とあるプロジェクト。やっぱり、今日も決まらなかった。わかっていたけどね。もう一切、何の期待もしないけどね。一生懸命仕事をするのが、バカバカしい。このモチベーションの低下は、多分、自分のせいではない。

それにしても、今の人って、自分のプライドの維持だけが決定要因という感じにしか思えない。リスクを徹底的につぶそうとして、徒に時間をかけているけど、そもそもリスクがなくなるなら、判断する人なんて、いらないじゃないのか。

しかも、決定するのは自分じゃないときてるから、責任はとらないけど、手柄は自分みたいな、もう、はっきり言って、こんな人とは仕事ができない、という感じ。

もう、怒ることも喜ぶことも、一切の感情を持ちたくない。とにかく、ヤル気がしない。何の感情も持たず、淡々と仕事をしていく感じ。もう人間ではなく、ただの機械。心の底から軽蔑しているから、評価されたいという気持ちは、もうほぼない。その結果、恐れも小さくなっている気がする。ついにこの心境に来たか。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/17 Sun

通信教育

昨日に引き続き機嫌が悪い。しかし、仕事があったので、機嫌が悪いまま、仕方なく会社に行く。「そんな状態で会社に行っても仕事にならないから、行くの止めたら」とか言われ、余計に機嫌が悪くなる。

帰宅後は娘の話を聞く。娘は通信教育をしたいという。進研ゼミのマンガに騙されているだけでなく、中学校で落ちこぼれるのが怖いらしい。娘もいろいろと大変だね。

しかし、過去、通信教育をやり遂げたためしのない自分としては、様子を見るように話をする。学校が始まって大変になると思うけど、大丈夫なのかと。学校の勉強だけで十分ではないか、と。

それでも勉強をしたいということは良いことだ。ただ、カタチから入っているのが気になるけど。本当に勉強したいのなら、通信教育に頼らずとも、いくらでも方法はあると思うのだけれど。まっ、いいか。試さないとできるかどうかもわからないから。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/16 Sat

機嫌が悪い

機嫌が悪い。アルコールが入って、少し気に入らないことを言われると、ものすごく腹が立つ。会社のストレスを家庭で発散している感じ。どうも良くない傾向。

仕事で我慢しているのに、そのことが家庭では理解されていないと強く感じる。甘えているとはわかってるけど、どこかで自分を甘えさせないと、壊れてしまいそう。気持ち的に相当キツくなっている。

今日は義理の父親のお見舞いに行く。病気がイマイチよくわからないけど、手術をして入院した。事前に聞いた感じだと、心配するようなことではないと思うけど、それでも心配になってしまうものなんだね。

自分も倒れれば心配されるのだろうか。でも倒れたら倒れたで、焦って、不安になるんだろうなぁ。機嫌の悪い今は、どうでも良い気がするけど、いざ、倒れると死にたくなくなるんだろうなぁ。どうしようもないな…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/15 Fri

皆、うんざりしているようだ

今日は書き物をして過ごす予定だったけど、平日はいろいろと声をかけられるので、全く作業ができない。夕方には疲れてしまうから、頭をフル回転させるような仕事ができにくくなる。若い頃は、疲れで頭の回転が鈍るというようなことを特に実感したことはない気がするけど、こういうところにも年老いていることを感じる。

午後の会合で、みんな、同じように苦労しているんだなぁ、と感じる。同情されていると感じたのは、あまり良い気持ちがしなかったけど、お互い様なのかもしれない。しかし、これはもう、性格なのだろうなぁ。自分に対してどうのこうのではなく。

皆、あと1年くらいと思って辛抱しているのだろうけど、そうでなかったら、きっと、反乱が起きるよ。こんな事態は初めてだなぁ。まあ、追い出されて、こんなところにいる理由がわかる人ではある。

明日は入院して、昨日手術した義理の父親のお見舞いだけど、明後日は出社して、仕事を片づけ、心の負担を軽くしたい。平日は新たな負担になるようなことばかり起こり、問題を片づけられないから。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/14 Thu

休みをとることに痛痒を感じないことにした

昨日のことを考えると、ヤル気がなくなってきた。今月は半年以上も前から娘と約束していたイベントで月曜日の有給休暇を申請している。また、娘から卒業式と入学式に出て欲しいと言われ、来月と再来月も月曜日に休もうかどうしようかと、思っていた。

しかし、昨日のことでやはり、休むことに決めた。責任上、家族のことで休むことはどうかという気がするけど、精神のバランスをとるためには休まざるを得ない。こういう自分が気に入らなければ、閑職にでも何でも更迭すれば良いじゃないかと。多分できないだろう。だって今の立場が一番、大変だから代わりがいない。

誰も、何も手を打ってくれないのなら、適当にやって自分を守るしかない。適当にやった後ろめたさによって、新たな気力が出てくることを待つしかない。多分、あれこれやってるだけだと、理不尽な気持ちに押しつぶされてしまうだろう。

というのは、後ろ向きの理由だけど、やはり娘から来て欲しい、と言われるのは嬉しいし、幸せなことだと思う。頼り、頼られる関係があるというのは、何と幸せなことか。孤独でないと感じることの自分はこれからも踏み外すことなく、生きていけるだろうと思う。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/13 Wed

理不尽、もうほとんど腹が立たない

昨年来、私を悩ませていた問題について、今日、いよいよ決定に向け最後の関門を超える、と思ってた。この1カ月、利害を調整し、これならという合意も得た。

しかし、説明する前からダメだし。何故、自分も加えないのかと。時間がかかりすぎだと。自分は決定権者ではなく、同意を得るべき下々のポジションと変わらないのだと。

何なんだろうね、一体。初めて聞いたよ。そんなことを言っていたなんて、あの場の誰も思わないよ、って感じ。凄い理不尽だけど、もう腹も立たなくなってしまった。相手が激高してなかったということもあるけど、初めてではないから。

まあ、先方の立場もわからなくはない。トップの切り札たる権限を持たず、仕事だけやっている。だから、自分が気に入った人を配置することができず、直接介入せざるを得ない。

生真面目で融通が効かない人って本当にやっかいだ。本人はこれが絶対的な正義であると思い込んでいるだろうから、手に負えない。まあ、本質的には保身なんだろうけど。

また、しばらく、ヤル気をなくしてしまうなぁ。仕事が遅れている本当の理由は自分だってことに何故気づかないのだろう。知っていてやっているのかもしれないけどね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/12 Tue

自分を守る手段

今日は気持ちがちょっとハイのようだ。ここ数日、仕事のことを完全に忘れていたからかもしれない。このところ、気持ちが仕事から離れていて、心配ではあるけれど、精神的には良いのかもしれない。

しかし、気持ちがハイになると、よろしくないことも。つい調子に乗って、抑制が効かず、不注意な発言をしてしまう。今日も聞こえないと思い、ある人を攻撃するような発言をしてしまった。聞こえたかどうかはわからないけど、何となく気分が悪くなった。

口は災いの元とわかっているつもりだけど、過去から十分にわかっているつもりだけど、全く治る気配がない。よく政治家で失言を繰り返す人がいるけど、同じようなものなのかもしれない。わかっちゃいるけどやめられない。

きっと、適切かどうかなんて気にせず、発言することで、ストレスを発散したり、自分を保ったりしているのだろう、と思う。自分を守る手段が社会に受け入れられないことというのは、他にもある。自分の手段はまだ良い方なのかもれしない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/11 Mon

子は親の鏡

午前中に実家を離れ、午後3時には自宅に到着。昨日、1日家を空けただけなのに、家が寒い。今日は気温が特に低かったせいもあるとは思うけど、この寒さは何なのかと。

ところで、実家への往復の電車内で、娘のDSのゲームにつきあった。自分でもよくわからない部分に出くわし、ついついスマホでネットに接続し、虎の巻を教えてあげた。

するとどうだろう。5分に1回くらいのペースで聞いてきた娘が、全く聞いてこないようになり、ずーっと1人でゲームをやっている。うーむ。良いような、悪いような。

聞かれる煩わしさがなくなったとは言えるけど、これはこれで良いのかと。まあ、自分も似たようなものだから、悪いとは言えないけど、そんな自分のことをきっと、心のどこかで後ろめたく感じているのだろうなぁ。まっ、しょうがないか。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/10 Sun

結果報告

娘の受験結果を報告に、実家の両親宅に行く。今日の午後に帰って、明日の午後イチに戻る強行軍。向こうで遊ぶ予定はなし。娘が私の両親に会いに行くことが唯一の目的。

出かける前に制服の採寸とかで、午前中時間をとられる。思いの外、時間がかかり、帰省の電車を1時間、遅らせる。娘と妻を待つ間、携帯電話で連絡がとれずにイライラしたけど、まあ、なんとか…。

実家の両親と少しは話をしないと、と思ったけど、あまり話すことがない。向こうも目に見えて元気がなくなっているし、ちょっと辛い気持ちにもなる。自分がなんとかしてあげたいけど、未だに、気持ち的に頼りにしている情けない自分。

今年は、いつもの年に比べ、実家の両親と会う回数を増やそうと考えている。ひょっとすると、考えなくても、そうせざるを得ないかもしれない。老いていく両親を見届けるのも、また修行、のような気がするけど、どうなんだろう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/02/09 Sat

設備費

近隣に迷惑をかけないための設備に関する見積もりをもらう。これは2社目。値段もさることながら、対応策の考え方が違うことに戸惑う。前に見積もりを出してくれた業者は下と言い、今日の業者は上という。

値段以前にどっちの考え方が正しいのか。話を聞く限り、どちらの業者にも理があり、精神衛生上良いのは、両方つけること、のような気がす
る。

意見が分かれるのは、結局のところ、例がなく、よくわからないから。滅多に起こることではないから、そんなニーズもあまりないのだろう、とは思う。専門家にのくせに、と責めにくい事情もある。

安心なのは両方につけることだけど、そうすると、10万円前後値段が上がってしまう。どうしたのもかのう。この10万円で安心を買うという意味はあるとは思うけど、そこまでの必要があるのかどうか。

娘の入学、歯科矯正と物入りの時期での出費は精神的な負担も大きい。物件を決断した時に自分の考え方は一般的ではなかったと思うけど、不思議と今は、一般的な考え方になってしまっている。自分の限界を感じる…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。