2010/07/31 Sat

ドラマ『鉄の骨』最終回を見た感想

NHKドラマ『鉄の骨』の最終回。第4回までの盛り上げ方はナカナカで、こりゃ面白いと思い、ラストを原作とどう変えてくるのか楽しみだったけど、ちょっとなぁ…。悪をわりあいはっきり設定した割には、「善が悪を打ち負かすカタルシス」はほとんどなかったし…。スッキリもしなかったし、あまり深く考えさせられることもなかった。尾形常務もなんであんな行動をとるのかというのも、<すごくストイックで、不器用な人>という役を演じた陣内孝則さんの印象以外の説明ができないし。そんな人が、偉くなっているなんて、もの凄く違和感があるし…。

また、主人公のヘータ君の役どころが重い割には、最後に現場復帰してニコニコしているのは、ちと軽すぎじゃね、という気もする。なんか一人だけカタルシスに浸っているみたいな。原作のヘータ君はもっと軽い役どころで、ドタバタを傍観している感じだったから、ああいう終わり方でも、若いし、まぁ、あんなもんだろう、と思ったけど。このドラマの役どころなら自分が罪をかぶるくらいの展開の方が、世の中の不条理さを深く考えさせられたような気がする。

私は、尾形常務がヒーローとしてもっと際立つことで、スッキリすることを期待したのだけれど、原作の方法にも無理があると感じたから、仕方ないのかなぁ。尾形常務はあれで十分ヒーローだったとは思うけど、なんかなぁ…。あれじゃあ、本当に実直さだけがウリの役どころじゃないの。やっぱりどうしても入り込めなかった。

テレビドラマであり、道徳的な観点からも、愚直に生きれば良いというメッセージを色濃く感じる。しかし、愚直に行動した結果の悩みみたいなものは、もっと深くても良かったのではないだろうか。第4回の重い展開、悪のはっきりした仕立て方の割にはラストは軽い感じがして、ちょっと残念だった。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/31 Sat

カレー記録(2010年7月)

7月に食べたカレーのリストと短評

続きを読む
posted by K2 at 22:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/30 Fri

戸隠

戸隠 (カレー南蛮うどん:880円)
評価 ★★★☆
料理 カレー南蛮うどん(880円)
一言 新横浜の候補店
頻度 初めて
地域 横浜市港北区
詳細 Click!

戸隠
新横浜駅篠原口にあるお蕎麦屋さん。新横浜駅は駅ビルが立派になったので、篠原口にある飲食店はシャビイ感が強まっているけど、このお店は近所で働く人などが普段使いするお店のようで、結構繁盛しているようだし、テレビ煮も紹介されたことがあるらしい。

新横浜でカレーとネットで検索すると、このお店のカレー南蛮がヒットするので以前から気になっていた。お昼時の店内は混雑しているけど、手際よく料理がでてくるので回転が早い。新幹線の時間がちょっと心配だったが、問題なかった。

カレー南蛮はうどんを選択。お蕎麦屋さんなのだけど、カレーはそばというより、うどんというイメージだったから。そしてこれが意外な本格派。とろみたっぷりなカレーあんと極太のうどん。あんがたくさんなので、最初、汁はないのかと思ってしまった。カレーは容赦なく辛く、大汗。この辛さによって、このお店はこだわりのお店的な印象になってしまった。

カレーあんが大量に余るので、小ライス(100円)を追加したいところだったけど、メタボにつき我慢。ここはお蕎麦屋さんだから、今度はカレー南蛮そばにしよう。

ほかの料理はどうかわからないけど、他のお客さんは丼ものとか、そばとか注文がいろいろだったので、これといった目玉はないのかもしれない。わざわざ行くようなお店ではないかもしれないけど、新横浜でお店を探す時の候補として加えて良いかも。
posted by K2 at 23:00 | Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/30 Fri

電車の人身事故

出張で自宅を遅い時間に出た。線路が見える道を歩いて駅に向かうと道沿いに人だかりができている。何事かと思ったが、すぐにわかった。人身事故だった。

事故が発生した直後だったらしく、当然電車はストップ。事故処理に支障のない区間で折り返し運転を再開したけど、私が乗る駅は運転再開の見通しがたっていない。

仕方なく専業主婦の妻に車で送ってもらうようお願いした。しかし、化粧に時間がかかるとかで30分くらい待たされ、何とか目的地の駅に到着した。新横浜で仕事の予習をするのと昼食を食べようと思い早めに行動したのが奏功し、昼食を食べた上で、予約していた新幹線に余裕で間に合った。

それにしても、電車の人身事故に遭遇する確率って、結構高いよね。でも今日なんて、通勤時間帯でもないのに遭遇するとは…。何ともいえない気分だなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 22:43 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/29 Thu

またゴキブリ

例年2〜3匹は出現するゴキブリ。今年も2匹目が出た。娘が洗濯機の周辺で見つけ、大騒ぎ。とりあえず、キンチョールを吹きかけるといなくなったので、放っておいた。おそらく洗濯機の下にでも逃げたのだろうと思い、隙間にキンチョールを吹きかけまくった。これで退治できただろう。きっと洗濯機の下で死んでいるに違いない。

というようなことを娘に言い、安心してもらった。それでも死骸を確認できないと妻も不安なようで、週末にでも洗濯機を動かして調べてみようという話になった。これで今日は一件落着。今日、是が非でも洗濯機を動かして探せ、と言われなくて本当に良かった。

ヤレヤレと思い、部屋にこもっていると、妻の怯えた声が…。するとやっぱりゴキブリが。さっきのキンチョールせいだろうか、動きが鈍いので、前方からキンチョールを何度か吹きかけ、ようやく退治できた。

しかし、これって、今日2匹目ってことはないよね。やっぱり洗濯機動かして調べるとか言われたらどうしよう。

それにしてもなんで、こんなにゴキブリって嫌われるのだろう。見た目が気持ち悪い生き物って、他にもいるのに。ということを考えてみると、見た目に加え、あのすばしっこい動きが原因のような気がする。あんなに急に動いて、こっちに向かってこられたりしたら、私でもビクッとしてしまう。そういう恐怖心を与える生き物だということがインプットされ嫌いになる、ということでどうかな。
タグ:日記
posted by K2 at 23:44 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/28 Wed

夏休みシーズンの出張

出張で富山へ日帰り。日帰りだから現地でのお楽しみは何にもなし。空港で名物風のものを食べたくらいか。ここの空港の「とみいち亭」というお店は結構いいかもしれない。氷見うどんは食べなかったけど、ますのすしなどそれ以外の名物は結構美味しかったし。

夏休みシーズンということもあり、飛行機は往復とも満席。普段は見かけない家族連れも結構いる。羨ましい。こっちは背広で汗だく。レジャーの人は軽装で、楽しそう。この時期の出張はちょっと気持ちがつらいかも。

全然関係ないけど、羽田空港第2ターミナルのゴールドカードで無料で入れるラウンジって、数年前に比べるとコーヒーの味が落ちている気がするけど、気のせいかなぁ。はっきり言えば、あまり美味しくない。以前は美味しくないと思わなかった気がする。

自分の下が肥えたのか、それとも不況でコストカットされてしまったのだろうか。もし不況のせいだとしたら、なんか寂しいけど、多分、そのうちそういうものだと、慣れるんだろうなぁ。
タグ:日記 出張
posted by K2 at 22:37 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/27 Tue

日本の財政、あとどのくらい持つのか…

あらたにすという朝日、日経、読売3社共同のホームページに伊藤元重・東京大学大学院経済学研究科教授の『「国債バブル」の危険性』という文書が掲載されていた。

史上最高の国債価格、そして財政健全化ができそうもない政府。それが国債バブルでないなら、何がバブルであろうか。バブルはかならず破裂するわけではない。緩やかにしぼんでいくバブルもあるだろう。しかし、今のようにバブルがふくれあがっていけば、それだけ破裂の危険は大きくなっていく。そうなる前に何とかしなくてはいけないのだが。

最近、このテーマについて、鈍感になっていたけど、改めて考えてみると、何も改善していない。むしろ、私が付き合いのある方面でも、インフレリスクヘッジのために不動産を買っておく、なんて話も出ているから、財政破綻問題はもう一般論として語られ始めている気がする。

国債が暴落してインフレが起こるかもとの認識が浸透すると本当にそれが起こる、というようなことを何かで読んだ気がするけど、その時は意外に遠くないかも、という感じがしてならない。杞憂であって欲しいけど、とにかく政治があれじゃあなあぁ。

政治は国民のレベルを超えられないとすれば、国民が大ショックを望んでいるのかもしれない。格差が広がったから、ガラガラポンしたいんだと。なんとなくそうかなぁ、という気がする。
タグ:日記 経済
posted by K2 at 22:42 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/26 Mon

最近、飲み過ぎ

最近、飲み過ぎかも。この前の土曜日は焼き肉店でビールしこたま飲んだにもかかわらず、今日もビールをたくさん飲んでしまった。

なにがヤバいかって、体がシャツやスボンできついこと。以前より明らかに太ってきたので、ズボンとかシャツがピチピチのパンパンで、見苦しいし、なにより楽じゃない。だからダイエットしようと思うのだけれど、これじゃあ、なかなかうまくいかないだろうなぁ。

それにダイエットとリバウンドを繰り返していることで、だんだん痩せにくい体になっている気もする。何より以前に比べダイエットの意欲が後退している。

何故、意欲がでないのだろう。もう年だからかなぁ。我慢して痩せたところで、良いことないというような気持ちになっているのかもしれない。マズいなぁ。これじゃあ痩せないだろうなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/25 Sun

物件を見に行く

そういえば、今日、物件を見に行った。妻と私は購入したい物件が決まっているので、興味はなかったのだけれど、娘がどうしても行きたいというので。

広さはまずまずで、ぺランドもまあまあ広い。環境も悪くないとは思う。しかし、昔住んでいたのと同じ東向きで、日中は暗くなる。傾斜地で窓と道路の位置が近い。30歳代なら考えなくもない物件だけど、今の年齢なら老後も考えて購入したいからなぁ。

娘は興奮していたけど、まぁ、後学のためという感じ。色々な不動産会社に情報が出回っている物件で、しかも空室だから、見学する人がたくさん来ていた。

しかし、ターゲットを絞ってしまうと、物件探しにも興味がなくなるよなぁ、当たり前だけど。この分だと、買えそうにない感じがするから、当初の予定通り、もっと歳をとってから、キャッシュで安い物件を購入するというのが良い気もするけど、日本財政が破綻したら一巻の終わりだからなぁ。

購入方針を打ち出したときの動機からすれば、より好みをしている状況ではないのだろうけど、人間って合理的には行動できないということが身にしみる。
posted by K2 at 22:44 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/25 Sun

アジョワン

アジョワン (トマトチキン:1200円)
評価 ★★
料理 トマトチキンカレー(1200円)
一言 バターのような後味が…
頻度 初めて
地域 横浜市都筑区
詳細 Click!

横浜市営地下鉄のセンター北駅周辺には人気のカレー店が結構あるけど、食べログの評価によれば、その中で多分No1がこのお店。今は亡き横濱カレーミュージアムにも出店していたことがあるらしい。辛いカレーが苦手な娘が習い事で不在の今日、妻と2人で出かけた。

アジョワン (トマトチキン ぐつぐつ状態)
お勧めらしいトマトカレーのチキンで辛さは「大」を選択した。ランチ時であったため、サラダと飲み物が付く。出てきたカレーはグツグツ状態に煮込まれているもの。これが落ち着くまでしばし待つ。

それでカレーの味はどうかと言えば、辛さは大したことはない。熱いせいもあって、汗はかくけど、食べるスピードが落ちるような辛さではない。辛さはもの足りないが、それよりも、後味がバターのような甘ったるい風味が強く、これが好みではない。自分にとっては後味が悪い。

要するにヤミツキになりそうなスパイス感が強いカレーが好きな自分のストライクゾーンからは大きく外れている。素材にはこだわりがありそうで、トマトやチキンの具はいいものを使っているとは思うのだけれど、如何せん好みでないものはしょうがない。お店はまずまず繁盛しているので、私が特殊なのかもしれないけど。
posted by K2 at 22:27 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/25 Sun

ドラマ『鉄の骨』第4回まで見た感想

NHKで放送中のドラマ『鉄の骨』(全5回)のうち、昨日放送された第4回をビデオで見た。直木賞候補作だった同名の小説を原作としている。んで、結論から言うと、こりゃ面白い! 原作を食っているかもしれない。小説よりテレビドラマの方が面白いなんて珍しいと思うけど、このドラマに関しては小説より面白いと思う。

<善が悪を打ち負かすのは、エンターテインメントの王道である。カタルシスの本質はそこにある。だから作者はけんめいに、読者に悪を憎ませようとする>(『鉄の骨』原作者の池井戸潤氏の小説『空飛ぶタイヤ』文庫版の大沢在昌氏の解説より)。原作者は『空飛ぶタイヤ』ではこれに成功していたけど『鉄の骨』ではもうひとつだった。

しかし、ドラマではこの欠点が上手に修正されている。これなら次の最終回も期待できる。私が本当の主役と思っている陣内孝則さん演ずる尾形総司も原作と違って途中でも存在感があって、ナカナカよい。この役どころに陣内さんという大物俳優をあてているところにも、ドラマ制作者の話の持って行き方の思想が出ているような気がして興味深い。

『空飛ぶタイヤ』は原作の方が面白いと思ったけど、WOWOWで放送したドラマは「民放連が選ぶ、2009年No.1ドラマ」に選ばれた。その時、ドラマなんて原作次第なのかなぁ、という気がして『鉄の骨』もそれほど期待していなかったけど、よい意味で期待を裏切られた。これまで見たところで考えても、このドラマがなんらかの賞を受賞しても不思議ではない気がする。
タグ:備忘録
posted by K2 at 07:15 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/24 Sat

本牧亭

本牧亭(上カルビとロース)
評価 ★★★★☆
料理 上カルビなど
一言 ホワイトポートのを食べるべし
頻度 初めて
地域 東京都大田区
詳細 Click!

娘が嫌い、というより、妻が娘の体調を心配し過ぎなのと、妻自身胃腸が弱く、あまり肉を食べられないので、我が家は焼き肉店に行かない。しかし、今日ばかりは焼き肉店に行かなければならなかった。妻の父が何かの会合の景品として、焼き肉店の食事券をもらってきたからだ。

当初、場所は大田区の方らしいと漠然ときいていたので、蒲田のあたりだろうか、と思っていた。しかし、そこは東急池上線の長原という未知の駅。こんなことでもなければまず来ることはないだろう。実際、住宅地って感じだし。

午後5時に待ち合わせでお店に行くと、すでにほぼ満席状態という人気店。お店の外観はこじゃれた感じで、焼き肉店ぽくないけど、店内はファミリーも全然OKで、家族連れも結構いる。壁には有名人のものと思われるサインが所せましと並んでいる。

スポンサーであるところの義父が焼き肉のことはよくわからないというので、私が食べログで事前に仕入れた情報をもとに、ホワイトボードのお勧めメニューから選ぶことにした。これが良かった、と思う。ちなみに、ホワイトボードになかった冷麺はそれほどでも、という感じだった。ほかの料理はどうか知らないけど。

本牧亭 本牧亭(赤身3種盛り) 本牧亭(テールスープラーメン)

貴重な部位だという赤身の盛り合わせやカルビなど何でも美味しい。人気というテールスープのラーメンも美味しく、満腹だったはずの娘にたくさん食べられてしまった。

また特筆すべきは野菜が美味いこと。ホワイトボードの上に野菜のお勧めがあり、お店の人もまず野菜を勧める。焼き肉店の野菜って、お肉ばかりだと飽きるから、ついでにどうぞ的なチープな感じか一般的だけど、ここのはお肉と並ぶ主役かもしれない。これがお肉が苦手な妻に大好評。ナスとか玉ネギとか甘みがあって、これなら子どもたくさん食べるかもしれない。

さらに個人的によかったのが、生ビールが美味しかったこと。エビスらしいのだけれど、まろやかで、尖ってなくて何杯でも飲める。これは回転のよさそうなお店だから、ビールの鮮度が良いせいかもしれない。人気店の好循環だね。

意外に重要なのが、煙くないこと。炭火なんだけど、煙を吸い取る機能が強いテーブル。網も頻繁に変えてくれる。あまり脂身の強くない肉を中心に食べたせいもあるかもしれないけど、服が焼き肉臭くなかった。

ということで、大満足。妻はラーメンを食べにまた行きたいというけど、電車で2回乗り換えても行きたくなるお店かもしれない。
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/23 Fri

久々、駅弁

大阪に出張。あちぃ。歩くのが辛い。でも訪問先の会社に行くと過剰に涼しい。というより、寒い。外に出ると逆にお風呂に入った感じでほっとするくらい。いくら暑いからといって、過剰冷房はよくないね。

うめ〜たこ(950円)
ところで、早く帰りたいこともあって、新大阪で食事をとるということはせずに新幹線の中で、駅弁を食べた。期間限定というキャッチのついた「うめ〜たこ」というお弁当で950円。

味は可もなく不可もなくかなぁ。値段は高い気がする。タコが思ったより柔らかかったのはよかったけど、印象と言えばそのくらい。わかりやすい味ではない(つまり濃くはない)ので、限定だから、とか、カロリーが低いから、というニーズがなければ選択しないだろう。自分はその両方に引っかかったのだけれど。

そういえば、新幹線の駅のおみやげものコーナーで、カレーフェアなる企画で全国各地のレトルトカレーを販売していたので、帰りの新横浜駅で3つ買ってしまった。合計で1900円と決して安くない。レトルトって、大体しょっぱい感じがあるのだけど、どうだろうか。期待半分、不安半分だなぁ。美味しかったら、ご当地のレトルトカレー制覇を楽しみのひとつに加えることにしよう。
タグ:日記 駅弁 出張
posted by K2 at 23:43 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/22 Thu

迷いが消えてきた気がする

仕事で他の人と話をしていたら、だんだん迷いが消えてきた自分を見たような気がした。何故、こんな仕事をしなければいけないのか、といったような迷いなのだけれど。自分ではなんとなく思っていたことを言葉に出すことで、はっきりと意識したというべきかもしれないけど。

要するにどんな仕事でも、妥協せず、かといって根を詰めすぎず、自分なりに精一杯、がんばってすればよい。自分自身ができることはすべてやった、と誤魔化しなく思えることを目標に仕事をすればよい。それだけ。

何故、そう思っているかといえば、以前読んだハイデガー先生の講義が頭から消えていないからだろう。ということは、自分はこの講義を納得しているようだ。そして、このことは多くの人にも妥当することだろうとも思っている。だって死は全員に不可避なことだから。

今日、話をした相手にはどう伝わっただろうか。比較的反応のよい相手だから、分かってくれているような気がするけど、他人は自分の思い通りにいかないことは、これまで経験でわかっている。

しかし、仮に相手と考えを共有できなかったとしても、その相手と話したおかげで自分は納得感を深めることができたような気がする。どんな状況になろうとも、まずはそれを受け入れて、がんばって対応していけばよい。そう思うと、これから生きていくうえで、不安が減っていくような気がする。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/21 Wed

中途採用の考え方

中途採用の面接をしているのだけれど、どうも一緒に面接している人と重視する部分が違うようだ。私はできるだけ辞めないかどうか。もう一人の人は優秀かどうか。

もう一人の人によれば、「こんな使えないヤツをとりやがって」と言われることが嫌だ、という。私の場合、色々教えもサッサと辞められてしまったり、最悪の場合、「イメージと違う」とか言って、何カ月もしないうちに辞められたりした経験がこびりついているので、できるだけ辞めなそうな人を好む傾向にあるようだ。

どっちがいいとも言えない。両方のバランスをとるしかない。しかし、よく考えると、中途採用の場合「辞めないでね」というのも矛盾している気もする。そもそも、比較的辞める傾向があるからこそ、中途採用の募集に来るのだろうから、うちの会社に来てまた辞めたって何の不思議もない。そんな人に辞めないでと言う方が無理というものだろう。

自分が完全に納得できる人材なんて、絶対にいない気がする。というより、わずか1時間程度話を聞いただけで納得なんかできるわけがない。もう一人の人が、辞めるかどうかなんて、こっちではどうなる問題ではないのだから、考えても仕方ない。それよりも採用した自分が周りからバカにされないような人にすればよい、というのは何か正しい気がする。仕事ができそうかどうかは辞めそうかどうかよりも判断しやすいから。

結局、自分は面接の時にどうするのかと言えば、できるだけ、うちの会社の本当の姿を話すことにした。本当の姿を知って、それでも来るのであれば、それなりに覚悟ができているってことだろ。覚悟ができていれば、簡単には辞めないだろう。

それにしても採用って、面倒くさいね。早く決まって欲しい。そしてできれば、長く働いて欲しい。また採用活動するのは面倒くさいから。
タグ:日記
posted by K2 at 23:32 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/20 Tue

暑い 寝る部屋が蒸し風呂みたい

3連休前に梅雨明けし、すごく暑い。5月から個室を与えられ、そこで寝ているが、部屋にはエアコンがないため、蒸し風呂状態。窓を開け、扇風機を回してもあまり効果なし。電気が白熱灯なのも堪える。

朝起きると首から胸にかけて汗でびっしょりなので、着替えないといけない。汗疹がいつまでたっても治らない。昨年はエアコンの効いた居間で寝ていたから、こんなことはなかったのに。

でも、年をとって感覚が鈍くなったからか、暑くて眠れないということは、少なくともこれまでのところはない。いつも疲れきっているからかもしれないけど…。

最近またデブってきたので、暑さが身にこたえる。今日から食事を抑えているけど、暑くてついビールを飲み過ぎてしまう。意味ないよなぁ。でも飲まないとやってられない気がするよなぁ。どっちが幸せなんだろ。
タグ:日記
posted by K2 at 22:34 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/19 Mon

ヒーリーズって…

昨日に続き、今日もヒーリーズという、かかとにローラーのついた靴を練習する娘につきあった。一輪車などと違い、意外に早く上達するかもしれない感じがする。しかし、このヒーリーズって、なんで小学生くらいの女の子しか履いていないように見えるのだろう。

使ってもよい場所が限られのに、あまりスピードが出ないからだろうか。女の子がこれを使っている場面って、最近はあまり見かけなくなったけど、ショッピングセンターとかでだ。歩きながら、たまにちょっと滑るという感じ。この使い方って、女の子ならそれほど乱暴なことはしないだろうから、良いけど、男の子の場合は危ないから、親が許さないような気がする。

そんなこんなで、女の子ばかりが使うようになると、男の子の中にはヒーリーズは女の子の遊び道具で、男が使うのは恥ずかしい、というような意識が出来上がったのかもしれない。

今ではショッピングセンターとかでもヒーリーズで滑ることに対する目が厳しくなってきているから、ヒーリーズで滑っている女の子をあまり見かけなくなった。最初から、遊ぶ場所を厳しく決められていたら、もっと男の子もこれで遊んでいたのではないか、という気がする。ただし、その場合、今よりも売れていなかったかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:36 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/19 Mon

とうふ旬菜 心音

心音(枝豆豆腐)
評価 ★★★★ 
料理 枝豆豆腐(580円)など
一言 温泉施設としてはレベル高し
頻度 入浴のたびに必ず
地域 川崎市宮前区
詳細 Click!

日帰り温泉施設内にある食事処。こういう施設は温泉が主で、食事は従という感じのところが大半ではないか、と思うけど、ここのお店は飲食店単独でも十分やっていけそうな感じ。ボトルキープもできるようだし、温泉との相乗効果を狙っているのだろう。

豆腐料理がウリなのだけど、他の料理もナカナカ美味しい。娘はしょうゆラーメンが好きで、バーミヤンと比べると格段に美味しいというから、子どもでもファミレスよりレベルの高さが分かるらしい。

心音(冷やし中華)
私はこの日、冷やし中華を食べた。麺が見えないくらい具がのって900円。値段の割にはケチってない感じがする。入浴料を払っていることを考えれば、こんなものかなぁ、と思わなくはないけど、施設内の飲食店は、その独占性を生かし割高感の高い価格設定が目立つことを考えると、良心的なのかもしれない。

味付けは全般的に甘くて濃い感じが基本で、万人受けするのではないか、と思う。無論、繊細な味付けの良さを感じる能力の少ない私にはまずまずのストライクゾーン。食事をするのは大抵入浴後で、体が塩分を求めるから濃い目の味付けを美味しく感じるのかもしれない。この施設を運営する会社はそこまで読んでこういう味付けをしているのかもしれない。

ちなみに、温泉は濃い茶色で、ぬるっとしていて何となく体に良さそうな感じ。各湯船には温度計が付いているのも親切で良い。ぬるめの湯船もあって、ゆっくり浸かっていられる。個人的には温泉も結構好き。
タグ:お店感想
posted by K2 at 22:08 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/18 Sun

娘のための日

今日は娘のための日。習い事の発表会が終了し、頑張ったから。まず、トイザラスに行き、欲しがっていたヒーリーズを購入する。ずいぶん前から練習している一輪車もまだ乗れない娘が、ヒーリーズを使いこなせるかは甚だ疑問だけど、断念を続けることで大人になっていくのだから、仕方がない。

次にポケモンの映画を見に行く。大物ゲスト声優として陣内孝則さんがなかなか頑張っていた感じだったことを考えると、年々力を入れているのかもしれない。しかし、相変わらず大人が見て面白い内容ではないことは確か。映画館でしかもらえないポケモン(今年はセレビィ)をもらったら帰りたくなった。

夜は近所の日帰り温泉で入浴と食事。ここは結構気に入っている。湯船の種類が豊富でのるいお風呂もあるから、長湯ができる。食事も結構美味しい。ラーメンを食べた娘はバーミヤンより美味しい、とあまり比較にならない評価をしていたけど、ファミレスレベルでないことは確かだ。

明日は草むしりしたり、娘の勉強を見たりと、1日中、家にいる予定。家族そろって、だらだらと過ごす休日って、すごく久しぶりかも。たまにだと、ちょっと良いような気がする。
タグ: 日記
posted by K2 at 22:55 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/17 Sat

Zelco MAX.5

Zelco MAX.5.JPG
アシストオンのページを見て欲しくなってしまった。そして昨日、原宿で飲み会があることをいいことに、店舗に行って購入した。値段は税込みで5250円。携帯できる読書灯としてはちょっと高い。

確かに暗闇で本を読むにはよさそう。他の製品を使ったことがないから、これが最良かどうかは分からないけど、明るさは申し分ないと思う。

ただ、問題は使用するシチュエーションだ。5月くらいに、多分眼精疲労による頭痛が発生して以降、個室を与えられ、そこで寝ている。従って、家人を気にすることなく、明かりをつけて本を読むことができる。いや、そういえば、それ以前から居間で一人で寝ていたから、かなり前から、電気を煌々と付けて読書できる状況にあった。

昨日も考えたけど、どうして欲しくなったのか。これを使いたいために読書をもっとするようになると考えたのだろうか。よくわからんなぁ。

旅行では家族と一緒に寝ざるを得ないから、一人だけ眠れない時は活躍するかもしれない。もっとも、大抵はビールを飲んだ私が高いびきなんだけれど。あと考えられるのは、妻の買い物を自動車の中で娘と待っている際、娘が本を読むので、暗くなったらこれを貸してあげる、というのがあるかもしれない。

しかし、最初は物珍しさから使うとは思うけど、面倒くさがりの娘が、余計な物体を持って本を読むかどうかは疑問だ。

やっぱり、暗闇で本を読むということ自体にあこがれがあるのかもしれない。どういうわけだか、夜の方が色々なことを考えたり、感動したりするのに適しているし。

まあ、せっかく買ったのだから、積極的に使ってみようとは思うが、昨日の飲み疲れもあって、今日は読書する気分ではない。また明日以降に…、というのは悪いパターンだなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。