2010/02/28 Sun

雨だったので寒川神社へお祓いに行く、など

寒川神社今日はディズニーランドに良く予定で、朝5時起き。しかし、雨がかなり降っていて、娘は泣く泣く断念。そこで、すでにすべての厄年が終わったにもかかわらず厄年だと言い張る妻の要望を受け入れ、いつもの寒川神社に行くことに。

寒川神社もかなり空いてはいたが、お祓いの人は結構いて、さすがという感じがする。とはいえ、お祓い以外やることはなく、神社の関連と思われる施設にあるレストランで食事。

寒川神社近くのレストラン内容はというと、こういう門前のお店に期待してはいけないという感じだろうか。いつも必ず行く、近くの団子店で、団子と蕎麦を食べる方が幸せな気分になるだろうということで、妻と意見が一致した。

食事後、八王子にあるトリックアートに行きたい、とか言われるが、ナビで調べたところ、1時間30分くらいかかるとのこと。そんな時間はないが、圏央道が開通したというので、ひょっとしたら、厚木から八王子まですぐかも、と思い乗ってみたら、海老名が終点の部分開通。

午後から晴れてきたのでディズニーランドに行くか、と盛り上がったものの、3時入場の料金は1000円程度安いだけで断念。結局、妻の提案でカラオケに行くことになった。

地元のカラオケ店は、エアコンのリモコンが壊れているとか、部屋がたばこ臭いとか、受付の女性のサービスがきついとか、ノンアルコールレッドアイを注文したら、トマトジュースとキリンフリーが別々に出てきたとか、不満は多かったものの、娘が積極的に踊って歌うなどしたため、それなりに楽しめた。

しかし、かなり消耗した感じがする。やはり朝5時起きがこたえた。娘はディズニーランドに行けなかったので、来週行くと張り切っており、また、来週も5時起きになりそう。仕事よりきついかも。
タグ:日記
posted by K2 at 22:57 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/28 Sun

カレー記録(2010年2月)

2月に食べたカレーのリストと短評

続きを読む
posted by K2 at 22:28 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/27 Sat

ロイヤルコペンハーゲンのマグカップ

ロイヤルコペンハーゲンのマグカップ自分のコーヒー用に買ったマグカップ(妻が落としたことが判明)にヒビが入り、漏れ出してしまうようになったため、贅沢にもロイヤルコペンハーゲンのマグカップを購入した。ペアでの販売している商品で、多少、値段は張るが、デザインはシンプルで、ロイヤルコペンハーゲンの中では安く、あまり気兼ねなく普段使いできる。

木曜日に届いていたけど、今日、コーヒーを淹れて飲んでみた。ボリュームはたっぷりで、レギュラーコーヒー3杯分は入る。飲み口は薄く、飲みやすいが、ヒビの入ったマグカップに比べると、全体的に頑丈そう。これなら長く使えるかも。

飲み物のカップは直接口につけるものだから、飲み口の感覚も美味しさに影響してくると思う。ステンレス製のごついマグカップとか、ふたの小さな穴でから飲むコーヒーって、自分としては何となく美味しさが損なわれている気がする。

良く行くコーヒー豆のお店はサービスでコーヒーを出してくれるけど、このお店は益子焼きのカップで出してくれ、これもナカナカイイ。厚みはあるのだけれど、職人さんの手作りというイメージからくる、温かみ、みたいな幻想が良いのだろう。

コーヒーの味の成分を調べれば変わらないのだろうけど、人によって違う、こういう勘違いがいろいろなカップを作る原動力になっているんだろうね。味って、雰囲気とか気分で違ってくるからなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/26 Fri

飲んで不安

疲れているようだ。体がしゃきっとしない。花粉症の季節は眠りが浅いのか、慢性的にダルイ気がする。大事な仕事があったけど、頭がさえず、苦労する。

早く帰りたいところだったが、私も含め昔からの顔なじみ4人と飲み会。みんな、それぞれの人生が楽しそう。自分はなんか先が見えず、最近不安な気分だから、なんとなく羨ましい。どうも、このまま今の生活の延長線で進んでいくとは思えない。

そういう気分はさておき、もつ焼きのお店で1人、7000円超と大量に飲み食いする。帰宅したのは午前1時過ぎ。帰りの電車で座れなかったこともあって、乗り過ごしはしなかったけど、帰宅すると入浴する元気はすでになく、マンガ本を読んでいるうちに寝てしまった。

こういう生活について若いうちは何の疑問も持たなかったけど、今は虚しい気持ちが結構強くなる。なんでだろ? そして何だろう、この絶えず不安な気持ちは?
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/25 Thu

今年もお世話になります

今年も耳鼻科に行き、薬をもらう。昨年は前半に「バイナス」と「ゼスラン」を飲んでいたが、「ゼスラン」を飲むと非常に眠くなるので、後半から「バイナス」だけになった。耳鼻科にはそのデータが当然残っていて、先生に「バイナスだけでいいね」と言われて、30日分処方してもらった。

朝食後と就寝前に飲むのだけれど、今日は午前中に薬を買った後、すぐ飲んだ。すると、なかなか調子がいい。強風の中、マスクなしでもあまり辛くない。やっぱり体質改善も相まって、効きがいいのかも、とちょっと機嫌も良くなった。

しかし、午後8時くらいになると、再びつらくなってくる。目はかゆいし、くしゃみも連発。鼻水も止まらない。やはり、今年もマスクと薬が欠かせないようだ。この時期が早く終わらないかなぁ、と思いながら過ごす日が今年も続くようだ。
タグ:日記 花粉症
posted by K2 at 22:57 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/24 Wed

甘かった…

治ったと思ったのは甘かった。花粉症が辛い。くしゃみが出て、目がかゆい。家では鼻がつまってきた。ついに来たか、という感じ。今日はなんとなく眠いし、昨日眠りが浅かったのかもしれない。

ヨーグルトのお陰で治ったかも、と家族に話したら、娘から「自慢するなんてひどい」と文句を言われていたが、「やっぱり花粉症になっちゃった」と話すと、大笑い。ゆがんでいるよなぁ。

それにしても、かなりがっかりだ。朝の電車でもなんとか持ちこたえていたと思っていただけに、ショックが大きい。明日、かかりつけの耳鼻科に行って薬をもらってこないとなぁ。
タグ:日記 花粉症
posted by K2 at 23:28 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/23 Tue

危機感

私の職場。なんか心配になってきた。緊張感がなく、自分勝手にやっている人が多いのだろうなぁ、と予想はしていたけど、そういう人々を目の当たりにすると、心配になってくる。いや、心配というよりも、イライラしてくる。

このイライラは、きっと自分が好ましいと思っていることを否定されたような気持ちになることに加え、自分はやっているのに人がやらない不公平感からだろう。

そもそも、方向性を示す人が弱気になっているような気がする。このまま、放置しておいていいのだろうか。もっと抜本的な対策を取る必要があるのではないだろうか。

なんだか、このままでは今の職場に誇りをますます持てなくなる気がする。誇りを持てないものを人は守ろうと努力しないだろうから、ちょっとヤバい状態かもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/22 Mon

体のこと

まだ油断できないが、花粉症の症状が軽くなった気がする。去年の今頃はもう大変だったが、今年はたまに目がかゆかったり、くしゃみが出たりすることはあるけど、鼻づまりや鼻水で苦しいということがない。今日も妻が花粉症の症状を訴えていたけど、なんともない。

昨年、花粉症のシーズンが終わってから、花粉症に効き目があるとされるヨーグルトを食べた続けてみようと思い、毎日ではないけど、会社でお昼を食べるときは必ずヨーグルトを食べるよう、心がけてきたのが良いのかもしれない。もし、本当に効き目があったのなら、凄くうれしい。

それとは反対に、今日、仕事でストレスがかかり、胃が本当に痛くなった。緊張感はそれほどなかったから、気持ちは精神力というか、鈍感力でごまかせても、年ともに体がストレスに弱くなっているのかもしれない。今日くらいのストレスなら、今まではなんともなかったのになぁ。

胃が痛くなったのは、このところアルコールとかで、お腹の調子が悪いせいもあるかもしれない。また、午前3時までカーリングの試合を見ていたので、寝不足も原因だろうか? とにかく、年なんだから体を大切にしないとね。
タグ:花粉症 日記
posted by K2 at 22:08 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/21 Sun

エコポイントの申請をしてみる

溶連菌感染症にかかった娘はお医者さんの言う通り、今日、熱が下がった。しかし、病み上がりで本人もだるそうなので、1日中、家にいることにした。妻は買い物に出かけたものの、私は1日中、娘と家の中で過ごした。

それで、昨年6月に購入した冷蔵庫のエコポイントのネット申請をやった。役所の手続きは、商取引とは違い、気がきいておらず、面倒くさそうだったので、妻にエコポイントの権利をすべて譲渡することを条件に申請を任せていたが、予想通り、手におえず、未だにほったらかし。私が、家でうだうだしていると、途端に妻の機嫌が悪くなるため、それを回避するためにも、エコポイント申請はちょうど良い作業になると思った。

しかし、やっぱり面倒くさい。気のきいたネットショッピングサイトなら、入力画面に説明があったりして、何も知らなくても簡単に手続きできるような気がするけど、そういうことは望むべくもない。結局、紙ベースの説明書を手元に置き、それを見ながら入力作業をした。

ネットでの作業が完了したら、申請書をプリントアウトして、保証書のコピーとかを張って送らないといけない。コピーの添付や郵送は妻に任せたものの、ネットで完結しないのは、やっぱり面倒くさい。これだけネットが発達している時代に、わざわざ紙を送るのは、ムダな気がする。

いざやってみると、それほど難しい作業は求められていないことがわかり、次に申請する機会があれば、サクサクできると思う。しかし、この程度の内容なら、説明書を読まなくても、入力画面で作業が完了できるよう、わかりやすくできると思うのに…。まぁ、手間暇かかったお陰で妻の機嫌を損ねずに済んだのは良かった。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/20 Sat

溶連菌感染症

昨日から娘の調子が悪くなった。約2週間前も発熱したが、すぐ下がったことがあり、この頃忙しすぎるから疲れたのだろうと思った。それが今日、お医者さんに行ったら「溶連菌感染症」だという。

お医者さんから話を聞いた妻によれば、感染するので、ノドが少しでも痛くなったらすぐ検査せよとのこと。放っておくと、腎臓がおかしくなるらしい。

なんだかよくわからないが、とにかく今シーズンは大変だ。娘と妻が新型と思われるインフルエンザに感染し、私がアデノウイルスに感染し、今度は娘が溶連菌とは。よくもまぁ、こんなに最近に感染するものだ。今年は何かの当たり年でしょうか。
タグ:日記
posted by K2 at 23:09 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/19 Fri

高橋大輔選手、おめでとう!

冬期オリンピックのフィギュアスケート男子で高橋大輔選手が見事、銅メダルを獲得した。マスコミは当然のように大特集を組んで、お祝いムードを盛り上げる。そこでは高橋選手が普通の家で育ち、挫折を経験しながらも、家族や周囲に支えられながら、成長していった過程が映し出されている。

そんな特集を見ていて私がじーんとしたのは、高橋選手が2008年10月、選手生命にかかわる大けがをして、リハビリの過酷さに2週間、逃亡したエピソードを知ったときだった。

高橋選手は高い能力を持っているにも関わらず、大舞台では実力を発揮できないことから「ガラスのエース」などと呼ばれていた。スケートをするのはお金持ちの子どもという先入観が強かった私は、やっかみ半分で、情けないなぁ、と失礼にも思ったりしていたけど、高橋選手って、どこにでもいそうな、気持ちが優しいけど弱くもある、普通の青年なのではないか、と思った。

リハビリが辛くて逃げ出すなんて、人間臭くっていいじゃないか。挫けることがあったって、いいじゃないか。時には逃げたりして弱さを自覚し、克服しようと頑張るから強くなれるんじゃないか。4回転ジャンプにこだわり、失敗を恐れずに挑戦したことは彼が自分の弱さを克服し、強くなった証だろう。人間に生きる意味や価値があるとしたら、こういうことなんじゃないのか。

私は私自身について、優しくないかもしれないけど、小心で弱い人間だと思っている。そんな私が高橋選手を見ていると、自分もまだ成長できる気がしてくる。おめでとう! 高橋選手。たとえ、銅メダルをとれていなかったとしても、おめでとう! と思える気がする。
タグ:日記
posted by K2 at 23:38 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/19 Fri

昨日、藤田まことさん、亡くなる

昨日のこと、俳優の藤田まことさんが亡くなった。ご冥福をお祈りします。

少年時代、必殺仕事人に夢中になり、中村主水をカッコいいと思った。ドラクエの主人公の名前を「もんど」と付けた。私にとって時代劇と言えば「必殺仕事人」だった。浪人時代の金曜日、ハングマン・ゴーゴーの後に必殺仕事人を見るのが楽しみだった。

年をとるにつれ、昔、楽しみや慰めを与えてくれた人が亡くなっていく。個人的には知り合いでもなんでもないから、それほど悲しいという気持ちはないけれども、自分ももうすぐ死ぬのだなぁ、とリアリティをもって感じられる。

一報に触れたとき、「藤田まこと、亡くなったかぁ」とため息交じりに思ったのは、きっと自分も死ぬのだなぁ、という思いが重なっているからだろう。
タグ:備忘録
posted by K2 at 22:29 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/18 Thu

嫉妬は減ったか

一般的にいって、力のある者ほど、慎み深く、「常識」的な振る舞いが求められていると思う。力があり、目立つ者ほど、嫉妬されやすいと思うからだ。岸田秀は1987年に出版した『嫉妬の時代』で、嫉妬とは<われわれがやりたいけれどやれなくてがまんしていることをやった人に対する、尊敬の入り交じった憎悪の感情>のことと述べている。力のある者が「常識」の範囲で行動する限りにおいては尊敬されやすいが、「常識」を超えた行動を取ると憎悪の感情が強くなり、バッシングされる。

岸田秀によれば<神は死んでしまい、身分制度は崩れてしまい、理想も正義も信じられなくなった現代では、われわれは自我の安定した根拠をどこにも見出せないのです。世界のなかで、自我の位置を決めてくれる基軸がないわけです。そこでわれわれは、はしゃいで目立つことによって、目立って人びとに自分の存在を認めてもらうことによって、自我を確認せざるを得ません。><現代ではわれわれみんながはしゃぎたがっていますから、はしゃいで目立って有名になった人は、人気の的になると同時に人びとの嫉妬を買います>という。

スノーボードのハーフパイプ、オリンピック代表でメダル候補だった国母和宏選手は人びとの嫉妬を買ったのだろう。国母選手は、代表選手としてふさわしくない格好していたとして非難され、その後の会見のまずさもあって、出場辞退寸前となった。国母選手は非「常識」だと思って、怒った人が多かったのだろう。<怒り狂うのは、その相手がわれわれの自我を脅かすから>なので、国母選手に自我を脅かされた人が多かったのだろう。

でも、<なぜ(自我が)脅かされるのかと言えば、それは>自分<自身のなかに>相手<と共通の欲望があるから>だという。<そんなことをすれば厳しい罰があるんだということで、われわれはかろうじてこれらの欲望を抑えているのですから、(その欲望を満足させ、罰を受けない人がいて)抑える理由が崩れると、抑えられた欲望が吹き出してきます。だけど、われわれは同じことはやれ>ない。だから、国母選手の振る舞いをみて自分の欲望を抑えていた人の精神は不安定になり、精神的安定を回復させるために、国母選手に厳しい罰を与えたかったのだろう。

岸田秀の考え方によれば、国母選手に怒りを感じる人というのは、国母選手のように振舞いたいと無意識的に思っているけど、その気持ちを抑圧しているような人なのだろう。私はああいう場であんな格好をする人をバカだなぁ、みっともないなぁ、とは思うけど、怒りは全然湧いてこない。ということは、私は国母選手の振る舞いに自我を脅かされていないということだ。私は国母選手のように振舞いたいと思っていないか、あるいは自分も勝手な振る舞いをしているじゃないか、と思い当たるフシがあるのかもしれない。いずれにしても、私は国母選手に嫉妬はしていないようだ。

国母選手は残念ながら、メダルを逃し、8位入賞にとどまった。これで嫉妬もずいぶん減ったのではないか。メダルを取ることでさらに目立って、有名になったとしたら、ますます、はしゃぎ、目立つことで自我を確認せざるを得ない人びとの嫉妬を買っただろう。

だから、ZAKZAKにあった「関係者ホッ!? “腰パン王子”国母メダルならず」という見出しの記事ができるだろうね。
posted by K2 at 23:29 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/17 Wed

知ると気分が落ち着く

仕事で動揺することがあり、考え込む。しかし、その後状況を知ると落ち着いた気分になる。現象だけを見て、自分で勝手に想像して苦しくなる悪いパターンに陥らずに済んだ。真実は自分の想像通りかもしれず、誤魔化されているだけかもしれないけど、それでもスッキリした。

やはり人は自分の役割が意味あるものとして自覚できると気持ちが落ち着くようだ。自分の居場所を確認でき、自我が安定するのだろう。そういうこと以外にこのスッキリした気分を説明することはできないような気がする。

しかし、そう考えると、部下に対して存在を認めるような言葉を伝えることは、部下を上手くつかい、組織を円滑に運営するうえで重要なんだろうね。そういうことを言っても言わなくても上司の考えは同じなのかもしれないけど、言うのと言わないのでは、部下のモチベーションは全然変わってくる、ような気がする。

昨年末から続く、挫折感がいまだに払しょくできないけど、少しずつこの挫折をバネにして成長できているような気がする。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/16 Tue

すごいニュース

出張のため日曜日に移動。月曜日午前、大阪で仕事したあと、会社に戻って仕事。これが意外に堪えたらしい。なんか疲れがたまっているようだ。今日も、仕事に粘りがなく、早々に帰宅し、家で発泡酒をあおると、もうなにもやる気がしない。なんか心動かされたことがない気がする。

と思ったけど、JR高円寺駅で、線路に転落した女性を助けた男性のニュースにはすごいと思った。ホームに飛び降り、迫ってくる電車をみて、このままホームに持ち上げるのは間に合わないと判断し、女性を電車の下の隙間に潜り込ませるよう仰向けにし、自分はホームの待避場所に避難する。

自分があの場にいても、絶対に真似のできない行動。まず、飛び降りるなんてできないだろう。そして仮に飛び降りたとしても、どうしたら良いかわからず、パニクるに違いない。あのニュースを聞いた今でも、飛び降りる自信はない。

ああいう場面で、とっさに対応できる人って、どういう気持ち、精神状態なんだろう。そういうことって、知りたい気がする。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/15 Mon

ちょっとセコイ感じのするホテル

ホテルラフォーレ新大阪出張で「ホテルラフォーレ新大阪」に宿泊した。ツインのシングルユースで30uと広々して気持ちが良い。しかし、いろいろと不満が…。

高速道路と駅のそばで、音が気になる。特に朝、電車(新幹線?)の振動音で目が覚めてしまった。部屋のカギは開けにくい。設備は全般に古い感じで、テレビは左のスピーカーの調子がおかしく、たたかないと音がならない。あと、朝に新聞サービスがあるのはいいのだけれど、チェックインの時はなにも聞かれず、他の部屋は日経だったのに自分だけ朝日新聞。

朝食はビュッフェではなく、和食か洋食かを選ぶ。このクラスのホテルとしては味は普通だが、ビュッフェでないところがセコい感じがする。和食が食べたかったのだけれど、コーヒーがついていないというので、洋食にしてしまった。利用している人がほとんどいなかったところをみると、あまり人気はないのかもしれない。

ほかにも氷のサービスが有料とか、ツインなのにタオルとかアメニティは1人分しかないとか、総じてセコい感じがする。まあ、寝るだけと割り切れば良いホテルかもしれない。広いし、新大阪駅にも近いし。
タグ:日記
posted by K2 at 22:38 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/14 Sun

移動日

日曜日だけど、明日の仕事のため前日移動。サラリーマン人生で初めて。娘が寂しがるので、始発に乗ろうかとも考えたけど、この前の体調不良で懲り、無理はしないことにした。

しかし、早く出かけて、出先でのびのびやれるかというと、そういうことは許されない。娘の習いごとの送り迎えをして、金魚の水槽の水を換え、家族と食事をして、目的地に到着したのは午後8時。そういえば、オリンピックの女子モーグルをテレビ観戦したなぁ。上村愛子選手はメダルまであと一歩で、ちょっと残念だったけど、実力は出したような気はするので、良かったのではないのか、と思う。

新幹線では、ビールを飲まないと負けだと思う意識があるらしい。お腹はいっぱいで、ビールも大して飲みたいわけではなかったけど、結局、350ml缶のビール1本飲んでしまった。こうなってくると、新幹線でのビールは楽しみというよりも、何か意地みたいなものなのだろうか。パブロフの犬みたいなものかもしれないけどね。

結局、休日の前日入りといってもホテルでビールを飲みながらテレビを見ているだけだから、家にいるのとあまり変わらない。まぁ、こんなもんなんだろうね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/13 Sat

今頃、ショック

去年10月に購入したVAIO F。今年に入って、モデルチェンジした。その結果、性能が良くなるのは当然なのだけれど、パソコンの性能を十分に使えこなせない自分にとっては、そもそも大した問題ではない。だから、買い換えたい時が買い時と思い、購入に踏み切った。評判の良くなかった、ウインドウズVISTAが7にバージョンアップしたタイミングだったし…。

しかし、数日前、気づいてしまった。キーボードが明らかに変わっていることに。「ろ」のキーが他のキーと同じサイズに大きくなっているのはまだ我慢できるとして、新たにテンキーがついたことは、非常にうらやましい。かな入力の自分にとっては数字入力が面倒だから。

こういうことって、パソコンに無知な私にとっては比較的強いこだわりになるから、気になるんだよなぁ。次のモデルでテンキーがつくことを知っていたら、昨年買わずに待っていたのに。今持っているVAIO Fの所有欲が急速に後退した。これでブラックボディで目立つ些細な擦り傷とかは気にならなくなったのは良いけど、数字入力する度にあ〜ぁ、とか思ってしまうだろうなぁ。

新しいパソコンを買うまで最低でも3年はかかる。それまでに、多分、3Dとかが主役になるだろうから、と自分を慰める。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/12 Fri

俺みたいなヤツでも

俺みたいなヤツでも、かまってくれる人がいる。俺みたいなヤツでも、酒を飲んでくれる人がいる。俺みたいなヤツでも、帰りを待ってくれている人がいる。そう考えると、俺って捨てたもんじゃない。

ありがたい。ありがたいなぁ。孤独じゃない。それがわかっただけでも幸せだ。幸せだと感じると、誰を同じ様に、孤独にしないようにしようと思う。

今までやってきたことは無駄ではなかった。自分がやってきたことは回り回って、自分を助け、支えてくれた。ありがたい。ありがたいなぁ。今日はそんなことをしみじみ思った。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/11 Thu

さすがに疲れてきた

昨日ひと仕事終え、少し気が緩んだのか、疲れがどっと出た感じ。今日も仕事に精を出さないといけなかったけど、朝からぐったり気味。それでもやらねば、と思いつつ、最低限の仕事をする。問題の大半を明日に先送り。

それにしても、今回の山は大変だ。スタートが遅れた分、登る距離を高くしてしまった気がする。急いで登っても、登っても、まだ先が見えない。さすがに土曜日は休めるだろうと思っていたけど、このままではそれも難しいかもしれない。

大変になったのは、仕事の量と締め切りのバランスが非常に悪いこともあるのだけれど、仕事の量だけでなく、高い質を求められているせいもある。平時では深く考えずにスルーできることでも、こういう局面になると、必死に考えないといけなくなる。これまでの自分の勉強不足、手抜きが自分の首を絞める結果になっている。

ただ私の場合、ピンチにならないと今回くらいにきちんと調べることができないと思う。平時でもピンチ時の質で仕事できる人が偉くなれるんだね、きっと。
タグ:日記
posted by K2 at 22:26 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。