2008/06/30 Mon

整形外科医に行く。あと、健康診断の結果は…

ディズニーシーに行ってクタクタになった昨日の疲れからか、8時間くらい寝ても疲れが取れた感じがない。それよりも何よりも首と肩が痛い。そのせいもあり、全く集中力が出ない。これではマズイと思い、急遽、会社近くの整形外科医に行くことにした。

首を曲げて腕がしびれるか、など話を簡単に聞かれるとすぐレントゲンを撮りに行けという。レントゲンは4枚撮られ、それを持って行くと、首の骨がゆがんでいるところがあるが、これは経年劣化によるもので、痛みとは関係ない。痛いのは筋肉、というようなことを言われる。

そしてレーザー治療を受けることになった。レーザー治療というのは初めて。整形外科でもそんなのがあったのか。患部にレーザーを照射するとすぐに痛みが和らぐ。時間があったら毎日でもやれという。

なんか金儲けのような気もしなくもないが、確かに効果は実感できる。照射の時間は5分くらいだが、痛みが和らぎ、首も照射前より曲がるようになる。どんな仕組みかわからないけどすごい。でも大丈夫なのだろうか。

この整形外科医では痛みを和らげる飲み薬と湿布をだしてもらい、また1週間後に来いとのこと。この湿布がまたイイ。はがれにくいし、効いてる感が長持ちする。やはり餅は餅屋だね。

整形外科医に行く前は頚椎でも損傷しているのか、と心配だったが、単なる捻挫のようなものらしく、お風呂もOK。よかった。これで仕事も集中できる。明日からだけど…。

ところで本日、健康診断の結果が返ってきた。結果はデブになった以外、異常は全くなし。意外だ。この半年ほど暴飲暴食気味だったので、どこか異常は覚悟していたのだけれど。水をがぶがぶ飲んでいるのがいいのかなぁ。もっとも、娘に「メタボ要注意だって」と笑われた。娘もイヤミなところまで私に似なくてもいいのに…。
タグ:医者 日記
posted by K2 at 23:56 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/29 Sun

大雨のディズニーシー

雨中のディズニーシーで隠れミッキーを娘の強い希望と、雨だから、と言いながら本当は行きたい妻の意向によって、いったんは白紙撤回になったはずの東京ディズニーシーに行ってきた。ディズニーシーは屋内の施設が多く、外で並ぶことさえ苦にしなければ結構遊べるということやヤフーのピンポイント予想でディズニーリゾートの天候が小降りの雨ということもあり、自分も強く反対しなかった。

施設に向かう高速道路からして結構な雨足。これならさぞかし空いているだろうと気を取り直し施設に向かうと意外に人が多い。かつて雨ではない日にディズニーシーに行ったときとそれほど変わらない印象。ディズニーランドに行こうと思っていた人たちが流れてきたのか? 

園内に入ったら、まず娘が行きたいと言っていたインディ・ジョーンズのアトラクションのファストパスを獲得。その後、あまりの雨量に上着の腕がビショビショになったことに耐えかね雨合羽を購入し、娘と妻はアクアトピアへ。二人が帰ってきた時点で午前10時45分くらいだろうか。

混雑回避のため早めの行動が良いだろうと思い、キャラクターにあえるホライズンベイ・レストランで昼食。このレストランは同一の施設に性格付けがはっきり分かれたコース(要するにキャラクターが来るところと来ないところ、もちろん値段も違う)が並存し、ちょっと嫌な感じだが、家族は満足。

食事後はインディージョーンズ→センター・オブ・ジ・アースのファストパスゲット→海底2万マイル(35分待ち)→アラジン→インディ・ジョーンズのファストパスゲット→センター・オブ・ジ・アース→櫻で夕食→インディ・ジョーンズとまあまあ回り午後9時に帰宅。天候が悪いと船の運航が中断してしまい、結局乗れなかったけど、これだけウロウロできれば十分でしょ。

家族は満足したようで、よかったのだが私はすごいクタクタ。私は金曜日に痛めたクビ、肩が痛い。そのせいか気持ちが悪い。しばらくすると痛みは治まったのだけれど、帰りにまた痛くなった。考えてみるとインディージョーンズのアトラクションのせいかもしれない。あれはすごい揺さぶられるからクビにくる。しかも、乗り物酔いしやすいので気持ちが悪くなる。

雨はすごかった。時より小降りになるのだけれど、やまなかった。普通の運動靴だったのが失敗でグズグスのビショビショ。雨の日は長靴が必須かも。ディズニーシーは雨でも遊べるけど、それなりの準備と心構えが必要だ。若者は問題ないかもしれないが、靴は特に要注意だ。雨合羽なら園内で手に入るけど、さすがに靴まで買うとなると今持っている靴が荷物になるしね。しかし、旅行者でもない我が家がワザワザ雨の日にいく必要があったかといえば…、疑問だ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/28 Sat

アニメ「メジャー」の第4シリーズ終了

昨日痛めた首が本格的に痛くなってきた。何だか体調も優れない。昨日、また同僚と少し飲みすぎたせいもあるかもしれないけど。仕方ないのでバンテリンもどきの湿布薬を買ってきて、ぬりぬりしたが、早く治ってくれないと、仕事もままならない。

それはさておき、今日、唯一楽しみにしているテレビ番組「メジャー」の第4シリーズが終了した。すぐに第5シリーズが始まるものとばかり思っていたのだけれど、なんと来年の1月からで、それまでは第4シリーズを再放送するとのこと。何それ。せめて違うシリーズの再放送のほうがよかったのに…。年明けに一気に再放送したからだろうか。

しかし、第4シリーズはこれまでに比べ、もうひとつグッとくるものがなかった気がする。何でだろう。メジャーはいつもチームをイチからつくっていく過程で、さまざまな人間模様があって、それが感動的だったのかもしれないけど、プロという設定ではそういうストーリの組み立てに限界があるからかもしれない。

野球でもサッカーでも本当に面白いのは日本代表の試合。心の底に潜むナショナリズムをくすぐるのかもしれないけど、それ以上に選手が自分の功名心などなく、先のことも考えていないかのように、純粋にチームのため一丸となってプレーする姿が感動的だからだ。

アマチュア野球には同様の感動があると思うけど、プロのリーグ戦ではどうしたって自分の成績を重視する選手が出てきてもおかしくない。メジャーではそのこともわきまえてストーリーを描いてはいるのだけれど、やはりアマチュア時代のストーリーに比べ感動が乏しかった気がする。

そういえば、12月に「劇場版メジャー」が公開されるらしいけど、是非見に行きたい。ストーリーは福岡のリトル時代だろうか? ただ、おっさんが一人で行くのははばかられるなあ。娘は一緒に来てくれるだろうか?
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/27 Fri

情けない…

特に予定がないので日頃たまっている仕事をバリバリこなすはずだった。しかし、クビが痛くて集中力が高まらずバリバリできなかった。何故クビが痛かったかというと、早朝自宅で後転をしたとき、上手く回れずクビをひねってしまったから。体育の授業でマット運動のテストがある娘に見本を見せようとしたのだが、悪い見本になってしまったばかりか、体を痛め情けない気分になってしまった。

子どもの頃はできたのに、今はできないことが結構ある。後転もそうだけど、鉄棒の逆上がりもできない。けんすいもできない。ぼんやりしているうちにいつの間にかできなくなってしまった。情けない。

最近、白髪が増えたことにくわえ、何故か髪の毛のフケも目立つ。シャンプーの仕方が悪いせいもあったのだが、以前はこんなことはなかった。お酒にも弱くなっている。少しずつ老化していることを実感する。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/27 Fri

天啓(てんかい)

天啓 ランチB その1本格的中華料理店。料理長は一流ホテルを渡り歩き、高級中華料理店・聘珍樓で長く勤め、テレビ番組、料理の鉄人にも出演したことのあるという、ただ事ではない経歴を持つ。港北ニュータウンで是非とも行ってみたかったお店のひとつだったので先日、大雨の中、家族3人でお昼に訪問した。

場所は何でこんな目立たないところに? と思うような立地。しかも2階。値段がナカナカだけによほど料理に自信がないとこういう立地は選ばないだろうなぁ、という感じを受ける。ただし店内は明るく、清潔感があり女性好み。案の定、妻は入店直後から嬉しそうだった。

天啓 ランチB その2料理の味は高級ホテル級の雰囲気。上品でハズレがない感じ。このお店は休日もランチをやっていて、私がBランチ、娘が海鮮ラーメン、妻が塩魚と地鶏のチャーハンを注文して、結局3人でシェアすることにした。ランチの二品はどっちがメインデッシュでどっちが副菜か良くわからないが、海鮮の炒め物は娘が喜んで食べた。

スープも娘が全部飲み、デザートの杏仁豆腐とニンジンの蒸しケーキ(多分)は娘と妻が食べた。ラーメンとチャーハンは少し味付けが濃い目のような気がしたが、家族3人大満足。値段は絶対額としては高いけれど、この内容ならまったく文句なし。特にランチはお得感が高い。ランチAとランチBを注文して、ラーメンかチャーハンを一品注文すれば十分ではないか。

妻は私以上に満足したようだ。実のところ、私はこういう上品な雰囲気のお店よりは、鷺沼の順峰のようにややB級な雰囲気だけど餃子とかチャーシューとかガッツリ食べて大満足なお店の方が好きなのだけれど、妻は圧倒的にこっちの方に軍配を上げる。女性にとっては雰囲気も大事。確かにお客さんはグループ中に必ず女性がいるし、カップルや女性だけのグループもあった。私が一人で行くなら順峰だけど、家族となら天啓になるだろうなあ。

独断と偏見による評価
大好き度 ★★★★☆
訪問頻度 初めて
地域分類 横浜市都筑区
詳細情報 ここをClick!
タグ:中華 店評
posted by K2 at 00:40 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/26 Thu

今日も仕事以外のことで頭がいっぱい

久々に田園都市線が混乱した。信号故障とかで大きく遅れた模様。駅は入場制限で改札前に人がごったがえしている。午前中、休もうかとも思ったけど、仕事があるので振り替え輸送を利用することにした。

入場制限って、改札前の人の多さにビビルけど、ホームに入ってしまうと、それほどでもない。振り替え輸送で利用したJRの武蔵溝の口駅も入場制限していたけど、改札を過ぎた後はホーム、電車とも拍子抜けするくらい空いていた。おかけで会社には30分遅れで到着できた。

さて、ついてからはぼーっとしている間に時間が過ぎ、夕食の時間。お腹がかなり空いていたので、ガッツリとスパゲッティを食べたいと思い、なんとなく銀座の「あるでん亭」に行くことにした。このお店は普通盛りはもの足りないが、大盛りならガッツリいけるはず、と思った。

そうしたら、夕食のお得コース2000円というのがあった。前菜またはサラダ、スパゲッティ、飲み物(アルコール可)、デザートがつく。スパゲッティを大盛りにしてもプラス100円。普通にスパゲッティ大盛りとビールを注文してもほぼ同じくらいになるので、夕食のコースにした。

これがよかった。ビールはきれいなグラスで、きめ細かな泡がいつまでも残り、非常にうまい。前菜にはきのことトマトのソテーを選択したけど、これがいわゆるサービスサイズではなく、きちんと1人前。ビールとの相性もピッタリ。トマトベーコンを選んだスパゲッティもボリューム十分。最後はやや小さめのチョコレートケーキを食べて満腹。

いやーよかった。ちょくちょく食べたくなる。複数人で行って、バラバラに注文してシェアするのもいいかも。ビールをもう1杯追加しても、一人3000円はいかないし。行ってみるもんですな。

さて、食事後会社に戻ってひと仕事しよう、などと思っていたがビールを1杯飲んだ時点で終了だった。ちょこっとネットサーフィンをして帰宅。

帰宅中の電車で何故かネットサーフィンで見た高速道路会社のクレジットカードのことが気になりだした。自宅に帰って早速調べてみると、東日本高速や中日本高速のカードだと年会費無料(東日本は無料にするには年に1度使う必要あり)で、ポイントがたまり、そのポイントを通行料に使用できる。しかも東日本高速のカードならポイントの期限がない。たまにしか高速道路を利用しない自分にピッタリだ。

そのほかのサービスを見比べてみても、ポイントを高速道路の料金として使いたいのならば現時点で最強といえるカードであると判断し、申し込んだ。昨日JCBのカードでETCマイレージを登録したばかりだけど、変更は簡単だし問題なし。もうじき夏休みなので、その前にETCカードが届くことを期待したい。
タグ:日記
posted by K2 at 23:21 | Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/25 Wed

ETCのこと

ちょっと飲むとすぐダルイ。昨日はちょっと、と言えないかもしれないけど、それにしてもアルコールに弱くなったものだ。昔は無茶苦茶だった。今、当時のような飲み方をしたら死ぬかもしれない。

ろくに仕事はできない状態だけれど、遊ぶことは考えられるようだ。今日はETCにマイル制度があったことを思い出し、早速登録した。高速道路をほとんど使う機会がないので、あまり意味はないかもしけないけど、登録にお金がかかるわけではないので。

それと各高速道路会社のホームページを見たら、ETCを使うとお得になるサービスがたくさんあることを再認識した。週末、高速の特定エリア乗り放題でいくら、とか。また利用するとSEでプレゼントがもらえたりするらしい。民営化したこともあって、変わったんだね。こういう変化はいい。ガソリン価格高騰にも関わらず、こういうサービスを利用してみたくなっちゃった。どうしよう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/24 Tue

仕事からちょっと解放、娘たちの心配

ちょっと仕事が一段落したので、久しぶりに会社の近くで飲んでしまった。ビールがウマイ。しかしやや飲みすぎ。ガマンできない体質らしい。

同僚との話題は子どものこと。同僚の娘さんが学校でイジメにあっているらしい。イジメというよりは意地悪という感じだけど、学校に行きたくない、と言うこともあるらしく、ちょっと深刻な雰囲気。

うちの娘にもちょっかいを出す友達がいて、娘は嫌がっている様子。この程度なら良くあることなのだろうけど、これがだんだんとエスカレートしていくと大変。娘には「自分を守るために人を傷つけないといけないこともある」と言っているのだけれど、わかってくれているかしら。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/23 Mon

夏休みの企画、例年になくバッチリ

今年も夏休みの予定を考えなければならない時期になってしまった。去年は両親の招待、というより親孝行で能登に旅行だったが、今年、年老いた両親は足が痛いと言い、どこにも行く気がないらしい。それならばと帰省することにした。

実家にずっといてもやることがなくつまらないので、ちょっと足を伸ばしたところにある海岸沿いの旅館に予約を入れ、海水浴をすることにした。雨が降ったら台無しだが、どうだろうか。

そういえば、娘と海水浴に行くのは初めてかも。海に連れて行き、娘だけ浜辺で遊んだということはあったけど、海水浴という感じではない。また娘は義理の祖父母と海水浴に行ったことはあるけど…。

お父さんとしては海水浴より、旅館の温泉とか料理とかの方が楽しみなのだが、子どもの頃の記憶を思い返すと、車に乗って向かい、海が見えたときのなんとも言えないワクワク感がたまらない。娘も海水浴と聞いて大喜びだったし。

実家に戻る前と滞在中のレジャーの企画もバッチリ。うーむ、例年になく準備万端。娘も大きくなってきたし、できることが多いからいいのかも。あとは天気が良いことを祈るだけだ。
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/22 Sun

レジギガス、げっちゅだぜ

今年のポケモン映画の前売り券特典のレジギガスをもらった。2日前の金曜日から引き換えが始まったばかりとあって、いきつけのトイザらスではレジギガスをダウンロードする専門の人が入り口の前にいて、スムーズにゲットできた。

しかし、このポケモン。スロースタートという戦闘開始から<5ターンの間、「こうげき」「すばやさ」が半減してしまうデメリット特性>(引用元:ウィキペディア)だという。このためレベル100といってもバトルでめっぽう強い感じではない。ダイヤでこれからポケモンリーグに進もうとしていた娘は、クリアーを確実にするためレジギガスの入手を心待ちにしていたのだけれど、イマイチ気に入らなかったようで、シェイミの配信まで待つと言い出した。ぜいたくな娘だ。

さて、ポケモンの夏休みイベントが今年もある。昨年はパルシティという名前で開催され、我が家では横浜の会場に行った。これが物凄い混雑で苦情が多かったためか、今年の「ポケモンフェスタ2008」は午前の部、午後の部で1日2回の完全予約制となってしまった。なんかキッザニアみたい。

予約できるかどうかは抽選によって決まり、発表は7月9日。その抽選予約に参加するためには「ポケモンだいすきクラブ」に入会しないとならない。見事当選した人はイベント当日、参加証に加え、ポケモンだいすきクラブカードを見せなければならないばかりか、本人確認までするという。なんか大ごと。そもそも抽選に参加するための一連の作業を完了するのに、携帯電話で30分くらいかかってしまった。

去年のパルシティは私には面白くないイベントだったのだが、子どものポケモン人気はすごいんだね。今年のイベントは入場を抽選にしたためか、スペシャルポケモンの配布もないので、ポケモン収集というわずかな楽しみもない。主催者側は純然たる子どものイベントにしようと考えているようだ。もし当たったら、我慢して行かなければならない。子どもが喜ぶ姿が親の喜びとの幻想を抱くしかなさそうだ。
タグ:ゲーム
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/22 Sun

「現代語訳 般若心経」

玄侑宗久(著)
★★★★  とっつきやすいかも

(2008/1/4)

現代語訳 般若心経 (ちくま新書 (615))
今にして思えば半年くらい前から、日本人である自分には仏教の思想が一番ピッタリなのではないかと、大した根拠もなく考えるようになった(もっとも、自分にはピッタリでないことがその後、理解できたけど)。そのためにまず何を読むべきかと考え、やはり「般若心経」だろうと思い、アマゾンで検索して評判がよさそうだったから買って読んだ本。

観音様がお釈迦様の弟子のシャーリプトラに語りかける文体。僧侶であり、芥川賞受賞作家である筆者だけに、わかりやすい。量子力学を引き合いに出すなど現代人に理解しやすくするための工夫も感じられる。

筆者が<ソクラテスがロゴスによって到れなかった生命あるいは「しあわせ」の実感に、彼(ブッタ)はとうとう「瞑想」という方法によって辿り着くのである>というので、読んだ直後はすっかりかぶれ、暗唱できるようになりたいと思い、目を閉じて般若心経を聞き気持ちを静めようとも思った。が、いずれも失敗。どうも解脱できない性質のようだ。やはり言葉を通じてコミュニケーションしないと気がすまないことが多い。

いずれにしてもどちらか一方に傾きすぎるのは良くないのだろう。自分は「瞑想」によって解脱するのはほぼ不可能だと思うが、言葉を駆使して頭が痛くなるくらい考え抜くこともできないだろう。両方を意識しながら、バランスをとっていくしかないというのが最近の実感。
タグ: 書評
posted by K2 at 01:48 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/22 Sun

「高校生のための哲学入門」

長谷川宏(著)
★★★★  高校生のため、とは言えないけど
 
(2007/12/28)

高校生のための哲学入門 (ちくま新書 666)
タイトルは「高校生のため」だが、高校生向けではないだろう。筆者自身も<本の読者になってくれそうな具体的な高校生の顔は思い浮かばなかった。(略)だれに読んでもらってもいい、といった境地で書くようになった>と述べている。恐らくこの内容では高校生は読まないだろう。

閉塞感が強く、生きにくい現代において、世の中、住みやすくないと感じているのは何も高校生だけではない。こういう時代では自分で考え、賢く生きていかなければならない。考える時間がたくさんある、と思われる若い人はそのことに早く気づき、良く考えていくべきだろう。

そのためには、自分自身と真摯に向き合い(第1章)、他人を認め(第2章)、社会の目とも向き合う(第3章)。人生を楽しむ可能性をゆたかにするためによく遊び(第4章)、死と向き合い(第5章)、芸術を楽しみ(第6章)、宗教の逆説的表現に触れ思索をより深める(第7章)。

今の時代、わかりやすい人生のモデルはなく、自分で考えるしかない。私が若い頃はいい大学に行き、立派な会社に入れば人生幸せに過ごしていけるという幻想があっただけまだよかった。というより、私は何の疑問をもたず、何も考えなかった。バブル崩壊後、失われた10年のなかで世の中の無常を間近に見てきた今の若い人は、そんな幻想を抱いてはいないだろう。私は恵まれていたのかもしれないが、今振り返ると、真剣に考えることをしてこなかった私は、もったいない時間の使い方をしてきたと悔やまれる。

最終の第8章で、東大の研究室を去った筆者が日常の暮らしの中に、書物に表現された知や思考に劣らないほど強靭な知と思考があることを知ったことなどを述べている 当たり前だが、何も大学の研究室で本を読まないと考えることができないわけではない。日常生活での経験を土台にして、地に足のついた知と思考を獲得する、これが多くの人がすべきことなのだろう。第1章から第7章はそのヒントだろう。
posted by K2 at 01:07 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/21 Sat

アマゾンのリンクがおかしい

本の画像を利用させてもらおうと思い、amazletを通じてアマゾンのリンクをしているのだが、最近、過去にリンクした画像が表示されなくなっている。

2〜3日前にその時表示されなかった画像について再度リンクし直したのだけれど、こういうことって、ちょくちょくあるのだろうか。ど素人なので全くわからない。

借用させてもらっている身だから文句は言えないけど、こういうことがあるとヤル気をなくすよなぁ。大人しくアマゾンの個別商品リンクを活用するしかないのだろうか。でも画像だけを利用したいという目的から外れるんだよなあ。世の中、思うようにいかないのう。
タグ:日記 ボヤキ
posted by K2 at 23:53 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/20 Fri

名古屋出張、昼夜弁当

名古屋出張。しかも食事時に新幹線移動。やむなく本日もお弁当で済ますことにした。もちろん駅弁ではなく、新横浜(昼)、名古屋(夜)ともに高島屋のデリでお弁当を調達した。

ての字 うな重(ご飯サービス) 1365円まず昼はタカシマヤフードメゾン4階の「ての字」のうな重弁当。今半のすき焼き弁当、寿司岩のバラ寿司(いずれも1000円前後)とで迷ったが、蒸し暑かったのでスタミナをつける意味もあり、うなぎにした。うなぎの量に応じて3種類の値段があるのだが、買ったのは真ん中の1365円。

このお店では同様のサイズの蒲焼の値段にご飯を値段を上乗せしているのだけれども、真ん中の1365円はご飯サービスで、蒲焼と同じ値段。ちと高いけど国産だし、肉厚で柔らかいに違いない、と期待大。

しかし甘かった。うなぎは肉厚ではなく、ちょっと冷めてしまったせいか硬め。タレは甘すぎず上品な感じなのだけど、ボリュームも上品でもの足りない。国産に価値を見出さない限り、満足度は低いだろう。

味噌カツ重(ヒレ?) 682円夜はジェイアール名古屋高島屋地下1階の「KYK」の味噌カツ重(多分ヒレ)で、682円。名古屋だから味噌カツを買ったのだけれど、本当は味噌ダレはあまり好きじゃない。

でもカツは柔らかくておいしいし、ガツガツ食べるにはちょうどいいかも。ボリュームももうひとつかもしれないけどこの値段なら納得。全体として満足度は高い。

そういえば、このKYKという会社は新横浜駅のカレー店、サンマルコも運営しているようだ。そう考えるとせっかくの味噌カツも何だかなぁ。地方では地元色の強い店のほうが、味プラスαの満足度が高いんだよなぁ。
タグ:出張 日記
posted by K2 at 23:44 | Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/19 Thu

「お客には絶対に謝るな!」

長野慶太(著)
★     タイトルに反し常識的な内容

(2007/12/24)

お客には絶対に謝るな! Never Say “Sumimasen” to Your Clients! (光文社ペーパーバックスビジネスシリーズ)
この筆者の「部下は育てるな! 取り替えろ! !」の新聞広告を見てその本が欲しくなり、立ち読みしたところ、「お客には絶対謝るな!」の続編であるという。さらに<できれば前著を先に読んでおられたほうが理解は早い>というので、2冊セットで買ってしまった。うっ、うまい。さすがコンサルタント。

内容はこれといって印象に残るようなものではなかった。要するに頭を使って、人と違うことをしろということ、だと思う。当たり前だよね。他の人より秀でた営業マンになりたかったら、同じことをしていたら差がつく要因は運だけになってしまう。もっと確実に人を出し抜きたかったら、人と違うことをしなければダメだという常識的な内容。それをサラリーマンの生活に即して具体的に述べているに過ぎない。

「部下は〜」のためと思い何とか読みきったが、つまらないので途中でやめようかと思った。会社では読めないから読んだら捨てるよう「焚書」とわざわざ書いているけど、自分にとってはツマラナイから「焚書」だ。その後、待望の「部下は〜」を読み始めたけど、こちらも退屈な内容だったので、途中でストップしてしまった。まあ、せっかくお金を出して買ったのだから、ざっとでも最後まで読んでみようか、と思わなくもないけど、最近時間をムダに使うことをもったいと強く感じるようになってきたから、読まない公算大。2冊ともタイトルの勝利だろうなぁ。私にとっては負けだけど。
タグ:書評
posted by K2 at 23:32 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/19 Thu

ADSLの速度を変えてみた

今使っている速度のADSLサービスがなくなり、料金が上がったのではないかという実にツマラナイ勘違いから思わず速度を変更してしまった。12Mから50Mに。実は支払い方法を変更したことで2カ月分まとめて請求されただけだったのだが、それはともかく、ネット閲覧が快適になるのではとの期待が高まる。

昨日50Mが開通したのだけれども、実感としては「ちょっと速くなったのかなぁ。でも気のせいかも」って感じ。電話回線からADSLに変更した時のような劇的な感じはちっともない。ちょっとガッカリ。距離が2キロ以上離れているから仕方ないのかもしれないけど。まあ、「少しは速いだろ」と思い込むことにしよう。そのほうが幸せそうだ。

トシをとると新しいことについていけなくなるし、ついていく気力もなくなる。ただひたすら面倒くさい。光回線とかあるのだろうけど、理解するのが面倒くさい。20年以上前ならそんなことはなかったのだが…。人生、節目を迎えている模様。
タグ:日記
posted by K2 at 22:51 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/18 Wed

坦々麺餃子工房北京(川崎宮崎台店)

北京 焼き餃子妻が「おいしかった! この界隈で1番かも」と激賞するので、是非と思い行った中華料理店。大衆中華料理食堂という雰囲気なのだが、店内には近所に住むルー大柴をはじめ私の知らない芸能人がテレビ番組で紹介したらしい証拠が張ってある。

何がおいしいのか良くわからず訪問したが、坦々麺と餃子が名物らしい。確かに餃子はウマイ! 食べたことのない味。見た目は結構大きいのだけれど、野菜主体の具は量が抑えられ汁がじゅわ〜と出てくる。これならいくらでも食べれそう。実際、1皿追加し、家族3人で2皿食べてしまった。人気になるのはわかる気がする。

北京 冷やし中華しかーし、冷やし中華は…。全く印象に残らないばかりか、また食べたいとは思わない味。娘と妻が食べていたチャーハンも味見させてもらったが、平凡な印象。坦々麺は食べなかったが、他のお客さんはほとんどが坦々麺。要するのこのお店は坦々麺と餃子だけウリなのだろう。調べると店名もそのようだし。いっそのこと、この2品に特化して値段を下げたほうがもっと繁盛するのではないか、と思ってしまった。

独断と偏見による評価
大好き度 ★★★★(餃子の評価、冷やし中華は★)
訪問頻度 初めて
地域分類 川崎市宮前区
詳細情報 ここをClick!
タグ:店評 中華
posted by K2 at 23:48 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/18 Wed

最近、眠くない

今日ふと思ったが、この頃眠くない。3〜4月は花粉症による睡眠不足に加え、仕事が逼迫していなかったので、会社でよく居眠りをしていた。しかし、この頃さっぱり居眠りをしなくなった。花粉が飛ばなくなったこともあるけど、GW明けごろから比較的緊張状態が続いているからだろう。

とはいえ、今のところウンウン考える仕事が中心なので、ツライ。仕事をしている実感が乏しい。まっ、いろいろなことを考えさせてくれる今の職場環境をありがたく思ったほうがいいのかもしれないけど。

それにしても、今回も乗り切れるのだろうか? まあ大丈夫だとは思うのだけれど、実は根拠が乏しい。毎度のことだけど、適当にこなすだけでなく、たまには自分で「面白い仕事ができたなぁ」と感じるような四度がしてみたいものだのう。
タグ:日記
posted by K2 at 23:23 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/17 Tue

人間関係について

人と揉め事なく、いかにして平和に過ごすか。多くの人の悩みはこれができないことに起因すると言っていいかもしれない。娘の学校で発表会があり、10人のうち同じ習い事をしている娘を含む数人が衣装をそろえようと話し合ったらしい。

これに対し妻が大いに悩み、そのうちの一人のお母さんと連絡し合ったところ、そのお母さんが自分の娘に衣装は別々にしようと提案させることで解決したらしい。

うちの娘は「自分からは言えない」という。でも、これって親のスタンスが定まっていないからだよなぁと反省。我が両親がうじうじ悩んでいたのに対し、娘の友達のお母さんが即決したことにちょっとショックを受けた。そして娘には、「皆の和を保つことが大切だから、お父さんとお母さんが(数人だけで衣装をそろえるのは)ダメだと言っているから自分は同じ衣装が着れない、と友達に言ってね」と指示した。まだ小学2年生なのだから、親がしっかりしないと…。

話は変わって会社での出来事。昼食はいつも一人で食べているので、滅多に他の人に誘われないのだが、今日は珍しく誘われた。その理由は、もちろん私と一緒に食べたいのではなくて、誘ってくれた人がいつも一緒に昼食を食べているメンバーの中に食べたくない人がいるから、都合よく一人で食べている私を消去法的に誘ったらしい。

まあ都合よく利用されているだけだけど、人と仲良くするのって、不自由だよなぁ。私を誘った人が一緒に食べたくない人を回避するのは、その人が一緒にいても会話に参加しないような和を乱す人だかららしい。善意?を発揮してわざわざ誘ったのに、そういう態度が許せないという。

そんな人は放っておけばいいのに、と心底思う。中島義道じゃないけど、この社会には善意という名の暴力を振りかざす人って結構いるんだね。でも結局は自分の気持ちが不自由になっているんじゃないのか?

大人と子どもで考えが違うけど、やっぱり人間関係って面倒くさい。やはり「君子の交わりは淡き水の如し」が一番だと思った。
タグ: 日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/17 Tue

NV-U2のルートの質

うっかり買い替えてしまった車に楽ナビ(AVIC-HRZ009)をつけているが、お気に入りのソニーのNV-U2も相変わらず装着中。比べてわかったことは、NV-U2は自車位置の補足精度はバッチリでリルートのスピードもナカナカ。でもルートの質はかなりイマイチだった。

楽ナビは細い道であっても普通できる道を選択することや、渋滞の際は進行方向に向かいつつ回避しようとするので、案内にあまり違和感はない。しかし、NV-U2は(1)国道など大きな道を選択する、(2)何が何でも渋滞を回避しようとするため、目的地に対して反対方向に進むような大回りになるようなルート案内をする。

楽ナビのない前の車で昭和記念公園に行った際、全く反対方向を案内されたうえ、中央道を指示されちょっと驚いたことがあったが、比べてみると楽ナビとの差が大きい。

しかし、その点を割り切ればいいナビであることは間違いない。NV-U2の案内を無視して楽ナビに従うと、楽ナビのルートとほぼ同じルートを引きなおす(ただし、大回りルートへの移動が可能な限りしつこくそちらに案内しようとするが)。要するに使う側が「えーっ、戻るのー?」と思ったら、それは無視してドンドン直進すればいいような気がする。大きな道路を選好するクセは、知っている道では不合理に感じるけど、不合理かどうか判断できない知らない道なら全く問題ないし。

個人的にはNV-U2のようなPND(personal navigation device)にかなり期待している。地図のアップデートが面倒で金額も高いHDDナビはサンデードライバーの自分にとっては過剰設備であり、費用対効果が悪い。NV-U2のように位置精度がバッチリで取り外しが簡単なPNDでルート案内をもうちょっと頑張ってくれたら言うことなし。地図もシンプルなNV-U2のほうがわかりやすかったりするし。ソニーにはこのままの路線で頑張ってもらいたい。
タグ:お気に入り
posted by K2 at 00:29 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。