2012/07/31 Tue

家族と晩飯

今年は家に小バエが大量発生してしまった。多分、生ゴミをマメに片づけていなかったから。普段のものぐさがこういうところに出てしまう野だけれど、これで家族はムシ回避のためきれいにせざるを得ないだろうから、災い転じてなんとやら、であろうと。

それで今日は、小バエの舞う家から解放されたいと、外食することになってしまった。娘のリクエストはピザ。それで、いつもの行きつけのお店に行くことにした。

火曜日の夜ということで、先客は2組。いつも混雑している時しか行ったことがないから、新鮮な感じ。お店の人もゆったりしていて、いい感じ。

翌日の仕事に差し障るので、平日はアルコールを飲まないようにしているけど、今日は飲みたくなってしまったので、ビールを2杯飲んだ。だからといって、特に旨いとは感じなかったので、なんか、ちょっと不幸になった感じ。

しかし、こうしてゆっくり食事をしても、最近は常に不安な気持ちがつきまとっていて、なんだか落ち着かない。まだまだ悟り切れていないようだなと感じる。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/30 Mon

落ち込んでいるのに、忙しい…

昨日のショックを引きずる。クヨクヨするのは半日だけと考えているのに、これは1日以上かかるかもしれない。朝方から気分が晴れず、何かにあたりたい気分。良くない状況。

こういう日に限って忙しい。先週、別件で忙しかったから、私の時間があくのを待っていた人がいるみたいな感じ。午後は会議ばかりで、全然時間がとれない。こうしている間にも新たな問題が増え、他の問題が全然解決しないから、問題が大きくなっている感じ。

自分にとっては非常にツマラナイと思えるいざこざも、当事者にとっては重大事なのだろう。仕事を押しつける人がいるとか、いないとか…。何とも言ってみようがない。

自分より位の高い人が、全然機能しないため、その尻拭いばかりさせられそう。もう、その人には責任のある、難しい仕事はさせられない感じがする。

明日も、とにかく、面倒くざい問題をいくつも解決しないといけない。また、8月は色々とリミットのある仕事がたくさんある。もうかなりヤバい感じがする。一体、どうなることやら、この状況。

なお、昨日の件について、妻は意外にサバサバした様子だった。もう、縁がなかったときっぱり諦めたらしい。こういう点で女性は強い、という気がする。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/29 Sun

絶望感

自分の認識の甘さ、また、自己評価と現実とのギャップを思い知らされ、落ち込む。口では、しょうがない、こういう結果は当然、とかわかったようなことを言っていても、どこかに甘い期待があったようだ。ものすごい敗北感。と思ったけど、絶望感かもしれない。自分は絶対届かないものを求めていたみたいな。気持ちが高ぶっていただけに、徒労感も大きい。

後悔は、保険を見過ぎて限界まで突っ込まなかったこと。結果からみれば、一番の敗因だったけど、結局、油断というか、よく考えておくことを中断し、怠けて、甘く考えていたからだろう。

また、これまでの自分の生き方が、自分が思い通りの結果を残せなかった一因であることも、キツい。甘く考えていた。能力がないにもかかわらず、努力を怠った。

家族にグチをこぼしたいところだけど、家族にイヤなことを押しつけ自分が楽になるだけ。本音のところはわからないけど、妻は意外にさっぱりしているけど、こういうことって、つまらないプライドがない分、妻の方が強いのかもしれない。俺って、ダメだなぁ。

もう、この地からのサヨナラは決定的。年齢的にもこれ以上のチャンスを待つゆとりはない。今回のことは勉強にはなったけど、この成果を生かすにも時間がない。

ただ、勉強になったのは、次に同じようなことがあったら、本当に全力を出せるということくらい。そもそものポテンシャルが不足しているから、この地では戦いにならないのではないか、と思う。

自分は本気で不動産を欲しいと思っていない、と思っていた。しかし、こんなに絶望的な気持ちになるとは、ちょっと意外だ。借金はできるのに、自己資金の多寡で決まるなんて。結局、世の中、金持ちが勝つという、あまり受け入れがたくない現実に目を背けていた自分が腹立たしい。

絶望感を感じている自分というのは、何を観ているいるのだろうか。そんなのは、多分、映画にすぎないのに、気持ちが同化してしまっているのだろうか。自分は自分のできる範囲のことしかできない。きっと、それ以上のことができると考えていて、それがそうではない現実を突きつけられた部分が映画だったに違いない。

悟って、知って、後はなすがままにやっていくしかないか。今はまだ、悟ったような気になっていないけど、時間が経って振り返ってみると、今日が悟った日になるのかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/28 Sat

3DSLLが来た

ニンテンドー3DS LL ホワイト (SPR-S-WAAA) / 任天堂
以前、ポチっていたニンテンドーの3DSLLが来た。3DS対応ソフトは一本も持っていないのに、思わず買ってしまった。3DSが発売された時、3D画像なら大きい画面でないと、と思っていた気がしていたからかもしれない。

LLではない3DSを持っていないので、比較はできないけど、凄いね、これ。3D体験映像の迫力に圧倒される。専用のメガネとかなくても、本当に飛び出ているように見えてビックリ。これでゲームをやったら凄い迫力だろうなぁ。

3DSでは立体感を感じるには画面の枠は黒のが良いとのことだけど、このくらいの大きさになると、関係ないらしい。黒と比べた訳ではないけど、白で何か問題があるようには思えない。まあ、任天堂も大きな差があるようだったら、わざわざ白で発売しないだろうし。

ただ、問題は3Dで面白そうなソフトが少なそうなことと、本体が重いこと。特に本体の重さはちょっと辛い。寝っ転がって、気軽にゲームしたりする気になりにくい。

画像を立てれば、携帯性が損なわれる。まあ、そのうち、軽くて、大きい画面のゲーム機がでるのだろう。世の中の進歩って、いろいろと凄いね。人間の欲望が限りないってことなのかもしれないけど。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/27 Fri

もう諦めて欲しい

やっと1週間が終わった。いつもはしない仕事で忙しく、他の仕事がまったくできなかった。このところ、問題・課題が山積。そのどれも片づいていない。

それでも、やるべきことは見えてきた感じはする。ただし、いつも通り仕事が動く中で、その問題を片づけていかなければならないので、焦る。焦っても仕方がないのだけれど。

そんな状況を知っているのかどうかはわからないが、数日前「考えろ」と言われ、穏やかでなくなる。日々、考えている。この状況をなんとかしようと。考えて、少しずつ動かす努力をしているけど、動いているか動いていないのか、よくわからないから、こっちもキツい。

外野から見ていると動いていないように見えるから、言いたくなる気持ちもわかるけど、渦中にいる身としては、外野からの言葉に泰然としていられるほど、大人になれない。

そもそも、組織としての能力に限界がある。これをどうにもできないのなら、諦めて欲しいものだ。諦めることはできないというのであれば、せめて我慢して欲しい。できることはできる、できないことはできない、というのが物事の道理ではないか。

もちろん、できる、できないの基準なんて曖昧だから、できるといえばできるのだろう。だけど、そのできる基準が、誰にもわかるかたちではっきりと、しかも急に上がってしまうと、今までギリギリできていた人が対応できるわけがない。

この程度のことは皆、わかっていると思っていたけど、そうでもなかったようだ。自分が経験していないことは理解できないのかもしれない。だから、諦めてもらうことを諦めるしかないのかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/26 Thu

ここにきて、希望物件が…

不動産取得熱がすっかり冷め、この地とはもうすぐオサラバかな、と思っていた今頃になって、希望した物件がでてきたようだ。極めてピンポイントな希望だっただけに、これはヤバい。もうこの地にあきらめ半分だった妻も、急に動意づいている模様。

欧州の国々の財政問題が顕在化し、次は日本か、というよりも、日本はまだましじゃないのか、という気持ちに、何故かなっている。まあ、何事もバランスをとろうという動きはあるものだから、2年前、危機感が凄く高まり、その後、何もないと、弛緩した気持ちになるのもうべなるかな、と。

それにしても、やはり大きな買い物を決断しなければならないか、と思うと、気持ちが高ぶっているようだ。これで今後の生活様式も変わってしまうかもしれないし、その結果、自分の生き方も変わってしまうだろう。

娘の受験の時期というのも心配のタネ。もし購入できてしまったら、こんな時期にもかかわらず、引っ越しをしないといけない。もっとも、消費税増税の前というのは良いタイミングなのかもしれない。

いろいろ悩みはつきない。でも、まだとらぬ狸の皮算用。しかし、買えるかどうかは別にしても、即決しないといけない。やや割高を覚悟するかどうか。なんだかもう、よくわからないから、寝ることにしよう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/25 Wed

嫌われることを恐れるな、自分

今週は、休みの人の仕事を肩代わりしているせいで、いつもに増して忙しい。普段もヒマじゃないのに、プラスアルファで忙しい。とにかく、息つく暇もない。

今日は特にひどかった。忙しいのはいつも通りだけど、予期せぬ仕事が突如として入り、それに2時間かかりきりになった。そこで感じたのは、前任者のいい加減さ。我が組織のいい加減体質。何故、こんなコトが許されるのか、わからん。

また、自分も自分の弱さを確認してしまった。あと少しの粘りがない。イヤな相手に関わりたくないから、どうしても腰が引けてしまう。こんな時こそ、“弱気は最大の敵”を思い出すべきなのに、思い出せない。

改めて、自覚しよう。自分がまともに仕事をしている、と感じることをしていることで、他人に嫌われようと、それを恐れないことを。他人のことが嫌いなくせに、他人に嫌われたくないと思っている矛盾。というか、自分勝手。自分勝手なヤツになりたくなかったら、他人に嫌われることを恐れてはいけない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/24 Tue

娘を叱った…

算数が嫌いな娘を叱ってしまった。教えてもらおうという状況なのに態度が悪いから。これでは、いくら無理矢理教えたところでも、単に課題をこなしているというだけで、身につかない。嫌々、やっているから、算数が嫌いになり、さらに身につかない悪循環だろう。

だから、叱った。というより、説教した。そんな態度では、教える気にならないと。いくら課題をやったとろこで、時間の無駄であると。娘はポロポロ涙を流して泣いてしまった。それでも説教は止まらなかった。もう、そんな態度で勉強するくらいなら、受験勉強なんかしなくても良いと。

私が言っていることが正しいかどうかはわからない。ただ、娘は壁にぶつかり、自分で考える機会を与えられたことは確かだろう、と思う。妻は、まだ早い、とか言っていたけど、小学生くらいなったら、考えることが早すぎるということはないと思う。

考える機会があるときに考えなければいつ考えるのだ。年をとれば自動的に考えるようになるわけではない。人間は機会が与えられなければ考えないのだ。そして、真剣に考える時というのは、そんなに多くない気がする。せっかくの機会だから、娘には考えてもらいたいのだけれど。
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/23 Mon

どうもヤル気がでない

今の仕事、やっぱりヤル気がでない。平日に仕事をしてみると、休日も仕事に取り組まなければ、と思うほど忙しいのに、休みの日はやっぱりそういう気持ちがどこかに行ってしまう。

否、まだ、切羽詰まっていないだけかもしれない。追い込まれれば、アドレナリンが出てきて、やらざるを得なくなるはずだと思うけど、まだそのときではないのかもしれない。

否、やらなければならない仕事は他にもあるのに、別の仕事が忙しいのかもしれない。今日は、夏休みをとっている人の仕事をしなければならず、超面倒くさい。

冷静に考えると、完全にオーバーフローしている。このまま8月が終わってしまうと大変なことになるかもしれない。周囲を見渡すと希望がなくなる。だから、ヤル気も出てこない。自分も含め、かなり末期的な状況かもしれない。

この状況を打破できるのかしら。とりあえず、睡眠をよくとって、気力を蓄えるコトが先決かも。睡眠時間が十分だと、経験上、ヤル気が少しは出てくるから。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/22 Sun

今日もダラダラ

今日もダラダラ過ごす。どうもこの頃、休みの日に何かをヤル気にならない。それだけ平日に余力を残していないということだと思う。それにしてもこれほど疲れているとは。若い頃、休みの日に何もヤル気にならずぐったりしたけど、それに近いかも。

忙しいのは良いけれど、人間、程良い忙しさがあるってもんだろう。これくらい疲れがたまると、他の活動に支障が生じ、精神衛生上、良くない。ストレスも半端ではないし。

それにしても、堕落している生活。テレビ見て、ゲームやって、マンガ読んで、本読んで…。しかもこれをあまり楽しんでいない自分がイヤ。いさぎ良くないというか。

なんだか最近、仕事もピリッとしないし、家でもぐったり。ちょっと良くない傾向だけど、どうなんでしょ。そのうち、なんとか、なるのだろうか。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/22 Sun

ダブルハピネスダイニング

カニ味噌炒飯
評価 ★★★☆
料理 ペアセット(2人前:2900円)
一言 もう一声
頻度 初めて
住所 横浜市都筑区
詳細 食べログ

我が家が最近探しているのが中華の良店。まあ、良店という言い方よりも、定番のお店と言った方がよいかもしれない。このお店は今のところ、その最右翼ではないかと。

横浜・港北、センター南駅が最寄り。オリンピックのそばにボードウォークガーデンという飲食店の密集地があり、その1店。お好み焼きの好鐵もこの並びにある。

で、注文したのはランチのペアセット。2人前からで、揚げナスとパプリカのパリパリサラダ、揚げ餃子、水餃子に加え、海鮮エビみそ炒飯、黒胡麻担々麺、キーマカレーラーメン、五目炒飯、白胡麻担々麺の中から2品、それにデザートがつく。揚げ餃子、水餃子はプラス90円で追加できる。ちなみにこの日のデザートはタピオカココナッツミルク。

揚げナスとパプリカのパリパリサラダ 揚げ餃子 水餃子

これを娘が五目炒飯、私が海鮮エビみそ炒飯をチョイス。餃子は人数分に増やしてもらった。妻は野菜ラーメンの塩味を注文した。

炒飯
全体として、味付けは濃すぎず、いい感じ。揚げナスのサラダは家族全員が満足なお味。五目炒飯はパラパラで、これぞ炒飯って感じ。エビみそ炒飯は濃厚で美味しいけど、全部食べると飽きるかも。けど、シェア分には問題なし。

野菜ラーメン(塩味)
揚げ餃子、水餃子とも具が美味しかったかも。水餃子は辛目(カレー風味だったかな?)のタレが付いていて、娘にはNG。揚げ餃子は喜んで食べていたけど。デザートのココナッツミルクも美味しかった。塩味の野菜ラーメンもしょっぱすぎず、好感のもてる味。

お店は2人で回していたけど、きびきびとしていて、サービスに不足は感じられなかった。家族によれば、トイレは凄くきれいだったといい、この店でもポイント高し。

ただ、その後、家族から行こうという言葉は出てこない。多分、決定的に美味しかったという感じでもなかったということだろう。私はいろいろ試してみたいけど。
posted by K2 at 17:01 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/21 Sat

生きるために死ぬ、みたいな

最近、お酒を飲むと辛い。2週連続の飲み会で、今週はかなり自重したものの、回復が鈍い。普段から疲れているからかもしれないけど、体のだるさがとれない。

そもそも、この頃、500ミリリットルのペットボトルを短時間に飲むことが辛くなっている。以前なら考えられないことだ。昼食時にドリンクを選ぼうと思っても、500ミリリットルの飲み物には手がでない。

休みの日はもっぱら体力回復にあてられる。何かするのが、とにかく面倒くさい。時間が徒にすぎていく。もっとも、本当に仕事をしなければならない状態であるとするならば、体が動くのだろうけど、そういうのって、いつか無理がたたらないのかしら。

まあ、それならそれで、だらだら長生きするよりも良いかもしれないけど、今の自分を取り巻く環境は、体の休みを削ってまで、しなければならないと思うような切迫した仕事はない。意識の上ではやった方が良いだろうと思うのだけれど、やっぱりヤル気が出ないのだから切羽詰まってはいない。

などと言い訳を考えつつ、今日も1日が過ぎてしまった。死んでいるような生き方だけど、生きるために死んでいるような状態が必要なのかもしれないって、これも言い訳っぽいなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/21 Sat

楽天koboを買ったけど、たぶん使わない

kobo
楽天の電子書籍リーダーkoboが昨日届いた。購入前からあまり期待していなかったけど、プラチナ会員3000ポイントで実質5000円弱の値段につられ、思わずポチッてしまった。購入前はフォントが変えられるのがいいなぁ、などと思っていた。

箱は立派。つや消しブラックのボディはナカナカの質感。見た目はグッドかも。毎日使っているソニーリーダーPRS-G1に比べると若干重い感じはするけど、同じ185グラムのはず。形はリーダーの方が若干細長い。

しかし、肝心の中身はというと…。結論から言えばマンガ用かなぁ。単に読むだけなら良いけど、マークしたり、辞書を使ったりというような機能は、ものすごく使いづらい。そもそも、タッチペンで反応してくれないから、細かい範囲指定ができない。これが私にとっては致命的。

フォントとか、文字の大きさとかは選択肢が広くて良いけど、総じて使い勝手が悪い。慣れの部分もあるとは思うけど、直感的に使えないというか、ユーザーフレンドリーとは言い難いと思う。

専用のブックカバーは安っぽくて、本体との質感の落差が大きい。なんか、とりあえずあればいいでしょ的な感じ。もうちょっと、なんとかならんのかと。

専用のブックストアは目玉不足。独占&先行配信作品の筆頭が鳥居みゆきの本って、何なの?って感じ。品揃えもオープンしたてというマイナス面はともかくとしても、後発なんだから、もっと頑張らないと。

楽天のレビューには、ものすごい酷評の数。専用ソフトが上手く作動せず、セットアップできないとか、サポートの対応が悪いとか、本体の性能とはあまり関係のないところでの批判が多い。

また、画面が黒く反転することに対する批判もあったから、今回の販売キャンペーンで、電子ペーパーを使った電子書籍リーダーに関心がなかった層まで、幅広く客層に取り込んだ功績は大きいとは思うけど…。

しかし、逆効果だったんじゃないの、という残念な感じ。楽天そのもの評価が下がるのはともかく、電子書籍がキワモノ的なものにとどまってしまうことに貢献してしまうとするならば、残念。
koboとReader

今のところ、ソニーのリーダーから乗り換えるどころか、併用する可能性も極めて小さい。使うことがあるとしたら、アップデートで、マークする操作が簡単にできるようになり、欲しい本が他のブックストアよりも早くあるいは安く販売されるとかしないと…。

結局、本体の値段は、安かろう悪かろうを体現した結果となってしまったようだ。楽天はkoboの販売に力を入れていたみたいだけれど、今のところ、失敗?って感じがする。結論は出すには早いけど、相当の挽回が必要ではないかと。
タグ:グッズ感想
posted by K2 at 17:05 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/20 Fri

他人嫌いは自分嫌い

できない人は、どうしてもできない。でも、できない人でも、やらなければならない。でも、できない。だから、その後始末を誰かがやらなければならない。それって、俺がやるの?って感じの状況。

自分も以前よりはだいぶ丸くはなったと思うけど、自分の弱さを隠すため、相手を威圧してしまうクセがある。クセというよりも、感情を抑えることができない自分のだらしなさではあるのだけれど。

しかし、無理に抑圧しすぎると、そのうち自分を抑えられなくなり、もっとひどいことになるので、少しくらいはしょうがないかもしれない。また、自分は自我が柔軟ではなく、心が狭いので、周囲の人にそういう人間だと知ってもらわないと、周囲からの影響を自分の内側に抱え込んで辛くなってしまうかもしれない。

大人になりきれない自分って、嫌だと思うし、変えたいとも思うけど、なかなかなぁ。こういう自分の攻撃性って、弱い自分にとっての自己防衛だからなぁ。自己防衛があまり過ぎると、大人になることを阻害してしまうということはわかってはいるけど。

まあ、いいや。こんな自分からは逃れられないのだから、あとしばらく、適当に付き合っていけば。他人嫌いは自分嫌いってこういうことかもね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/19 Thu

大貧民

大貧民というトランプのゲーム。子供頃、特に、中学生くらいの時、友達と良くやった記憶がある。トランプゲームの中では、ナカナカ面白い気がして、まあまあ好き。

このゲームに娘がハマっている。娘の場合、大富豪というらしい。どっちでもいいけど。しかし、娘も、もうそんな年かと思う。面白いらしく、毎日やりたがる。勉強はどうなっているんだ、と。

そして、このゲームを通じて、娘の成長を感じることがもう一つ。以前は負けると大泣きだったけど、この頃は、負けても楽しそう。勝つまでやめようとはしないけど、泣かないなんて、いつの間に大人になったんだって感じ。

テレビゲームも悪くはないけど、やっぱり、こういうカードゲームをわいわいやるのも、イイよねって感じ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/18 Wed

おきみやげ

前任者のおきみやげの仕事の対応を考える。まったく…って思う。以前なら相当腹立たしかったけど、今はそうでもない。もうあきらめたからだろう、きっと。大人になるって、ちょっと寂しい。

朝方は下らない話をする。話を聞いて、やめとけば良かったと、嫌になったけど、きっかけを作ったのは自分。ということは、自分がこういう話をしたかったのだろうと、あきらめる。

話では、得意の持論を展開。なんか、良いことを言っているような気がして、ちょっとだけ、気分が高揚するけど、そういう自分を、あーぁって思う。何なんだろうと。こんな下らないことを話して、得意な気分になるなんて。まったく、どうかしてるぜっ、て感じ。

それにしてもやたら眠い。6時間睡眠を続けているけど、眠いとは仕事が大変なせいかもしれない。年のせいかもしれないけど、これもきっと、前任者のおきみやげのせい、ということにしておこう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/17 Tue

最近の塾って凄い

娘が模試を受けた大手某進学塾。インターネットで登録すると、娘が記入した答案用紙をPDFファイルで見ることができる。凄い。さらに凄いのが、問題の解説を先生が映像付きで解説してくれるところ。それも間違ったところだけを説明してくれる機能付き。

そのうえ、復習問題もついて、それをヤルとコインがたまるというゲーム感覚。子供のヤル気をくすぐるしかけが満載。合否判定もネットでいち早く出るし。

スゲーなぁ。インターネットの有無でここまで違うとは。他の塾のサービスは見ていないけど、きっとこういうことで、競争しているだろうなぁ。

しかし、インターネットがあると、塾も校舎がいらなくなるんじゃね? という感じがするけど。だって、人気の先生の講義が自宅のパソコンで見られるのだから。子供の頃、超ど田舎に住んでいた、頭の良くない自分にはうらやましい限り。

とはいえ、やっぱり一人で勉強するのは寂しいだろうから、うちの娘には自宅でネットを見ながら勉強というのは無理かも。友達とおしゃべりしながら勉強するタイプだし。まあ、人によって合う、合わないがあるんだろう。自分も、家では勉強する気にならないから、わざわざ講義を聞きに行くという行為はなくならないかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/16 Mon

死んでるような日

昨日もそうだったけど、今日も死んでいるような日だった。生きているという実感がない。何故かと言えば、大してやりたいと思っていないゲームで時間をつぶしたからだろう。

昨日から今朝までポケモンゲームで時間をつぶしてしまった。ポケモンは非常に良くできたゲームだと思うし、ゲームを否定する気はないけれど、時間がかかる半面で麻薬性というか、常習性というか、中毒というか、やめられなくなる。

何故だろう。自制心の問題という気もするけど、人間の弱いところに刺さってしまうものなのかもしれない。そして、どれだけ時間をかけてプレイしたとしても、やらされてる感が強く、それがまた、生きている感じがしない原因なのかもしれない。

ゲームのことを悪く言う人がいて、それはそれで、おかしなことだと思っていたけど、こういう体験を改めてすると、ゲーム否定を強ちおかしなことと言い切れないような気もしてきた。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/15 Sun

ポケモン三昧

今年もポケモンの映画を見に行った。さすがに娘はポケモンへの興味を失っただろうと思いきや、我慢していたとのことで、結局は見たかったようだ。

今年も、当然のごとく前売りを買って、幻のポケモンをゲット。映画館でもゲット。映画がみたいというよりは、ポケモンが欲しいから映画に行くような感じ。映画の方が付録的な扱いのような気がする。

その映画は今年は、面白くなかった。ストーリーが単純で、時間も短い。だから、さらなるショートストーリー映画との2本だて。正直言って、どっちもツマラナイ。娘も同じ感想。

年齢的には小学校低学年まで落っこちた感じ。従来が難しかったということなのか。それとも、来年以降の伏線なのか。

今年は朝イチでかぶりつきで行くようなことはせず、昼に言って、午後4時くらいの座席を確保し、昼ご飯を食べてちょうど良い感じ。それで真ん中の特等席をゲットできた。席は良かったけど…。

帰宅してからはゲームの「ブラック2」をエンディングまで、夜通しやってしまった。なんか、学生みたいな時間の使い方。大丈夫か、これで。仕事、体が心配。なんか、金曜日から堕落している。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/07/14 Sat

『包丁人味平』

包丁人味平 全12巻セット (集英社文庫―コミック版) [文庫] / ビッグ錠, 牛 次郎 (著); 集英社 (刊)
やっぱり二日酔いできつい。気持ち悪くて、体を起こしていることが辛い。おなかは空いているのだけれど、食べる気がしない。自業自得とはいえ、二日酔いはいつものことながら、体も、精神的にも辛い。

こんな日にはテレビをみるか、マンガを読むしかないのだけれど、今日はマンガ。私が料理マンガで一番好きな『包丁人味平』が電子書籍で販売され、思わず大人買いしてしまった。全23巻のうち、1巻と14巻が期間限定でタダだし。

大学生くらいのとき、全部そろえ、何度が読んだ記憶があるのだけれど、古い本は捨てられる運命。久しぶりに読んでみると、やっぱりおもしろい。純粋に料理の味を追求するのではなく、包丁を使っての奇想天外な勝負とか、デパートの集客を左右するカレーの味くらべとか、現実にはあり得ない話ばかりだけど、これが妙に好き。

自分にとっては、『美味しんぼ』なんかよりもずっと好き。味がどうのこうの、という問題を超越した設定。それでていて、未だにこの本で読んだことが、私の料理の知識を基礎になっているという事実。ひょっとして、自分的ナンバーワンの漫画本って、『包丁人味平』かもしれない。
タグ:日記 マンガ
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。