2010/08/31 Tue

娘にほめられる

8月18日からロゼッタストーンでの英語の勉強を開始して以来、いまのところ、ほぼ毎日勉強している。気がつくと明日で2週間になる。現在、レベル1のユニット3の4に突入した段階。途中発音で苦戦しつつも、今のところ、挫折していない。

というか、今日娘から「お父さん、英語上手くなったよね」とほめられた。多分、横で聞いていて発音が良くなってきたのだと思う。娘もロゼッタストーンをやってみて、ダメだしされた時の辛さを味わっているから、1発でクリアーすると、スゴイと思うらしい。

例え、娘からとはいえ、ほめられるのは素直にうれしい。このところ、発音であまりつまづかなくなってきており、なんとなく手ごたえ見たいなものを感じる。「習うより慣れろ」というけど、この学習ソフトはそれがやりやすい気がする。

このまま、続けていけば、なんとかなりそうな気がしてきた。ちょっとワクワク。
タグ:日記 英語
posted by K2 at 23:46 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/31 Tue

カレー記録(2010年8月)

8月に食べたカレーのリストと短評。

続きを読む
posted by K2 at 23:29 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/30 Mon

投機をする会社への投資は投機である

改めて気付いた。投機をする会社への投資は投機であると。必然的にそうなる。何をあたり前なと思うけど、私は投資する際には会社がやっていることが投機であると見抜けない、あるいは見て見ぬふりをしたいと思っていたようだ。

今日ある人から「この会社どう思う」と聞かれ、調べてみた。なんだか良くわからない動きをしている会社だけれど、要するに他の会社を買収して大きくなろうとしているようだ。しかし、その買収の狙いが良くわからない。結局、この会社のオーナーはマネーゲームをしている感じだった。

聞いてきた人はこの会社に資金を出そうかどうしようか迷っていた。数年後に資金が戻ってくるかどうか、良くわかないという。もちろん、戻ってくる可能性はある。経営者が事業を継続する気があるのなら。しかし、投機をしようというのなら、話は別だ。結局、投機をしている会社に資金を出すことは自分も投機をしているようなものだ。それをわかって資金を出すなら問題ないけど、会社のやっている事業に目をくらまされてしまう。

例えば、その会社が小売業の会社を買収しているのなら、小売業の会社と考えてしまうけど、もし経営者が大きなリスクをとって売却益を狙っているとしたら投機だろう。小売業だと思って資金を出すと、とんでもない気分になるかもしれない。

結局、私に聞いてきた人がその会社に資金を出すかどうかはわかないが、投機だと納得して出すのであれば問題ない気がする。そういうことを感じた日だった。
タグ:日記
posted by K2 at 23:45 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/29 Sun

知らなかった…

昨日中に実家での用事が済んだので、翌日早くからの仕事の準備のため帰京。午前7時に出発し、渋滞のない道を一度も休まず走ったら、午前10時についてしまった。しかし、長距離運転と寝不足で体はかなりきつい。仕事の準備も頭に入ってこない。仕方がないので、うたたねして少しは回復したけど、いつものスッキリ感が乏しい。これは根本的に回復を図らないとダメかもしれない。

ところで、新潟名物へぎそばの「小嶋屋」のことが気になって、調べてみた。新潟市内で食べたお店と、昨日食べたお店では系列が違うのだろうなぁ、と思っていたけど、案の定だった。小嶋屋には「小嶋屋総本店」「越後十日町小嶋屋」「越後長岡小嶋屋」の3系統があるらしい。十日町駅からちょっと離れたところにあるのが「総本店」、十日町の市街地にあるのが「越後十日町」、長岡にあるのが「越後長岡」という感じ。多分、これまでの人生において、すべてのお店で食べたはずだが、ふのりを使ったコシの強い麺のお店ということで、微妙な違いは覚えていない。

この前、新潟市で食べたのが「越後十日町」、昨日食べたのが「総本店」。個人的には総本店の方が好きかもという感じ。このそばは海苔をかけて食べたほうが圧倒的に美味いと思うけど、「越後十日町」の方には海苔をかけるメニューがそもそもなかった。よくよく思いだすと、「越後十日町」の方は昔からつゆがもっと濃い方がいいのになぁ、と思っていた気がする。「越後長岡」では多分、何十年も前に食べた記憶があるけど、麺のコシが強くて、兄弟がのどに詰まらせたということを覚えているだけ。

グーグルで「小嶋屋」検索すると、総本店がすぐ出てくるから、他のお店がフランチャイズかと思ったりしたけど、よくある兄弟で別々になっちゃったという類の話しらしいね。紛らわしいけど、いろいろあるのは面白いかも知れない。こうなったら「越後長岡」でも食べて、小嶋屋制覇をしてみたい。
タグ:日記
posted by K2 at 22:45 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/27 Fri

緊急帰省

人生の分岐点に向けて緊急帰省。自分のややひねくれた気持ちと両親の気持ちとの違いに気づき、ちょっとうたれる。実家のことは地元にいる兄弟に任せておけば良いとおもったけれど、そういうわけにはいかない模様。ありがたいと同時に責任も感じる。

千年の湯
さて、せっかくの機会なので、一人でプチ観光。十日町に行き、温泉とへぎそばを食べる。温泉は「千手温泉 千年の湯」という入浴施設。入浴料は大人500円でタオルセットが100円。茶色がかった源泉そのまま楽しめるらしく、お湯の質がウリの模様。ただ、観光施設というよりは、市民の憩いの施設という雰囲気。お風呂は外風呂と内風呂がひとつずつあるだけで、ものすごく広いという訳でもない。温度は熱めで、長く入るのはちょっとしんどい。岩風呂と桧風呂があり、日によって男湯と女湯を変えている模様。

土曜日の午前10時過ぎに行ったけど、地元の人で結構混雑していた。隣にプールも併設しているけど、この温泉施設は私の娘向きではない気がする。都会に暮らしているとどうしても小ぎれいなところを好むようになるから。

小嶋屋総本店
この後、へぎそばを食べようと思い、この前あまりの行列に断念した「由屋」に行こうかと考えたけど、この温泉施設のすぐ近くに「小嶋屋総本店」があることが判明し、底に行くことにした。10年くらい前に行ったことがあるけど、多分、場所も雰囲気もすっかり変わってしまった模様。周りは田んぼだけど、建物は新しく、都心にある小ぎれいな雰囲気。周辺の雰囲気とのギャップがすごい。

天へぎ(1417円)のへぎそば
この前、新潟市内で別の系列と思われる「小嶋屋」で食べたけど、私の好みとしては「小嶋屋総本店」の方が好き。こちらの方が、そばの味がしっかり感じられ、つゆも塩梅が良い気がする。薬味にワサビのほか、カラシがつくのへぎそばの特徴で(そういえば総本店じゃないほうの小嶋屋ではカラシはついていなかった)、カラシ用に別のつゆちょこを出してもらった。へぎ天そばを食べたけど、てんぷらの衣はややもっさり系。へぎそば二人前でも良かったかもしれない。

たまに一人で行動するのもいいかもしれないと思ったけど、いつもだとつまんないかも。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/27 Fri

生き残るチャンスはあるのか?

街場のメディア論 (光文社新書)
内田樹先生の『街場のメディア論』を読了した。おもしろかった。私はメディアで働いているわけではないけど、私のような仕事をしている人も心して読むべき本だと思った。内田先生の本は何かしら気付かせてくれることがあるような気がする。またいろいろと読んでみたくなった。

ところで、この本の最後の方に<…現実から眼をそらしたり、くよくよ後悔したり、「誰のせいだ」と他責的な言葉づかいで現状を語ったり、まだ起きていないことについてあれこれ取り越し苦労をしたりしている人間には、残念ながら、この激動の時機を生き延びるチャンスはあまりないと思います>とあった。これだけ読んでも大したことは言っていないように感じるけど、それまで先生の意見を読んできて、最後にガツンとやられた感じ。だって、この生き残るチャンスがあまりないような人間って、まったく私自身のことだと思ったから。

去年から今年にかけて、他罰的な人に悩まされた際にまったくこういう状態だった。自分の境遇を<「贈り物」だと思って>受け入れられず、結局、後になって後悔するだろうとその時も十分に判断できた行動を、我慢できずにその時とってしまった。まぁ、しょうがないと思うけど、もし、この本を読んでいたら、違った行動がありえたのかもしれない。

いや、そういう経験かあったからこそ、自分が生き残るチャンスがあまりない人間だと気付いたのかもしれない。これはこれで良いことだと思うことにしよう。気付かなければ生き残るチャンスはゼロだけど、気付いた以上、これからなんとかしようと思うことができるから。今日もいろいろあったけど、「まあ、頼まれた以上、自分がやらないとしゃーないかも」と思い少しだけ、頑張ってみようと思うことにした。これで少しは生き残る方向に向かうことができるだろうか?
タグ:日記 内田樹
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/26 Thu

purpleで大苦戦

今日もロゼッタストーンで英語の勉強中。前日の続きからと思っていたら、いきなりユニット1の復習が始まる。忘れそうになる頃に、自分で復習に戻らなくても自動的に戻ってくれるというのは、さすが。ますます、このソフトを続けていると英語が話せるような気がしてきた。

ところで、今日はpurpleの発音で大苦戦。何度言ってもクリアー出来ない。スピーチの解析ツールを使ってクリアーした時の発音とクリアーできなかったときの自分の発音を両方を聞いてみても、どう違うのかまったくわからない。rとlの発音が連続するという日本人にとっては難易度の高い単語のようだ。

何とかコツをつかんだけど、まだ3回に1回くらい割合でしかクリアー出来ない。このヤマは結構きついかもしれない。まだレベル1だと言うのに、先が思いやられる。
タグ:日記 英語
posted by K2 at 23:23 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/25 Wed

今、英語の勉強がしやすいかもしれない

昨日は円が一時83円台に上昇、今日は日経平均株価が8900円割れ、長期金利は1%を下回っている。もうなすがまま。打つ手もなし。このまま、財政破綻とかになってしまうのだろうか? そうならないで欲しいなぁ、と思うけど…。政権与党は権力闘争に忙しいみたいだし、なんとも先が見えない。

この間に生き残らなければならない企業は海外進出を加速しているだろう。だって、国内にはどんどん仕事がなくなっているから。こういう状況だと英語の勉強にも力が入る。危機感の強さは自分の能力を開花することに役立つと経験上思う。自分が一気に仕事ができるようになったのも、泣きそうになるくらい追い込まれたからだった。人間、必要がないと力が出ない。

しかし、英語がちょっと話せるようになったら、海外に行ってみたくなるだろうという気がする。仕事でニューヨークに2回行ったことがあるけど、その時は苦痛以外の何物でもなかった。1回目は英会話のできる人のそばにいただけで、1週間、何もできなかった。自分はいてもいなくても良い存在だった。2回目も同じ状態だったけど、ホテルのチェックインで何を言われているかわからず、オロオロしているうちに相手に笑われ、適当に手続きされプライドが傷ついた。基本的な会話ができないばかりに、1人で食事をするもの億劫になり、仕事の約束の時間までホテルの部屋にいた。

それがちょっとだけでも会話ができるという自信がつくだけで、大げさにいえば世界が変わるんじゃないか、という気がする。仕事上、どうしても英語を使わざるを得なくなったら、嫌でも頑張るだろうけど、その時はまた、若い頃に味わった気持ちになるだろう。

それはそれで身につくから良いかもしれないけど、できることならそうなる前に手を打っておきたい。もう若くないからね。心が完全に折れて立ちなれないかもしれないから。
タグ:日記
posted by K2 at 22:55 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/24 Tue

反省

仕事で反省することになってしまった。大丈夫だろうと思い、任せっきりにしてしまった若者の出来が良くなかった。すぐに自分がフォロー出来れば良かったのだけれど、昨日の深酒で機転が利かず、多分、会社の評判を下げる結果になってしまった。

終わったことをクヨクヨしても仕方ないけど、大事な仕事の前日に深酒をして、職務を全うできなかった自分は本当に情けない。今日のことはしっかり記憶にとどめ、2度とこういうことがないようにしたい。

なんか最近、気持ちが浮ついていて、やるべきことをきちんとやっていない気がする。こんなことでは良くないと思うから、しっかりしたい。仕事をキチンとできてこそ、遊びも充実するハズ。このままだと何もかも中途半端。

もう夏休みも終わった。その余韻に浸っていたような気もしなくもないけど、気持ちを切り替えてしっかりしないといけない。
タグ:反省 日記
posted by K2 at 22:43 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/23 Mon

最近、落ち着かない

最近、もの凄い二日酔いになることはないのだけれど、かなり飲んでしまうことがある。今日がそう。クレイジーキャッツじゃないけど、「ちょいと一杯のつもりで飲んで」という言葉が身にしみる。しかし、最近、浮ついているかもしれない。気をつけないといけない。

しかし、最近、落ち着かないのにはわけがある。不動産購入がやや現実化してきて、実家に関することについてケリをつけなければならないと感じ、その結果、この週末に1人で帰省する。いつもと違う週末を前にちょっと興奮気味。

また、会社の有志とくだらない遊びを初めてしまい、それにハマってしまっていること。こんなことやっていて良いのか、という疑問はあるけど、とりあえずこの点でも興奮気味の自分がいる。

さらに、英語の勉強にと始めたロゼッタストーンが面白く、これならひょっとして日常会話くらいなら話せるようになるかも、という期待感が強まっていること。英語で話して通じるか否かが、わかるのが嬉しい。これがこのソフトの最大のウリなんだろうね。

ということで、何かとあり落ち着かない。読書量がめっきり落ちてしまった。そのうち、今の興奮がさめて落ち着くと思うけど、早く落ち着かないと何か失敗しそう。
タグ:日記
posted by K2 at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/22 Sun

今年も娘の宿題の手伝い

来週半ばに娘の夏休みが終了し、学校が始まる。従って、この時期、宿題をやったかが問題になる。国語や算数のプリントはほぼ終了していたけど、作文と工作が残っていた。去年は自由研究でてんてこ舞いだったけど、今年の私の担当は作文。工作については、内容は手芸なので、妻にお任せ。

学校から指示のあった作文のお題は夏休みの思い出らしい。だから、この時期に書くのはやむを得ないといえる。まあ、旅行に行った後にサッサと書けばいいのだけれど、それができるのなら、わざわざ学校で教育してもらう必要もないだろう。とはいえ、作文となると、本人次第なので、どのくらい時間がかかるかわからない。最初は放っておいたら、案の定、何を書いたら良いかわからないらしく、部屋をうろうろしだした。

仕方ないので、一緒に夏休み、何が一番印象に残ったのか、それは何故か、どうしてそう思うに至ったかの道筋を順序だてて考えてやり、ストーリーを組み立てた。まあ、こうした作業は職業柄得意ではあるのだけれど、娘に勉強をさせるということを考えると、ちょっとやりすぎたかもしれない。

ただ、その甲斐あってか、娘は1時間もしないうちに書きあげてしまい、満足そう。何を書くのか決まれば後は書くだけだから、通常は書く前までに7〜8割方の作業は終了なんだよね。重要なのは書くことそのものよりも、それまでの骨格づくりだということを少しでも感じてくれれば嬉しいのだけれど…。

毎年、同じことばかりしている気がするけど、まあ、時間がたてばやりたくてもできなくなるから、今のうちにせいぜい楽しむことにしよう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:40 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/21 Sat

木曽路、大丈夫か?

木曽路
今日、久しぶりに木曽路で食事をした。木曽路って、数年前のイメージで、結構混雑している印象があったから、予約をして行った。しかし、その必要がまったくないくらいすいていた。

今日、意外だったのがサービスがちょっと変わったこと。これまではごまだれやポン酢に薬味を入れてくれていたのだけれど、今日は自分で入れてくれという。はっきり変わった点はこれだけだったけど、なんとなく、かつてよりも接客が機械的というか、どこか気持ちが入っていないように感じた。

不景気で業績が思わしくなく、店舗人員を減らしているのかなぁと思って、ホームページの資料を見たらこりゃ相当厳しそうだ。資料に載っていた範囲で見ると、経常利益は2006年3月期の35億円をピークに減少の一途で、特に2009年3月期は2億8500万円と2008年3月期の10分の1に減少した。なんか、木曽路そのものが時代の流れに合わなくなってきていたところに、リーマンショックで、いきなりこれまで溜まっていた膿がでたような感じ。

2010年3月期は売上高が前期より5.5%減少したのに、経常利益は35.5%増の3億8600万円。今2011年3月期は売上高は1.8%増、経常利益は約2.4倍の9億2000万円と予想している。今日食べた感じだと、料理そのものは以前と変わった感じはないから、経費を相当切りつめているのかもしれない。飲食店の最大の経費は人件費。会社自体は借金はほとんどなく、現預金は90億円以上もある。私が従業員で、経常利益段階では赤字でもないのに、利益を戻すために人件費を削られたらモラールが下がるだろうなぁ。実際のところは良くわからないけど。

高級店に負けないようなサービスを目指しながらも、価格は高級店よりもはるかにお得というコンセプトがこのお店のキモだと思う。そうは言ってもその辺のお店で食べるよりは高いから、景気の良い時には普段使いしていたような人が、不景気になって行かなくなってしまったということが業績悪化の一因ではないだろうか。客足を戻すためか、追加肉サービスのハガキがしょっちゅう来ていたり、確か7月くらいには創業60周年記念で、創業当時の値段でしゃぶしゃぶを提供するキャンペーンもしていたと思うけど、どの程度効果があるのだろうか。

しかし、業績が厳しいからといって、キモの接客サービスの質を下げるような方向にインセンティブを高めてしまうと、悪循環に陥ることにもなりかねない気がする。今日の雰囲気は個人的にはちょっと黄色信号のような気がする。我が家を担当した人の個性かもしれないけど、いままで俗人的な要素を感じることがなかったから、余計そう思うのかもしれない。

もちろん接客なんて、私のその時の気分で印象も変わるものだし、私の方が今までよりも木曽路に対してハードルを上げてしまったのかもしれない。だから、我が家がいかなくなる可能性があるだけなのかもしれない。それはともかくとしても、娘と妻が大好きなお店だけに、頑張ってもらいたいなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/20 Fri

いよいよ決断の時が…

かねてから狙っていた物件が売りに出そうだという話が不動産会社からきた。結構条件の良い物件で、値段もそれなりに高そう。漠然と考えていた価格より、かなり高くなりそうで、いくら借金ができるのか、本気で考えないといけなくなった。

自分の両親にも事情を話し、場合によっては援助を受けないといけないかもしれないと思い連絡してみた。予想通り、電話ではラチがあかないので、近々、帰省して直に話をしないとならないだろう。

中古であっても高額だから、すぐ売れるような気ははしないけど、どうだろうか。逆に人気で買いたくても買えないかもしれないないけど、これを機に多少無理をしてでも購入に踏み切るか、それとも、グレードを下げて無理せず購入するか、決めた方が良いかもしれない。

どのくらいの借金が妥当なのか、以前考えたけど、忘れてしまった。これを機にもう一度真剣に考え直して、決断しないといけない。親とも腹を割って話をしないといけないだろう。もうモラトリアムは許されない。
タグ:日記 不動産
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/19 Thu

あー、あせった

昨日から始めたロゼッタストーンで今日も勉強をしようと思いアイコンをクリックしたら、「2125 データベースは期限切れ」というエラーメッセージが出た。何度クリックしても同じなので、アプリケーションソフトを再インストールしようと試みたものの、同じメッセージが出て止まってしまった。

1回使っただけでこれじゃあ、英語の勉強する気もなくなるよ、とため息をつき、週末にでもサポートセンターに電話しようとか考えていたが、ふとグーグル神に聞いてみることを思い出した。「ロゼッタストーン データベース期限切れ」と入力し、ポチすると、いの一番にこのページが。

やはりこの手のトラブルは多いらしい。指示通り再起動すると見事に復活し、英語の勉強にいそしむことができた。一時は本当に焦った。やっぱり英語の勉強なんてやめようかと思ってしまった。

ところで、私の場合、パソコンを使ってのテレビ番組の録画でも同様の失敗がある。理由はいろいろあるだろうけど、今回のケースでは居間でパソコンを起動し、その後ふたをしてスリープ状態にして自室に移動し、再び立ち上げたことが原因ではないかと思うから、きっと、きちんとシャットダウンせずにパソコン本体を動かすと何かがずれてしまい、不具合が生じるのだろう。これからは気をつけよう。

さて、勉強の方はまだ集中力が続いており、1時間くらいすぐ経ってしまう。まあ、2日目だからなぁ。adultの発音が全然OKにならなかったとか、単数形と複数形の違いに意識が向いていないとか、いろいろと弱点がわかってくる。明日から気付いた点をメモをとりながらやってもっと意識化し、弱点を克服したい。
タグ:英語 日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/18 Wed

いよいよ英語の勉強スタート

ロゼッタストーン 英語 (アメリカ) レベル1、2、3、4&5セット(オーディオ・コンパニオン付属)
今日まで夏休みの有給休暇を取得し、1日自宅で体力回復。そしてこの時間を利用して、いよいよ英語の勉強を始めることにした。使用する教材はロゼッタストーン。キャンペーンの割引を利用しても7万円強。高いとみるか安いとみるかは成果次第だろう。

今日は1時間ほど試してみたけど、結構面白いかも。極めて簡単な英語からスタートしているから、ストレスは小さい。英語を聞いて、マウスでカチカチはまさにゲーム感覚。マイク付きのヘッドフォンで、他人の目を気にすることなく発音指導を納得行くまで受けることができるのはうれしいかも。簡単な言葉でも発音が悪く、なかなかOKが出ないのが凄いよ自分って感じ。まだ、こんなので少しは英語が話せたり、理解できたるするようになるのか心配だけど、これなら長くは続けられるかもしれない。

ところで、これを見ていた娘(小学4年)も一緒に始めた。1年くらい英語教室に通っていたのだけれど、英文なんて読めないはずなのに、isやareの違い、manとmenの違い、eatやreadといった英単語を理解し、何度も繰り返しながら、次々とクリアーしていっている。

これはすぐ娘に抜かれてしまうかもしれない。それはそれで嬉しいけど、自分がマスターできなかったらどうしよう。一緒に上達できると良いなあ。それにしてもこの教材、意外に小学生向きかもしれないね。
タグ:日記 英語
posted by K2 at 23:15 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/17 Tue

夏休み第2弾最終5日目 トキの森公園とへぎそば

二ツ亀海水浴場
夏休み第二弾の最終日。佐渡汽船が2時間くらい遅れるから少しはゆっくり観光ができると思っていたが、朝、両津港に問い合わせてみると、定時運行しているという。どどど、どういうこと? 今日はうってかわっていい天気なので、12時40分の出港が遅れるようなら海水浴でも…とか言っていたけど、そんな余裕なし。

それでも二ツ亀の景色は最高で、娘が海水浴場まで行ってみたいというので、降りてみることにした。するとやっぱり良さそう。海の透明度は佐渡随一らしいけど、今日海水浴できたら良かったのに…。ただし、帰りの登りはきつい。休みなく一気に登ったら、長距離を走ったみたいに汗をかき、心臓がバクバクした。ただ、それでもここで海水浴してみたい気がする。娘は今月にもまた来たいと言っていたが、さすがにそれは無理だけど。

国産最後のトキ キン
さて、時間があまりないとは言え、1時間くらいは観光できる余裕があった。そこで、トキの森公園に行くことにした。この施設はトキ保護センターに併設していて、最後の国産トキであるキンのはく製があったり、今、飼育しているトキを遠くから見ることができる。何故トキだけこんなにも手厚く保護されなければならないのか、良くわからない。これについては思うところがあるのだけれど、これはまた別の機会に。施設としては商売っ気が今一つない。保護が主目的だからとは思うけど、観光客のほとんどが来るだろうから、ちょっともったいない気がすると思うのは私が資本主義に毒されているからかもしれない。

トキを見物後、両津港に向かう途中に道の駅があったので立ち寄る。ちょっと変な臭いがするところで、なんとかならんのか、と思う。ここで食事をして佐渡の観光は終了。帰りのカーフェリーは定時出港は良いのだけれど、激混み。2等船室に入りきらない状態。故障した船の予約客が流れ込んだかららしい。カモメにかっぱえびせんをあげたりして、時間をつぶす。

小嶋屋(へぎそば 3人前)
新潟に到着すると、娘のリクエストにより書店に行き、妻のリクエストによりへぎそばを食べに行く。十日町に行った際、お店の位置が良くわからず行きそびれた小嶋屋の新潟店に5時の開店と同時に入店。へぎそば3人前を注文し、一気にズルズルとたいらげた。やっぱり、美味いや。つゆがちょっと弱い気がするけど。

小嶋屋でもへぎうどんがあったけど、以前、江戸屋(閉店)で食べたへぎうどんがイマイチだったので、ここではスルー。私のカンが間違っていなければ、よほど海藻好きでない限り、1度食べたら十分な気がする。しかし、小嶋屋総本店のメニューを見ると「へぎうどん」なんてない。そういえば、私が食べたかった海苔がついている花へぎがなかったか、ひょっとすると直営店ではない、あるいはまったく違うお店なのかもしれない。なんだかよくわからん。

ともあれ満腹になり、後は帰るだけ。帰りの関越道は渋滞はほとんどなし。むしろ高速を下りた後の環八の工事渋滞が一番ひどかったくらい。午後11時前には到着することができた。

意外にスムーズだった今回の旅行。あまり疲れも残っていないし。佐渡は天候がちょっと残念だったけど、海水浴、また行くかなぁ? 二ツ亀海水浴場に行くならここしかないっていう立地の佐渡フッシャーズホテルは、妻によれば強い海風が建物に当たる音が怖くて良く眠れなかったらしい。娘と私は気にならなかったけどね。
タグ:日記 夏休み
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/16 Mon

夏休み第2弾4日目 海水浴はできなかったけど…

天気予報が的中しすぎ、佐渡は大雨。佐渡で一番きれいとされる二つ亀の海水浴場に行こうと近くの佐渡フィッシャーズホテルを予約しておいたけど、断念せざるを得ない状況。がっかりする娘をなだめ、佐渡観光の定番、前日断念した小木のたらい船に行くことにした。

これが結構良かったかも。乗った時は運良く雨足が弱く、たらい船に乗っているところを別のたらい船の人に写真をとってもらうことができた。しかも、娘が櫂(かい)を持っているところも撮ってもらったし、その後、娘と妻が実際に漕いでみて、大喜び。お店の人に撮ってもらった写真をプリントしたお皿(1600円)もしっかり購入し、結構満足。

まるいし(のどぐろ:360円)
その後、昼食に私の推薦で「まるいし」という回転すし店に。ここは弁慶という同じく回転寿司店と並ぶ人気らしいけど、地元の人が多い印象。1年前のガイドブックには載っていなかったし(と思ったら、立ち読みした今年のガイドブックにはこちらが掲載され、弁慶は掲載されていない模様)。のどぐろが2カンで360円と安くてボリューム満点。しかし、ネタが上等かと言えば、やはりそれなりの印象。生活圏にあればたまに行くお店であるとは思うけど、是非とももう一度食べたいとは思わなかったなぁ。

ワイルブルーあいかわ
さらに観光をということだったけど、娘が「プールに行けるなら、海水浴は我慢する」というので、「ワイドブルーあいかわ」という施設に行くことに。温泉もあるので、両方入ることにした。

ここも市民の施設という感じ。浮き輪などは原則禁止で、水遊びというよりは水泳の練習をしている人がほとんど。プールに入った人が温泉に行くということもほとんどない模様で、温泉は年輩の人が中心。

プールでは娘が息継ぎしながら、15メートルくらい泳げるようになり、大喜び。観光はほとんどできなかったけど、旅先でこういう思い出も良いかもしれない。温泉もプール後だと、ひときわ気持ちが良い。のどがカラカラの時のビールみたいなものだろうか。相性がいい気がする。

大野亀
プール、温泉の後、本日の宿泊地である二ツ亀まで向かう。外海ルートを走ったけど、これがすごい道と景色。左は海、右は崖。切り立つ崖を縫うように走る細い道。ドライバーでなく、同乗者としてドライブしたかった。途中、大野亀の景色はすごかった。

佐渡フィッシャーズホテルの部屋からの眺め
宿泊先の佐渡フィッシャーズホテルの部屋は目の前が二ツ亀と絶景。部屋も広くて良かったけど、ベットの寝心地やエアコンの効きははイマイチだったかなぁ。料理は昨日、ホテル吾妻で食べたものとあまり変わりばえなく、ちょっと飽きてしまった。同じ地域に連泊するとこれだからなぁ。お風呂は温泉とかではなく、あまり広くもない。朝もう一度入りたいとは思わなかった。しかし、この立地は強み。海水浴するために、もう一度こないといけないかもしれない。
タグ:日記 夏休み
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/15 Sun

夏休み第2弾3日目 砂金とり

砂金
カーフェリーのエンジントラブルで予定通り、2時間以上の遅れとなった佐渡上陸。おかけで計画を修正せざるを得なくなった。

当初の計画では両津港から海沿いのルートで小木に行ってたらい船に乗り、やはり海沿いで北上し、西三川ゴールドパークで砂金とりを体験し、宿泊先であるホテル吾妻に到着するというもの。しかし、時間が遅れたことで、とりあえず、小木のたらい船は断念し、ゴールパークとし、ルートも佐渡の中央部を横断する国道380号線を経由することにした。

それでも砂金とりは大好評。金ピカ大好きの娘はもちろん、妻も結構大喜び。小川に見立てた砂場でざるのようなもので砂を大量救い、砂金をざるの底に落とすためよく振ってはざるを回して少しずつ砂を落とす作業を繰り返す。

ああいう根気のいるちまちました作業は嫌いな自分は腰が痛くなるだけ、のような気がしないでもない。どうやら男性の多くは力づくで、さっさと砂をざるから出してしまうので、砂金が流れなかなか見つからないらしい。私もその一人。

砂金のオプション
とはいえ、砂金がとれないと説明係のスタッフの女性が「まだとれてない人、声をかけてください」ということで、取ってくれるようだ。取った砂金はそのまま持ち帰ってもいいし、お金(1500円)を出せばその場でキーホルダーとかペンダントとかにしてくれる。うちの娘は当然、オプションサービスを利用した。

JTBの早期予約によるサービスで入ったから、我が家族は入場料は支払っていない。多分、大人は700円、小学生600円。時間は30分。腰が痛くなるので、大きな価値を見いだせない私には十分すぎる長さ、ハマると短いという感じ。

ホテル吾妻の部屋からの眺め
さて、宿泊先はホテル吾妻。海のそばで眺めは抜群。しかし、施設の古さはどうにもならない。4人部屋だけど、3人でも狭く感じる。トイレとかテレビとかは新しくして、頑張っている感じはするけど。

お風呂はまずまず。ぬるめなのが好み。2100円で45分間貸し切りできる絶景
ホテル吾妻の部屋からの眺め 左が貸切風呂
のお風呂にも入ってみたけど、こっちは予想以上に狭いうえ、暗闇でなにも見えず、しかも、虫が光に集まってきて娘は入れず。少なくとも明るい時でないと、あまり意味はない。ちなみに写真左の小屋が貸切入浴施設。

夕食は広間に集まっての食事。部屋のグレードの違いかそれとも、特別注文なのか、他のお客さんの席にはサザエの壺焼きっぽいものがでていた。こういうのって、家族に比較されるからちょっと困ったりする。料理は可もなく不可もなくかなぁ。特段印象に残るものがなかった気がする。量はたくさんとはいえないが、自分的にはこれで十分。

明日は海水浴の予定だけど、午前中は雨の予報。大丈夫か。
タグ:日記 夏休み
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/14 Sat

夏休み第2弾2日目 佐渡に行けるのか?

夏休み第2弾の2日目。今日は実家でゆっくりして、明日から佐渡に行く予定。ゆっくりとはいえ、本当になることがないので、車でミオンなかさとという温水プールと温泉のある施設に出かける。

ここは本当に温水プール。暖かいので、ゆっくり浸かっている年輩の人も多い。流れるプールとか、ウォータースライダーとかもあるので、そこそこは楽しめるけど、ビーチボールやビニールボートを使ったりして大遊びはできない。小さい子供向けかしら。

プール後、温泉には入らずに、蕎麦を食べに行こうと思ったけど、お目当てのお店は混雑しているので断念。もう一件は場所がよくわからず、間違ったところに行ってしまい、時間も遅かったので、仕方なく、そこで昼食。旅行は計画をしっかりたてないと思い通りには行かないと実感する。

ところで、帰宅すると父親が「佐渡のカーフェリーの1艘のエンジンが壊れて、すごく遅れているとニュースでやってた」と嬉しそうにいう。さすが我が父親、意地悪と思いつつも、あわてて、佐渡汽船に電話すると話し中でつながらない。やむなく佐渡の観光協会に電話して聞いてみると、普段8往復のところを4往復に減らし、今日は2時間30分、遅れて運行しているとのこと。

その後、佐渡汽船に連絡がとれ、確認すると観光協会で聞いた話とほぼ同じ内容。とりあえず、私の予約した船は運航しているらしいので、予定通り行くことにした。

それにしても佐渡汽船って、経営状態が思わしくなかったはず。エンジントラブルの解消は1カ月程度かかる見通し。お盆のかきいれ時にこれじゃあなあ…。弱り目にたたり目というやつかなぁ。
タグ:日記 夏休み
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/08/13 Fri

夏休み第2弾初日 関越、渋滞なし

夏休み第2弾、初日。今日はお墓参りの日とあって、お盆の帰省がピークらしい。無理はやめようと思い、ゆっくり午前10時過ぎに出発。関越の練馬インターまでは若干の渋滞があったものの、帰省で都内に車が少なくなっているので、比較的スムーズなほうだろう。

関越に乗るとビックリ。全く渋滞がない。高速道路会社の予想では今日がピークとか言っていたのに、全くの予想外。今年は高速1000円乗り放題がお盆シーズン全般ではなく、通常と同じく土日に限定されたことが大きいのだろうか。それとももう帰った人が多いのだろうか。

いずれにしても自分にとってはありがたい。覚悟はしていたから拍子抜けではあるけど、渋滞なしとは気持ちがいい。いつもこんなんだといいのに。

実家に到着後、お墓参りした後、食事をしてぐったり。久しぶりに早寝してしまった。食べてからすぐ寝てるから、また太っちゃうよなぁ…。
タグ:日記 夏休み
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。