2011/05/31 Tue

臨機応変を目指す

仕事でようやく一難去るメドがついたけど、まだまだ困難は続く。日本そのものが危機的状況だから、どんなことが起こっても不思議ではないけど、それでもなぁ…。この未曾有の事態にどう対応するのか。先は全然見えない。

日本はこれまでいろいろな問題を先送りし続けてきたツケが一気に噴出している気がする。そして、今の政治の状況を見ていると、乗り切れる気がしない。もう経済的な大クラッシュを受けて、それで立ち直っていくシナリオしかないのかもしれない。

私はといえば、3月11日の大震災で、ヘンに吹っ切れたというか、諸行無常が身にしみたというか、もう考えても仕方ないやという気になってきている。小賢しく保身に走ってもあまり意味がない。いろいろ考えて不安になるくらいなら、臨機応変に行動できるよう、自分を鍛えた方が良いだろう。

もういいじゃないか。別の誰かに縛られ過ぎる自分でなくても。どうせこの世は一寸先は闇。これから先、どうなるかなんて、誰にもわからない。だったらクヨクヨ考えずに、起こったことにあわてず、適切に対処できるようになりたい。
タグ:日記
posted by K2 at 23:34 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/30 Mon

テレビで見て一目ぼれ

KOKUYO F-VBF121-2 ペンケース〈NEO CRITZ) グレー
土曜日の夜、テレビを見ていたら、コクヨのペンケースを紹介していた。ペンケースが直立し、ジッパーを下げるとペンスタンドになるという物。機能に弱い私としては一目ぼれせざるを得ず、早速ポチしてしまった。一緒にネットで物色していた娘は大人が使いそうなより、ちょっと値段高めのタイプが欲しいというので、あわせて注文した。

そしてその商品が今日届いた。想像通り、ナカナカ良い。これは使えそうだ。消しゴムとか、ボールペンの替え芯も入れられそう。デザインというか、カラーバリエーションはイマ
KOKUYO F-WBF115YR ペンケース<WiLL STATIONERY ACTIC>ペンスタンド式オレンジ
サンだけど、グレーならギリギリ許容範囲。

娘も気にいったようだ。収容能力はそれほどないけど、しっかりしたつくりで、所有欲をくすぐられたみたい。

しかし、親子して、こういう物でウキウキしてしまうとは。やはり血は争えないのう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/29 Sun

放っておくと、お金が足りなくなる

家計管理を担当しているけど、普段面倒くさいから、まとめて記録をつけている。今日、それをやり、決済の手続きをネットでしていたら、たっぷり2時間以上かかってしまった。

時間がかかったのは、記録の間違いの修正に時間がかかったから。毎日コツコツと記録していれば、こういうことは起こらないのに、ズボラな性格が災いしている。

当たり前のことが何故できないのだろう。もちろん家計管理なんてやりたくないから。管理しないといけないのだろうか。お金が足りなくなるのだからやっぱり管理しないといけないのだけれど、面倒くさい。

どうやら人間って、放っておくと、財産が足りなくなるようにできているのかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/28 Sat

ラダーシリーズ3冊目を読み終えた

英語の多読、速読教材、ラダーシリーズ。ソニーリーダーで販売が開始されたのを機に、レベル1から始めてみたけど、今日、3冊目となる『アインシュタイン・ストーリー』を読了した。専門用語がたくさん出てくるので、読むのに骨が折れるけど、まずまず面白い。

しかし、このラダーシリーズ、「はじめに」で<多読では、「1.速く 2.訳さず英語のまま 3.なるべく辞書を使わず」に読むことが大切です。スピードを計るなど、速く読むよう心がけましょう>とある。多読、速読では当たり前なのかもしれないけど、私の実感では意味が良くわからずに読み飛ばしても、できた感というか、成長している実感が得られない気がする。

だから、このアドバスを無視して、じっくりと、意味がわかるまで、辞書を使って読んでいる。これでいいかどうかは不明だけど、まあいいだろうと。意味も発音もわからずに速読しても、多分身につかないとこれまでの経験で思うから。すると、今日、読んだ『イングリッシュモンスターの最強英語術』という本にこうあった。

 速読力をつけること自体には、早道はない。よく英語上達の秘訣として、「日本語を訳さず、英語を英語のままで理解すること」があげられているが、心がけ次第で上達できるなら、誰も苦労しない。
 時間をかけ、毎日毎日、英文と格闘しているうちに、だんだんと日本語に頼らず理解できるようになるんだ。

やっぱりそうだよな、と思った。多読というと「わかんなくてもいいから、とにかく速く読め。面白くなかったら、その本はやめて、別の本を読め」という感じだと思うけど、これってやっぱり、お手軽、簡単系で、飛びつきやすく、あきらめもはやいというヤツですな、きっと。

ということで、ラダーシリーズのアドバイスに背いて、自分の納得する方法でマイペースにやれば良いと意を強くした。スピードを意識するのはやっぱり意味が分かってからだろう。人それぞれレベルが違うから、多読の方法も違って当たり前だと思うのだけれど、なんで一面的な方法しか紹介してくれないのだろう。甘い言葉にはご用心ですな。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/27 Fri

精神論、まったく心に響かず

職場でよく精神論をヒステリックに強調する人がいるけど、全く心に響かない。反論すると反発される恐れがあり、面倒くさいから、みんな黙っている聞いているけど、本心ではどう思っているのだろう。

物事を改善するための具体策を出し、問題解決に向け自分が率先して行動しようというのなら、応援しようという気になるけど、気合いを入れろというだけじゃなぁ。

こういう人は自分の不安を他人に分散しているだけだと思うけど、どうなんだろ。まあ、かくいう私も熱くなると泰然自若とはしていられず、周囲の人にはみっともない人と見られているような気がする。

人の振り見て我が振り直せとはいうけど、自分の小心な性格にかかわるところについてはなかなか直せない。少しずつでも直すよう努力していくしかないのだろうけど。
タグ:日記
posted by K2 at 22:53 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/26 Thu

心の底から喜んだ人を見た

会社で心の底から喜んでいる人を見た。こちらも笑顔になるくらいの喜びようだった。自分の娘以外であんなに喜んだ人を見たのはかなり久しぶりかもしれない。よかった、よかった。

しかし、問題はこれからだろう。この喜びのもとになったことも、最悪の事態を回避できただけにすぎず、まだ危機は続いている。来週にはなんとかなるかなぁ。なると良いなぁ。

それにしても気づまりな日々が続く。今日は、さらに社外の人にプレッシャーをかけられ、気が重くなる。なんか、このごろプレッシャーに弱くなっている。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/25 Wed

不動産価格の下落、一過性? それとも構造的?

日経新聞のネットを見ていたら、「東京から消えた 15万人の修学旅行生」という記事があった。要するに原発問題が不安だから、わざわざ東京に行くことはないと…。その代り、大阪や神戸がにぎわっているらしい。

まあ、私も小学生の子どもを持つ親だから、この気持ちは良くわかる。妻は未だに洗濯物は外に干さないし、子どもの飲み水はミネラルウォーターのみと徹底している。少子化で子どもの価値が高まっていることもあり、子どもをリスクにさらさないというのは、親として当たり前の感情だろう。

しかし、こうなってくると、関東の不動産価格って、その水準が構造的に低下するかもしれないという気がする。私の自宅近所にある超人気とされていた中古不動産物件も震災直後の販売開始から現在に至るまでネットにさらされている状態。300万円ほど値下げしてもまだ売れない模様。平時なら瞬間蒸発なハズなのに…。

修学旅行で東京を回避した学校の子どもはどう思うだろうか。多分、東京圏は汚染された地域というイメージがすりこまれ、大人になっても積極的に東京に出てこなくなるような気がする。特に大阪地区や名古屋地区といった地方の大都市圏の子どもの地元志向が強まりそうな気がする。

もしそうなれば、東京圏の不動産需要はやっぱり、構造的に減少するだろう。人口の地方分散が進むことで、経済全体にどんな影響が出るのかは良くわからないけど、住む人が少なくなることは不動産価格にとっては疑いようもないマイナス要因だろう。

現時点では今の状況が一過性なのか、構造的なのかは良くわからない。東京への修学旅行を控えるような状況が何年も続くようだと多分、構造的な問題になると思う。個人的には、ディズニーランドとディズニーシーの合計来場者数が注目点のような気がする。今年、ガーンと落ちて、来年以降回復しないようだと、やっぱり不動産の価格も戻らないかもしれない、という気がする。
タグ:日記 不動産
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/24 Tue

超久しぶりに出張

すごく久しぶりに出張。朝寝坊して、早く帰宅する。これが良い。昨日からちょっと楽しみだった。しかし、実際に新幹線に乗るとやはり疲れる。まだ着かないかなぁ、と思う。出張が続いていた時はそれほど気にならなかったけど、久しぶりだと辛い。

やっぱり出張が嫌いなのかもしれない。震災前は良さそうな飲食店を探して行ってみるというようなこともしていたけど、そういった楽しみがないと、辛さが勝ってしまう。

もっとも、今年は出張があと1〜2回あるかどうかだろう。状況が変わらなければ…。変わるかもしれないけど…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/23 Mon

歓びのある不安と退屈な安定

今年はパラダイムシフトの年だと思う。東日本大震災で世の中の価値観が変わりつつあるような気がするし、変わっていかないとこれから先、生きていけない気がする。

自分の周辺でも会社を取り巻く環境が激変し、これまでの価値観が通用しなくなってきている。従来方式に慣れきった自分には結構つらい。

しかし、こうした状況は、前向きにとらえれば、これから良い方向に進むためのカンフル剤だとも思えなくもない。世の中全体、自分の会社ともに強い閉塞感を感じていて、何をやっても無力感があったけど、強制的に困難に立ち向かわざるを得なくなったことで、みんなが新しい価値観を受け入れやすい状態になっている。ここで、方向性を間違わなければ、きっと、その方向に向かって動き出すだろう。

もっとも、こうした方向性が正しいかどうかは誰にもわからない。いや、正しいなんてことはなく、結果的に失敗したと思っても、今は困難に向かって行動していることが、心地よいだけなのかもしれない。

岸田秀によれば<人生には、つねづね不安で、ときおり歓びがある時間と、安定しているが、退屈でつまらない時間とのいずれかしかないように思われる。歓びに溢れた安定した時間なるものは存在しない。この二つの時間は疑いの余地なく二者択一である>ということだけど、これが身にしみる。今は疑いようもなく「つねづね不安で、ときおり歓びがある時間」だ。

歓びのある不安か退屈な安定か。「歓びのある安定」がないのだとしたら、いろいろ考えても仕方がないのかもしれない。現実を受け止め、その中でもがいていくしかないのかもしれない。やっぱり人生に逃げ場はないのかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/22 Sun

やっぱり自分って、子ども

自分は成熟の足りない人間だと思う。今日もそう思った。自分の時間がなくて悲しくなったから。

朝起きて、午後10時まで自分1人の時間なし。平日は仕事で拘束され、休日は家族に拘束され、なんか息が詰まる。人生ってこういうものかもしれないけど、本当に嫌でイライラする。やっぱ自分って、子どもだわ…と。

そのうえ、家族から同じことを何度も言われ、ヒリヒリする。無神経に感じ、腹が立つ。やっぱ自分って、子どもだわ…と思う。

これじゃイカンと思いつつも、なおらない。もうこれは自分の病気なのだろう、と思う。周りの人は迷惑かもしれないけど。自分でもわかっているから、友達はいないけど、家族はどうしようもないから。スマンな…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/21 Sat

ソニーリーダーでラダーシリーズを始めてみる

20日金曜日からソニーリーダーの専用リーダーストアで「ラダーシリーズ」の販売が始まった。<ラダーシリーズとは、使用する単語を限定して、やさしい英語で書き改められた、多読・速読に最適な英文教材です>とのこと。

快読100万語!ペーパーバックへの道 (ちくま学芸文庫)
やさしい英語から始まって多読することで英語力を付ける方法は『快読100万語!ペーパーバックへの道』という本を読んで試してみたことがあるけど、身に付かなかった。英語圏の子ども向けの本を読めということだけど、正直いって面白くなかったし、これだけで英語が身に着くとも思えなったし、当時は英語に取り組む姿勢もそれほど切迫していなかった。

それなのにまた始めてみる気になったのは、「ラダーシリーズ」が面白そうなことに加え、これはソニーリーダーにあった教材のような気がしたから。リーダーは英語の辞書が付いているので、サクッと意味を調べることができるし、わからない単語の単語のマーキングも簡単。マーキングの一覧、検索も簡単で、後で単語のメモ帳をつくる時も便利そう。それになんといっても本がたくさんたまらないのが良い。

試しにと思い、もちろん、一番やさしいレベル1の『ガンジー・ストーリー』を購入、早速読んでみた。簡単な単語ばかりだけど、意味をとりながら読むのは結構骨が折れる。音読しながらだったし。本来はじっくり読むべきではないのだけれど、以前の経験から、スピード重視で読んでも身につかない気がしたから。まあ、スピードを考えるなら、2回目以降に読む時だろうと。

この「ラダーシリーズ」が良いと思ったのは、内容が面白いこと。以前、ペンギンブックスとかの幼児向けの洋書を読んだときは、内容が全然頭に入ってこなかったし、記憶にも残っていない。それに比べてガンジーは面白かった。ガンジーの名言や世界史に詳しくない自分にとって初めて知ったこともあ。先を読んでみたくなる内容だったから、1日で読めたのかもしれない。

勢いにのって、リーダーストアにある「ラダーシリーズ」全部読みしてみようと思い、『ピーター・パン』を購入した。今回は途中で挫折しないで完走したい、と思う。
タグ:日記 英語
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/20 Fri

世の中そんなに甘くない…

個人的には意外に何とかなるかな、と思った弊社の大イベント。やっぱり、甘くないようだ。結構きついかも。なんでこんなダメなんだろう。わかっていたけど、改めて現実を突き付けられるときついものがある。

そのせいか、性格がきつくなっている。気をつけようと思っても、他人からみて、焦って、余裕がないのがミエミエだろう。こんなんじゃダメだと思いつつも、自分を買えることができない。

しかし、焦っている自分の一方で、緊張感の乏しい人とのギャップもきつい。まあ、関係ない人から見ればなんだかなぁという気分になるのもわかる。かつて自分がそうだったから。

でも、だったらやってみろとも思わない。焦ってない人は焦ってない人なりに疎外感みたいなものも感じていると思うから。かつて自分は感じたから。

速く時が過ぎて欲しい。6月中旬には何とかなるとは思うけど。まだ先は長いなぁ…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/19 Thu

忙しい時ほど、落ち着かねば

いろいろと仕事があり、忙しい。こんなに忙しいのも久しぶりかも。朝早く、夜遅い。ご飯を食べる時間もほとんどない。今、頑張らねば1頑張るのか、という感じ。

でも忙しいおかげで、アドレナリンが出ているみたい。あまり疲れた感じがないし、興奮しているみたい。仕事が終わると妙な心地よさがある。

こういう状態で気をつけなければならないのが、態度が大きくならないかということ。忙しいと何でも許されるような気になって、他人が不愉快な思いをすることが多いから。

ただでさえ、不愉快に思われているに違いないけど、それがパワーアップしてしまったら、大変。こういう時こそ、気持ちを落ち着かせなければ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:24 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/18 Wed

年とった

仕事で忙しいけど、娘が愛想よく接してくれるので、本当に幸せ。小学5年生だけど、大人になっても変わらず接してくれると嬉しいのだけれど。

しかし、子どもがちゃんと成長してくれていること以上の幸せってないのかもしれないと感じる。そういう自分に年を感じる。

今年に入って、両親が一気に年をとった感じを受け、そこでも自分が年とったことを感じる。気持ちは全然大人になっていない気がするけど…。

これで、もっと体にガタがきたら、もっと、年とったという感じが強くなるのだろうなぁ。間もなくなような気がする。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/17 Tue

英語力はついてきたか?

今日も仕事で無茶苦茶疲れる。人に自分の意志を伝えることの難しさを思い知る。自分の身に降りかかってくる可能性のあることなのに、その危機意識が共有できていないようだ。まあ、そうだよなぁ。しゃあないか…。

ところで、日曜日に「やっぱ、難しいわ」と思ったロゼッタストーンのレベル4。ユニット1から始めるべきところを間違ってユニット4をやっていたようだ。このソフトは除々に難易度が上がっていくから、それで難しく感じたのだと思われる。

ユニット1は若干聞きとりにくいところはあったものの、それほど難しさは感じることはなった。まあ、ユニット4でも「でも、なんとかなるか」と思ったから、ひょっとしたら、自分の英語力が上がってきているのかもしれない。

思えば、昨年の8月からスタートし、明日でちょうど9カ月。少しくらいわかるようにならないと張り合いがない。しかし、本当に英語力が上がったかどうかよくわからない。TOEICを受けてみようと思い始めている今日この頃。
タグ:日記
posted by K2 at 23:14 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/16 Mon

何故か二日酔い

何故か二日酔い。昨晩そんなに飲んだつもりはないのに、アルコールが残っている感を強く感じ、朝起きても少し酔っている感じ。

よくチャンポンは良くないというけど、あれは飲みすぎるからだと思っていた。ところが、昨日、缶ビール500mlと赤ワインハーフボトル強くらいしか飲んでいないのに、この状態とは。体調も関係あると思うけど、ちょっとひどい気がする。

おかげで今日は仕事にならず、早帰りして、早寝。しばらく、アルコールは飲みたくないかも。しばらくだけど…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/15 Sun

改めてロゼッタストーンのレベル4、手ごわい

今日、英語学習ソフト、ロゼッタストーンの2回目のレベル3が終わり、レベル4に突入した。改めて手ごわい。何言っているのか、わからない。

レベル3までは片言の英語を何とか話せるまでにはなりそうだけど、ネイティブスピーカーが普通に話して聞き取れるようになるかと言えば無理だろう。レベル4以降は多少それに応えてくれるのかもしれないと改めて思った。

しかし、本当にわからない。何度も聞かないと何言っているかわからない文もあるし、何度聞いてもわからない文もある。

でも、学生じゃないから、受験が迫っているわけではないし、焦りはない。もっとも、それは幸せなことなのだろう。TOEICで800点とらないと偉くなれないってわけとかではないから…。でも、そのうち、そうなるかも。

そうなった場合、死ぬ気で英語を勉強するか、偉くなれなくてもいいと開き直るか、まだ気持ちが固まっていない。
タグ:日記 英語
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/14 Sat

娘のテストの点数が良くなってきた理由

今日は出勤せざるを得ない日。仕事が貯まっていて、2つ片付けたけど、あと1つ残っている。それにやっぱりテンションが高めで、仕事の最中、他人に対してイライラしてしまった。ストレスの発散でもあるのだけれど、もっと別の方法で発散させる方法を見つけないと大人げない。

さて、帰宅して、久しぶりに娘とたくさん話をすると、通っている塾の週1回あるテストの結果が、今週は良かったらしい。ひいき目にみても、勉強ができる方ではないのだけれど、友達に引っ張られて上昇するタイプだから、塾通いは正解なのかもしれない。

しかし、それ以外にも理由があるのではないかと、娘と話した。ひとつがゲームがしたいから、勉強するということ。ゲームの前には塾や学校の宿題、復習をすることを義務付けているのだけれど、任天堂Wiiのマリオカートが大好きで、そのために何も言わなくても勉強している。

それと4月に入って届いた浜本工芸の学習机が思いのほか気に入っているということ。そこに座っていたいから、勉強の苦痛が和らぐ面もあるのではないかと。

ともあれ、勉強ができるようになってきたのは親として素直にうれしい。自分の娘なのに…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/13 Fri

めっちゃ忙しかった

13日の金曜日。めっちゃ忙しかった。昨日に続き、今日も1日1食。次々と出てくる新たな仕事。忙しい…。しかし、忙しいことで、ちょっと興奮状態にあるようだ。若い時のような勢いを感じる。こういう時は気をつけないといけない。気分が高揚して、気持ちはいいのだけれど、ピークアウトした時の落ち込みが心配だから。

もっとも、忙しいと読書とか英語の勉強とか、普段やっていることができない。そのうえ、ストレス解消とばかりにアルコールをがぶ飲みし、おつまみで幸せになってしまう。これも後が心配。

こういうお祭り気分は短期間で終わらないと、体が心配になってしまう。ストレスがたまるとどうしても食に逃げるタイプだから…。

タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/12 Thu

自分の判断基準

自分の判断基準。それは自分の心の平穏が保てるかどうか。いろいろともっともらしい理屈をつけても、結局はこれ。しかし、この判断基準が案外良い結果につながるような気がする。

例えば、何かを逃れるためにウソをつけばその場がしのげるとする。しかし、そのウソがばれないか、気になって不安になる。それが嫌だからウソをつかないことを前提にどうするかを考える。結果的にウソをつかないので、ウソがばれてひどい目にあわずに済む。

また、それをやることは面倒くさく、対人ストレスもあるけど、それをやらなかったがために出し抜かれたりすると、凄く後悔することになり、気分が悪い。だからやる。すると、その時は大変だけど、気分はすごくスッキリする。

自分のために、というとあまり良いことのようではない気がしてしまうけど、自分の欲ではなく、不安解消を動機にすることって、結構いいことなのかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。