2009/11/30 Mon

怠け癖

仕事に関することでにわかに反省の気持ちが出てきた。このところ取引先との連絡、接触が不十分で、それがトラブル、取引の中止につながっているのではないか、と思うようなことが出てきたからだ。こっちにも言い分はあるのだけれど、受注産業で顧客の立場が強い業種だからこちらの言い分は原則、通用しない。嫌われれば取引を打ち切られるだけだからだ。

昔であれば、もっと相手にぐいぐい食い込んでいく強さを持続できたと思うのだけれど、このところ、そういう力が出てこない。歳をとったことを免罪符にして、意欲の低下を正当化しているような気がする。こういう態度は会社の不利益につながるだけでなく、働いている自分も気持ちが良くないことがだんだんとわかってきた。

精一杯やって、結果的に仕事を切られるのなら仕方がない。仕事を切られることだけを持って、クヨクヨはしないくらいの強靭さはまだ持っているつもり。しかし、怠けていたと自分自身感じる面もある。気分が良くないのは、歳のせいにして、怠け癖が付いてきた自分自身に対してなのだろう。
タグ:日記 反省
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/29 Sun

はらドーナッツ

休日に家族でランチを食べに行ったり、お茶をしにいったりするたまプラーザの「すなづか珈琲店」のすぐそばに、こじゃれたドーナッツ店ができた。それが「はらドーナッツ」。見るからに素朴な感じのドーナッツは、豆乳とおからを材料に使っているといい、もっちりしながらも軽い味で、プレーンの「はらドーナッツ」や砂糖をまぶした「サトウキビ」なら何個でも食べられそうな感じがする。

今日も「すなづか」でランチを食べた後、はらドーナッツで購入。娘は「サトウキビ」が大好物で、1度に3〜4個も食べてしまう。今ランチ後にもかかわらず、あっという間に3個食べ、夕食後にも2個食べて、買ってきた5個全部たいらげてしまった。

私もプレーンの「はらドーナッツ」と「サトウキビ」は好き。甘いものはそれほど好きではないのだけれど、1度に2個はいける。ただ、「チョコ」を食べた妻によると、1個で十分とのこと。見るからに甘そうな種類は、予想通り、年寄りにはきついようだ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/29 Sun

『脳内恋愛のすすめ』

本田透(著)
★★    中途半端

(2008/6/19)

脳内恋愛のすすめ
人間は自分なりの物語がないと生きていけないらしいが、恋愛もそもそも物語、つまり脳内恋愛である。恋愛は資本主義文明下で<純粋に生物学的な快楽の総量を求める消費活動に堕落>した<今こそ「脳内恋愛」の価値を復権しなければならい>ということを主張する本。

今よりもかなりナイーブだった数年前、『喪男の哲学史』に衝撃を受けて以来、筆者のファンだったが、さすがにくどい感じは否めない。自らの主張を手を変え、品を変え、述べているのだけれど、ちょっとマニアックすぎるというか、マニアックにするなら、この文量では足りないというか、中途半端感を抱いてしまった。『世界の電波男 ― 喪男の文学史』の方が物語論が充実していてよかったかも。読むならこっちでしょう。
posted by K2 at 01:31 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/28 Sat

飲み会の手配

どこかに出かけたくなるような良い天気だけど、娘の習い事があるので、留守番がてら家でごろごろ。やったことといえば、Wiiフィットプラスを1時間、ポケモンゲームとなんだかゲーム三昧。こういう生活を続けていると、仕事を一所懸命したくなる、と信じよう。

何か予定をつくってそれをこなしたり、誰かに頼まれた用事を済ませたり、会社の仕事をしたりしていないと、何にもした気にならないというのはある種の病気ではないか、という気はする。しかし、今日、唯一何かしたと感じたのは、飲み会の手配をしたこと。

先月結婚した友人が来月に奥さんをつれて上京するというので、私が幹事となって会場の予約をした。学生時代に良く行ったお店。もう20年くらいたつけど、まだ健在だったんだね。昔から割安感全開のお店だったけど、今でも変わっていない。

実際にお店に行ったら、すごい懐かしい気持ちになるんだろうなぁ。そういう昔の思い出に浸りたい年頃になってきたんだなぁ。昔の自分からは考えられない。そういうのって、気恥ずかしくって嫌いと思っていたのに。歳には勝てないね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/27 Fri

円急騰、一時1ドル=84円台に

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国の政府系の投資持ち株会社と、その不動産子会社が債務返済の一時凍結を要請したことをきっかけに、欧州を中心に金融不安が再燃したことで、円が急騰した。1ドル=84円というのは1995年7月以来、14年4カ月ぶり高値水準らしい。

いやはや、世界経済に再び暗雲が立ち込めてきたね。やっぱり国内経済は二番底に向かうのかしら。そうなったら自分の生活がどうなるかは良くわからないけど、実感できることと言えば、ボーナスが減ったこと。タクシー帰りはもちろん、残業も大幅に減ったこと、会社から経費節減をこれまでにないくらい厳しく言われていること。

90年代後半に危機だ、危機だと騒がれていた時もはっきりとした実感はなかった。しかし、今度は収入が明確に減っている。さしあたり生活に困るようなことがないだけ恵まれていると思うものの、こんな状況ではこの先どうなるかわからない。収入が増えないことはもちろん、かなり減ることも想定して、生活を見直さないとダメかもしれない、という気がする。

経済問題の解決策を成長に求める考え方は、そろそろ本当に限界が来ているのかもしれない。みんな、うすうす気づいているとは思うのだけれど、さりとて今の民主主義、資本主義に代わるような社会体制を思いつかないのだから、成長に頼らざるを得ない。どういうオチが待っているのか楽しみではあるものの、自分がそれを楽しめる位置にいるかについてはまったく自信がない。せめてどんな状況でも楽しめるように気持ちを鍛えてておきたいものだ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/26 Thu

Wii Fit plusを本格的にやってみる

Wiiフィット プラス(バランスWiiボードセット)
70キロ強だった体重が80キロ弱になり、さすがにヤバさを感じる。他人の視線というよりも、生活が快適でなく、苦しい。現状水準はなんとか死守し、70キロに近づくようにしようと決意した。

昼食はサラダ中心メニューにして、家族にも夕食の量を控えることを宣言。アルコールはキリンのZEROをメーンとする(飲むんかい!)食事制限を実施することにした。

従来、これに加え、エアロビクスステッパーによって、カロリーを消費していたが、実はこれがかなりストイックで辛い。毎日、20分頑張るのが難しい。しかも意外と置く場所に困る。そこでせっかく購入したWiiとWii Fit plusを本格的に活用することにした。

以前にもちょっと試してみたけど、こんなもの続かないだろうと思っていた。しかし今日、30分以上やってみると「ゲーム好きの自分にあっているかも」と思ってしまった。

単に体を動かすだけでなく、タイミングとかバランスのとり方とかで、点数が変わってくる。これが「やってやろうじゃないの」という気をおこしてくれる。これなら意外と続けられるかも。

しかし、やってみてわかったけど、筋力、バランスともにめちゃめちゃ衰えている。もう老人みたい。その場ジョギングでは、体重の重さをずっしり実感。アキレス腱が切れちゃうんじゃないか、と心配になるくらい。

それでも1カ月は続け、2キロは落としたいなぁ。加えてウエストも絞りたい。ただ、始めたばかりは意欲満々なのはいつものこと。1カ月後、どうなることやら。
タグ:日記 ゲーム
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/25 Wed

老化を感じる

目がしょぼしょぼする。パソコンとにらめっこする仕事に加え、ゲームのやりすぎで、目に疲れを感じる。近視も進行している模様だし…。

お腹がきつい。ここ数日、昼食をサラダ中心にしていたものの、休日や平日夜に自宅で食べすぎているせいかも。ビールはやめたくないし、どうしよう。何年か前みたいに、我慢でき亡くなっているからなぁ。

相変わらず職場で眠い。この2〜3日は睡眠時間だけはばっちりなのに…。もっと睡眠時間を取らないとだめなのかしら。もっとも、仕事に緊張感がないせいのような気がするけど。

目が疲れている、お腹がきつい→仕事に集中できない→眠くなる、というような感じな1日だったような気がする。まっ、言い訳だけど。
タグ:日記
posted by K2 at 23:23 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/24 Tue

知ると後戻りできなくなる

仕事で人の怒りを感じる。相手は私などよりもはるかに大人だから、はっきりとは示さないが、怒っていることが分かる。もっと若いころなら、だったらどうしたと、思っただろうが、今後取り引きが続くかどうかが、心配になる。なんでだろう?

こういう場合、過去の経験から取り引きを打ち切られるということを学んだからだろうか。それで会社の収益が少なくなるので、ちょっと歳をとった社員として、心配になるからだろうか。また、他人からの評価が下がることを気にしているのだろうか。

そういうこともあるだろうけど、ちょっと違う気がする。自分に負い目があるからかもしれない。自分自身があのような対応を取られたら、そりゃ、怒るよなぁ、というような。

若い頃はそんな負い目は、ちょっとは感じても、自分は正しい、と信じることで自分を支えていた気がする。しかし、この頃少し知恵がついてきたせいで、そもそも自分が正しいと信じることができなくなり、なんとなく気持ちが落ち込むのかもしれない。

こうして考えると、何かを信じてすがっていた方が、楽だし、悩みがなく、気持ちいいのかもしれない。しかし、それは他人から見れば見苦しいかもしれない。また、それを見苦しいと思ってしまった自分は、もはやそのようにはなれないのかもしれない。知ることって後戻りができないことなんだね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:35 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/23 Mon

出勤断念

翌日の仕事に備えるべく休日出勤しようと思っていた。しかし、時間が経つにつれ、何で行かないといけないのだろう、という気持ちが強くなってきた。よく考えると、出勤する理由が良くわからない。

ひとつには、明日の仕事が作業量はともかく、精神的に苦痛なので、その気持ちを紛らわせようということなのかもしれない。人が仕事をしていない時間を使って、準備することで、心理的に優位に立ちたいのかもしれない。

また、そのことと関係あるのだけれど、仕事相手が投げてくるボールの出が遅いのだけれど、それを事前にちゃんと受け止めたよ、という姿勢を示すためもあるのかもしれない。わざわざ休日に出勤して、見てやっているのだから、みたいな。

いろいろ考えて、わざわざ出かけても大した仕事はしないだろう、と考え、出勤しないことにした。しかし、急に予定を変更すると、それが気持ちの上だけのものであっても、空いた時間を充実して過ごすのは難しい。この3連休、なんか、ダラダラと無為に時間を使ってしまった気がする。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/22 Sun

騒がしいお客

昨日に引き続き、昼と夜ともに外食。お昼は蕎麦の「よしみや」で鍋焼きうどん(1680円)を食べ、満足。高いだけあって、美味しい。上品な鍋焼きうどんで、具材の味がしっかりしている。つゆも美味しく、残せない。個人的にはこのお店、ハズレがない。

夜は港北ニュータウン周辺で、イタリアレストランを新規開拓。事前にタウン誌で情報をゲットしていた。値段はお手ごろで、味は感動的に美味いというわけではなく、アタリ、ハズレがありそうだが、納得な水準。もう少し色々なメニューを試してもいいかも、と思わなくはない。しかし、その気持ちを吹き飛ばすに十分なマイナス要素があった。

どうも常連さんらしいのだが、もの凄くうるさい集団がいた。居酒屋の酔っ払いでも、もう少しましだろうと思うくらい。お店は広くないだけに、あんな集団がいたら、家族連れ、カップルは寄り付かなくなるだろう。他のお客さんのせいで、もう行きたくいと思ったお店は初めてかもしれない。

お店の人も困った感じではあるものの、一見のお客さんがどんどん来るような立地ではないから、やむを得ないという感じなのだろうか。しかし、味がもっと良くても、あの雰囲気じゃあなぁ。対面に座った妻の話が聞こえなかったからなぁ。

お店の人はいい人そうで、何度も「申し訳ない」と謝っていたけど…。しかし、いくら常連といえども、常識の範囲を超えているような気がする。

やっぱり、あの手のお客さんには他のお客さんに迷惑をかけないよう、ピシッと言いうのが、店主が生き残っていくうえでも重要な気がする。彼らがあのお店の日々の売り上げを支えてくれるわけではないだろう。まぁ、私のしったことではないけど。あの騒がしい人たちがいなかったとしても、是非ともまた行きたいと思うようなお店ではなかったし…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/21 Sat

秋の小学校の行事など

秋の小学校の行事がある。昨年は三連休後の土曜日だった。感想は昨年同様、子どもだけで遊んでいるという感じ。子どもの自主性を重んじているようだけど…。まあ、時代が違うということなのだろう。大人を楽しませるのが目的ではないだろうし。1時間くらい娘の様子を見て、帰ってきてしまった。

それにしても、この連休はレジャーの予定がない。正確にいえば23日にディズニーランドに行く約束をしていたのだけれと、仕事が忙しくなり断念した。娘は泣くし、かわいそううに思うのだけれど、勘弁してもらうしかない。23日は出勤の予定だ。

休みの日に予定がないと、食べることしか楽しみがない。今日は昼と夜に外食。それから近所のコーヒー豆店で、そのお店が独自にブレンドしたコーヒー豆を購入した。いつもはそれほど混雑していなのだけれど、この連休に特売をしていて、すごい混雑…。しかし連休だというのに、たいしたことしてないなぁ…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/20 Fri

さもしい人、自分で考えない人

人の嫌な面を目の当たりにした日。分かっているつもりでいても、実際に見てしまうとやはり気持ちのいいものではない。

いろいろ理由はあるのだろうが、開き直っているのか、出張することを目的にしている人、さもしい。見ていて気分が悪くなる。個人的にはそろそろなんとかした方が良いと思う。

また、自分で考えず、他人に従うだけの怠惰な人。こういう人は命令されたことを何も考えずに実行するだけなので、だれかが迷惑に思っているとはつゆにも思っていない。

眠かったこともあって、気分が悪かった。しかし、この頃、自我に占める仕事のウエートがかなり低下している気がする。自分の心持ちが変わったせいかもしれないけど、大した仕事がないせいもあって、自分の存在意義を仕事に見出しにくくなっているのだろう。また、対人関係も一因かも。

まぁ、自我の中身は絶えず変化して、その配分はいつも一定してるわけではないだろうけど、この頃は特に仕事へのやる気が出ないなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/19 Thu

資産管理ソフト マスターマネーふたたび

過去、何年も使っていたマスターマネー。ある時にパソコンのトラブルで中身を全部初期化しなくてはならなくなって以来、使うのをやめてしまった。毎日、家計簿を細かく付けるのは大変な労力だし、それが1週間もたまると、入力作業だけで1〜2時間はかかる。

パソコンのトラブルがきっかけとはいえ、家計簿をつけなくなると解放感で幸せだった。しかし、その分、お金の使い方が荒っぽくなったような気がする。ダイエットをする方法として体重を計るだけというのがあるけど、家計簿をつけるのも節約効果がある気がする。

そこで、パソコンを買い替えたのを契機に再びマスターマネーを使って家計を管理することにした。今度は嫌にならないよう大雑把に記録することにした。

マスターマネーもバージョンアップを続け、今は6になっている。資産運用はしていないけど、いつも家計版ではない方を使っている。そのうちするかもしれないから、とか思って…。

2〜3年ぶりだけど使い勝手が以前と同じなのがうれしい。戸惑わずにすぐさま使える。これならイライラしないだろうという程度に項目を決め入力してみると、やる気が出てくる。新しいパソコンで意味なく触ってみたい時期なので、毎日入力作業があるのはいいかもしれない。
タグ:日記
posted by K2 at 23:43 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/18 Wed

学校が楽しいらしい

水疱瘡にかかり、熱もないのに学校を休んでいた娘にかかりつけの小児科医から、明日から登校してよいとの許可が下りる。娘は、こんなに喜んだことを見たことがない、というくらい大喜び。妻によれば、嬉しさのあまりキックボードでその辺を周回して大騒ぎだったらしい。私が帰ってからも、ケガしそうなくらい落ちつきがなかった。家でじっとしているのが退屈でたまらなかったらしい。私とは大違いだ。

学校が楽しいなんて、今の社会に適応できているようで、幸せだ。たまには泣いたりしているようだけど、サッパリしすぎるくらいサッパリしていて、溜めないタイプ。両親とは全然違う性格。私だったら、いつまでもクヨクヨしているようなことでも引きずらない性格なのも、学校が楽しいと感じる理由だろう。娘を見ていると幸せって、人の心の持ちようにかかっているのだ、とつくづく感じる。

しかし、サッパリしすぎるというのは、一方で反省というか、失敗に対しての学習がない。どんなに「気をつけろ」と言ってもしょっちゅう、どこかに体をぶつけて痛がったり、何かこぼしたりして、落ち着きがない。

将来は多分、微笑ましく思ってくれる人もいる半面、眉をひそめるような人もいる。それらにかかわらず、本人はマイペースに幸せ、というような人になるのではないか、と予想するのだけれど、どうだろうか。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/17 Tue

体がきつい

最近、体がきつく感じる。もちろんきつく感じるのは太ってきて服のサイズが合わなくなってきたせい。

とりわけ、お腹とお尻がきつい。顔とか手首とかはそれほどではないと思うので、まさに中年体系。以前テレビで、ある大御所お笑いタレントが、「歳をとると腹が出る半面、手や足は細くなってタガメみたいな体形になる」と言っていたけど、まさにその通り。

いまさら体形がどうの、という気はないのだけれど、服がきつくなり、苦しいのはなんとかしなくては、と思う。服を買い替えるようなことになれば、お金が…。

早速、今日のお昼から大盛りサラダ中心のダイエットメニューに変更。夕食のおうちカレーも普段に比べ盛りを少なくし、おかわりも控えた。しかし、慢性ダイエッターになりつつあるね。なんだかなぁ…。
タグ:日記
posted by K2 at 23:42 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/15 Sun

憧れのピザ店のピザに感動

休日の買い物帰りに車で通る道沿いに、気になっていたピザ店がある。今日知ったのだけれど、名前を「マイケルズ・ピザ」という。オーストラリアから来た人がピザをつくっているようだ。国道246号線からちょっと入った細い道沿いで、駅からも遠く、周りは住宅街。初めて見たとき、「こんなところで、よくやるなぁ」という感想だった。

何度もお店の前を通っているうちに、いつも助手席で様子をうかがっていた妻が「外国の人が作っているらしい」という。広くはない店内にはしばしばお客さんがいる。「ひょっとして、美味しいのでは」という予感はあった。

妻に行ってみよう、と何度か誘ったことはあったが、乗ってこなかった。妻は、奥様同志口コミで「美味しいらしい」という情報は仕入れていたが、小さなお店でお客さんが少ないと、何か話かけられたりするかもしれないことに抵抗がある、とのことだった。

私も「所詮、ピザなんて大して美味いものではない」という先入観があった。そもそも宅配ピザの印象がよくなく、本格的ではないイタリア料理風のお店でもピザよりはスパゲッティの方が好き。会社の仕事で行ったアメリカでは、ハンバーガーみたいなものだったし…。

ところが、今日、そのお店のピザを食べる機会に恵まれた。水ぼうそうの感染防止の故、元気ではあるけど、外出禁止の娘を抱え、ピザでも取ろうとか、という話になった。しかし、宅配ピザは冷めるので、美味しくない。それならば、例の気になっているお店に買いに行ってテイクアウトし、車中で食べよう、ということになった。

食べたのは、マルゲリータのMサイズとマッシュルームとベジタブルのハーフアンドハーフのSサイズ。これが、うめー! とくにマルゲリータが最高だった。トマトソースがジューシーでいいお味。チーズもくどくなく、いくらでも食べれそう。8ピース中、5ピースを食べた娘を見ればその美味しさは明らか。ピザは美味くないもの、と思っていた私にとって、ちょっと感動的な体験だった。

マッシュルームとベジタブルは具材をケチってないから、それぞれの味がしっかりと濃い。これはたくさん食べると飽きるというリスクもあるのだけれど、お店の誠実な姿勢が伝わってくる感じ。ピザの食べ比べってしたことないけど、ここのピザを食べたら、他で食べられないという印象。

妻も同じような感想だったらしく、是非また行こう、という話になった。家族でしばしば行くお店の一件になりそうな予感。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/14 Sat

新しいパソコン、とってもキャッチー

11日の水曜日に届いていた新しいパソコンを取り出し、設定する。やっぱりいいよね。新しいモノはとってもキャッチーな気分になる。自分のパソコン歴は全部ノートブックで、NECの白黒→NECのカラー(このパソコンで画面中央に白いドット欠けがあり、以来、パソコンはメーカー直販で買おうと心に決める)→ソニーのVAIOのSR→VAIOのtypeF→VAIO F。

私って、ソニー好きと認めざるをえない。だってデザインがいいし、ハズレも多いけど、人とは違うことをやろうという姿勢が好き。最近はあまりうまくいっていないという見方もあるようだけれど…。

パソコンって、あんまり性能に差はないだけに、所有欲を満たしてくれるかどうかということが、結構ポイントになるような気がする。HPもデザインを重視しているらしいし。使うたびに、にやにやしたくなる物を持つのって、ちょっとした幸せである。

パソコンや自動車なんて、動けばいいのだ、と思っているとこういう嬉しさは味わえないのだろうなぁ。こんな小さなことで嬉しくなってしまう自分は幸せ者だよ。なんたって、小さなことに歓びを見いだせるかが、幸せの秘訣だからなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/13 Fri

娘が水ぼうそう

この2〜3日、体がかゆいと言っていた娘だったが、昨日、皮膚科に行き「水ぼうそうかも」と言われ、今日、小児科で「水ぼうそう」と断定されたとのこと。

私は子どもの頃、水ぼうそうにかかっていない。だから数年前に予防接種を受けた。しかし、妻の説明が悪かったせいか、小児科の先生に「心配だから抗体があるか、調べたほうがよい」と言われたという。

医者に行って調べるなんて大げさな、と思った私だったが、さりとて、アドバイスを受けるべき適切な人を思いつかない。でも、思い出した。昔、付き合いで作った高い会費を払っているクレジットカードのサービスに、医療関係のことを相談できる窓口をあった。

早速、電話して聞いてみると、予防接種の話に対しては「う〜ん」という感じで、大丈夫かどうかよくわからない。「早めに予防接種を打ちなおせば、症状は軽くなるのでは」という妻の入れ知恵を伝えると、「治療の薬を72時間以内に服用すれば、効果があるが、予防接種は意味がない。それに接触してから72時間以上は経っているようだし…」と絶望的な返答。

やれやれ、あきらめるしかないか、と思っていたところ、また思い出した。2カ月前、水ぼうそう菌が原因の帯状疱疹で苦しんだことを。そのことを伝えると、「帯状疱疹になるということは体の中に強い抗体があるということ」だという。帯状疱疹で抗体がなくなったりしないのか、と聞くと「それはない」という。

いやいや、安心した。娘は幼稚園に行くか行かないかくらいのときに水ぼうそうの予防接種を受けたせいで、症状が軽く、体がかゆい以外に発熱などはなく、極めて元気。そんな娘と帰宅後濃厚接触した。大丈夫かなぁ。

しかし、知り合いの子どもが続々とインフルエンザを発症する中で、ひとり水ぼうそうとは。どこかずれているんだよなぁ、自分もそうだったけど。将来がちょっと心配になる。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/12 Thu

私が政治に求めるもの

民主党政権の「事業仕分け」が話題になっている。その様子はインターネット上に生で配信され、テレビでも議員と民間人からなる「仕分け人」が官僚に厳しい言葉をぶつけ、官僚が必死に抗弁する姿が映し出されている。

「事業仕分け」、しかもそれを全て公開するということは、自民党政権下ではまずあり得ないだろうと思われる。政権が変わっても、大して変わらないだろうという負の期待は裏切られ、民主党って意外とやるかも、などと思ってしまう。

兆円単位で膨張する財政にとっては、事業仕分けで削減されるかもしれない金額は焼け石に水とまでは言わないけど、あまり効果が大きいものではないだろう。民主党のパフォーマンスにすぎないという見方も、そうだと思う。

しかし、今の「事業仕分け」に対するネガティブな意見を聞き、ちょっと冷静に考えてみても、まだ民主党のやり方への期待を抱いてしまった。何故だろう、と考えて、自分が政治に求めるものが何となくわかった気がした。

率直に言うと、自分は官僚になんとなく好意をもっておらず、それらの人をいじめているように見える「仕分け人」を自分とダブらせ、いい気分になっている、ような気がする。「事業仕分け」による財政削減効果を期待しているわけではなく、官僚をスケープゴートに見立て、その人達がいじめられる姿を見て、「これで世の中、少しは良くなるだろう」と安心している、ような気がする。

要するに私の政治に対する好悪の基準は、自分を支える世間のために、という部分が小さく、自分の気持ちを心地よくさせて欲しい、という部分が大きいようだ。池田信夫氏が「事業仕分けという人民裁判」と書いていたけど、自分のその裁判員の一員の気分であったようだ。

今回の政権交代って、自民党に対する嫌悪感が主因だと思っている。交代した当初は民主党も同様の嫌悪感を抱かれ、早晩、自民党政権が復活するだろうと思っていた。しかし、民主党は、国家をどうするかということよりも、政権を奪取し、長期に渡って維持することが組織としての最大の目的であり、それには有権者の「気持ち」をつかむことが一番という企業経営にも似た発想をしているのような感じを受ける。

とすれば民主党政権って、意外に長続きするかもしれない。もちろん、気持ちよくさせつつ、しっかりとした政権運営をしてくれれば言うことはないのだけれど、そんなことは可能なのか? でも多くの人が気持ちいいと思っていれば、同時にしっかりやっている、とその時は思うかもしれない。

政治と企業に求められるものは(多分)違うはずなのに、市場原理に慣れてしまった私は、それが同じだと思っていたのかもしれない。世の中の大きな流れは変わらないだろうけど、その流れの中でたまには立ち止まって、自分自身を見失わないようにしないといけないね。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/11 Wed

マグカップ

マグカップコーヒーを飲むために自分専用のマグカップが欲しくなり、ネットで注文した。有田焼のマグカップ(2100円)。デザインはシンプルで、軽くて、薄くて、口当たりが良い、かな? カップの薄さが他にあまりないだろうと思い買ったので、それはいいけど、劇的な感動はない。多分、これから少しずつよくなっていくだろう、と希望する。

マグカップ コーヒー入れたところところで、昨日、今日と早起きして、コーヒーを淹れている。好感触なグァテマラなのだけれど、それまではどうもかなり荒く挽いていたらしい。そこで、昨日はいつものポーレックスのミルで調整ネジを8回転半きっちりにあわせて挽いたら、濃くて酸味が立ちすぎる感じ。今朝は9回転にしてみたのだけれど、まだ酸味が強く自分の好みではない。

仕様していくうちに、ゆるくなっていたようなのだけれど、この豆に関しては結果的にそれがよかったみたい。実は以前8回半でちょうど良いと思ったのは、エルサルバドルのパカマラというちょっと粒の大きい豆。しかし、グァテマラはそれほど大きくなかったから、豆のサイズによって、調整ネジの回転数も変えないといけないのかも。

コーヒーは奥が深い。同じ豆、同じ道具を使っても、ちょっとしたことで味が大きく変わってしまう。今のマグカップもこれで飲み続けると、他のものが使えなくなるのかなぁ。
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。