2008/05/31 Sat

新しい物に対応できない自分

かかりつけの歯医者に行き、仕事をして帰宅。先週の日曜日に購入した新車を運転してみる。これまで2000年製の車を7年間乗り続けていたので、新しい車の操作に戸惑う。

今日は防犯センサーに自分で引っかかってしまった。駐車場で娘と二人、車の中で妻を待っていたとき、何気なくリモコンキーでカギをかけ、何気なく手でカギを開けた。

そうしたら、ビービービービーとクラクションが断続的に鳴り、ハザードランプがチカチカと点滅を始めた。どうやら外からカギを開けられたと判断したらしい。一瞬、このまま鳴り続けたらどうしようかと思ったけど、リモコンキーの開閉をカチカチいじったら収まった。

今まで乗った車には標準でこんな装置はついていなかった。もし妻だったら、相当パニクったに違いない。車の取り扱い説明書を読んでおかないとヤバイかもと思いつつ、多分読まない予感。

大体、目的意識もなく説明書を読んでも記憶に残らない。新しいカーナビについては説明書にざっと目を通したのだけれど、地図の道路が紫色に点滅している。渋滞はオレンジとか赤の点滅なので、何のことかわからない。説明書を読み返してみて、抜け道だったことを理解した。

しかし、新しいものへの対応力が低下している。理解しようとしても理解に時間がかかる。若い頃はパッパッとできた気がするのだけれど、この頃は気力を奮い立たせないとダメ。本当にこの頃、自分がトシをとったなぁと実感する。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/30 Fri

憂さ晴らし

一仕事終えたので憂さ晴らしした。と言っても飲んだだけ。アルコールを控えると誓ったばかりなのに…。このところ忙しかったから仕方ないか、と言い訳。

それにしても、自分の嫌らしい気持ちを大量に吐き出してしまった。吐き出したところで、状況が変わるわけではないが、自分の気持ちがスッキリするのが収穫。時間のムダであることは間違いないが、いつも完璧に生きられるわけではないから仕方ないだろう、と言い訳。

一仕事は終えたものの、次々と仕事がくる。人気者はツライと喜んでいる場合ではない。次から次にこなしていかないと破たんする。また、かつてのようなバタバタになってしまったなぁ。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/30 Fri

リトル小岩井のナポパンにちょっと感動

リトル小岩井 ナポパン 200円ご存知リトル小岩井のナポパンを初めて食べた。お店で食べるスパゲッティ同様、食べごたえがある。大きい口をあんぐりとあけ、かぶりつく。スパゲッティがしっとりして、うまい。口のまわりにケチャップがつくけど、気にせず一気に食べる。

忙しかったので昼食はこれだけだったけど、意外に夕方まで我慢できてしまった。なんか食べた感じがして満足感が大きい。これで200円とは安い。いつか2個いっぺんに食べてみたい。

それにしても自分の舌はつくづくB級。上品で量が少ない食事って、食べた気がしないんだよなぁ。ナポパンは思い出すと食べてみたくなるけど、いくら値段が高くても印象に残っていない料理って多い。経済力を考えるとつくづく、B級でよかった。


posted by K2 at 00:44 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/29 Thu

また歯の詰め物がとれた…

今日は忙しかった。その合い間を縫うようにして健康診断に行った。体重はやっぱり重くなり、がっくり。胴囲はメタボ確定でがっくり。これからしばらくはアルコールは控えると誓う。

仕事が忙しいとストレスからか、とにかくガムをかみたくなる。ヘビースモーカーの人がタバコをスパスパと吸うのに似ている。今日もクロレッツを何個も立て続けにガシガシかんでいたら、ガリッと硬いものが…。

1年くらい前に似たようなことがあったので、今回は「虫歯の詰め物がとれた」と直感した。ガムを出してみると、やっぱり…。右の上の歯に穴が開いている。早速、かかりつけの歯科医に電話して予約を入れる。

このところ歯のトラブルが多い。指し歯も抜けて付け直したし。ガムのかみすぎかもしれないけど、そろそろ寿命が近づいているのかもしれない。他の人よりずいぶん早いと思うけど、自業自得だから仕方ない。

しかし歯に穴が開いているというのはなんとも気になる。つい舌で穴の当たりを押してみたりしてしまう。物を食べるときも気になるし。早く治したい。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/28 Wed

具合が悪い、でも腹は減る

大阪に日帰り出張。このところ出張が多い。行きの新幹線で仕事の資料を読み、トイレに立ったら急に気持ちが悪くなった。昨晩、珍しく遅くまで仕事をしたあと家で発泡酒3本、焼酎の炭酸割り1杯飲んで寝たのがまずかったのだろうか。

座席に戻ってからはぐったりして、何もする気にならない。お昼も食べる気がしない、と思っていたが、お腹はすく。結局、事前に調査しておいたお店でカレーを食べてしまった。

ステーキ弁当 1200円出張先での用事が終わった後、仕事が忙しいので直帰せずに会社に戻ることにした。時間を節約したいので、晩御飯は駅弁で済ませることにした。本日はステーキ弁当、1200円。神戸の駅弁だが新大阪駅に売っていた。とにもかくにもステーキがドーンとのっている、わかりやすいお弁当。

やっぱり、こういうお弁当がいいよなぁ。この前食べた祇園より満足度は高い。値段も100円安いし。お肉はまあまあ柔らかく、食感も十分。甘めのタレで、さめていてもおいしく食べられる。量は少なめだが、具合の悪い自分にはこの程度でよかった。

体調が良かったらビールを飲みたいところだが、今日は我慢。しかし、会社で仕事をするも2時間でギブアップ。頭の回転が全くダメで、深夜まで残業してもろくな仕事ができないと判断し、帰ることにした。それにしても自分にとってお酒は失敗の元だ。しばらく禁酒したいのだが…。
タグ:駅弁 出張 日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/28 Wed

ドン・サバティーニ

ナポリタン(ドン・サバティーニ)羽田空港第2ターミナル4階にあるイタリアン。日曜日の晩御飯、同じ階にあるお蕎麦屋さんがすごい行列だったため、次善の策として入店。サバティーニって高級なお店なのかもしれないけど、この羽田のお店は中途半端に割高感がある。

皿がでっかい空港という場所がらナポリタンが1300円というのもやむなし、と思ったのだけれどもこのでっかい皿にこの量はないでしょ、って感じ。子ども向けセットメニューも1200円と全くリーズナブルではない。

味は上品で、おいしい。おいしいのだけれどもナポリタンというよりはトマトクリームソースのパスタ。ナポリタンという語感がB級ケチャップ味を連想させ、期待に胸を膨らませていただけにイメージと違いすぎ、ガックリ。羽田のお店だからお金持ちだけでなく、そうでない人もたくさん来るので、あえて「ナポリタン」の名前を使って集客効果を狙ったとしか思えない。実際それにまんまと引っかかってしまったわけだが。

サバティーニが高級なお店であることは、一度も入店したことがないのに、知っていたけど、このお店がサバティーニという名前であることを認識したのはレシートをもらってからだった。そうと知っていたら別の対応を考えたかもしれない。B級の自分にはこのA級の下的なナポリタンはちょっといただけない。娘がいたので仕方がなかったが、自分にはアカシアのロールキャベツほうが良かったかも。

独断と偏見による評価
大好き度 ★★
訪問頻度 初めて
地域分類 東京都大田区
詳細情報 ここをClick!
posted by K2 at 02:10 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/28 Wed

限界を感じる

最近「このくらいやらないとこの仕事は終わらない」と思っていても、予想以上にすぐ終わってしまうことが増えてきた。この感じは自分の能力があがったというよりも、仕事に対する意欲の減退というか、あきらめというか、とにかく限界までたどりつくまえに挫折している感じがする。

恐らく、ここまでやっておけば、まず心配ないだろうという他人を規準にした価値判断が根底にあると思われる。実際問題ないのだけれど、その結果妥協してしまっている。

若い頃は他人の目を恐れる小心ゆえに頑張っていたのかもしれない。それが他人の目があまり気にならなくなったとたん、この有様とは。いかに自分が自分に甘いか、なんとなくわかる。これじゃあ、もはや成長しないだろうなぁ、と感じ寂しく思う。

生きている以上、常に変化しているのだから何か変わった感じ、しかもそれが衰退の方向ではなくて、成長している感じが欲しい。そうでないとツマラナイ。仕事とは人生の理不尽を味わいつくすためのよい手段であると同時に、自分の変化を感じるための手段でないと、働き甲斐がない。このままだと退屈だから、ちょっと志願してみようかなぁ、と思う今日この頃。
タグ:仕事
posted by K2 at 01:36 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/27 Tue

日焼けの後がかゆい

運動会での日焼けがかゆくなってきた。昨日まではお風呂に入ると痛かったのだが、今日はそれほどでもなかった。顔の皮もむけてきた。見苦しいが、もはや気になるトシでもない。

とはいえ日焼けした後の顔って、しわしわでトシを一気にとった気分。社会人になってまともに日焼けした経験がないから、ちょっとショックかも。オジサンに日焼けは禁物ですな。

妻には帽子をかぶれと命令されるのだけど、これが絶望的に似合わない。どう見ても怪しい人にしか見えない。自分自身が全く怪しくないというほどの自信はないけど、小学2年生の子持ちとしては見た目は気になる。不審者としてマークされてもまずいし…。日焼け止めクリームをぬってしのぐしかなさそうですな。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/26 Mon

もう冷やし中華の季節

今年初の冷やし中華仕事が忙しかったので、午後2時近くに昼食。おにぎりがサンドイッチを買って済ませようかと思ったけど、途中に冷やし中華の看板が…。もうそんな季節かと思いいつ、迷わずお店に入った。

小学4年のとき、担任の先生が写真入りの誕生カードを作ってくれたが、そのカードの好きなものの欄に「冷やし中華」と書いてあったことを思い出す。スパゲッティは別だが、そばとかうどんとかの麺類は冷たいものが好きだけど、これは子ども頃から変わっていないらしい。

ただ、冷やし中華の問題はお腹が一杯にならないこと。この後、ベーグルを買って食べてしまった。でも大好き、冷やし中華…。
タグ:日記 中華
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/26 Mon

「新約聖書を知っていますか」

阿刀田高(著)
★★★★★ 人間の物語としての聖書

(2007/12/18)

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)
「旧約聖書を知っていますか」が面白かったので、すぐに取りかかり、あっという間に読んでしまった。筆者自身<このエッセイは、<旧約聖書を知っていますか>の姉妹編とも言うべき試みである>と言っているが、この2冊はセットとして読んだほうが良いだろう。

欧米文化を知る上で、聖書の知識は欠かせない。わかっちゃいるけど聖書なんて原典で読む気がしない。解説本も面白いものがない。だから結婚式で「アーメン」と言ってはみたものの、一生聖書に接することがないし、その内容は良く知らないという人は案外多い気がする。しかし嫌でも外国と付き合わなければならない現代の日本において、相手の背景を知らないというのはツマラナイ。絵画はもちろん<演劇も映画も、ときには音楽でさえ聖書の知識がなければ理解できないものがある。そんな不自由さを少しでも軽減してくれる読み物はないものだろうか……私が二つのエッセイを書いた動機はこれに尽きている>と筆者は言うが、実に親切な試みであり、その成果は十分に上がっていると思う。

筆者は信仰を持たないので<信仰の問題にはできるだけ触れず、(二つのエッセイでは)知識の提供のみ心がけた>という一方、信仰の書である聖書について信仰の問題を避けることの難しさに悩んだことを述べている。<旧約聖書のほうはイスラエルの建国史と読める部分もあるから、まだしもやりようがあるけれど、新約聖書は徹頭徹尾信仰と結びついている。(略)執筆を断念しかけたときも、ないではなかった。結果については読者諸賢の判断を俟つよりほかにない>。

「新約聖書を知っていますか」は人ものとして読める本だと思う。イエスとその弟子たちを人間くさく描写しているのがよいと思う。私は「旧約聖書を知っていますか」よりも印象に残っている部分が多かった。十字架にかかる前のイエスの心境について、<「神よ、できることなら、こんな重い使命から私を解き放ってください」であり、いったんは弱音を吐いたものの、ふたたび思いなおして、「しかし、私の願いなんかに耳を貸さず、御心のままに導いてください」に変わった。矛盾する真理が垣間見えるではないか>。<私は新約聖書の全篇を通じて、ゲッセマネのイエスが一番好きである。感動的である。一番人間らしく、崇高に映るからである>。

新約聖書そのものを読んだわけではないので、私が「一番人間らしく、崇高に映る」ように思うかどうかはわからないが、そういう人間くさい人が好きであり、感動的と思う点は私も同じだ。神のようにすべてから超越し、完全無欠の存在なんて、面白くもなんとも無いじゃないか。米原万里さんの「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」にあった言葉、<だいたい抽象的な人類の一員なんて、この世にひとりも存在しないのよ。誰もが、地球上の具体的な場所で、具体的な時間に、何らかの民族に属する親達から生まれ、具体的な文化や気候条件のもとで、何らかの言語を母語として育つ。どんな人にも、まるで大海の一滴の水のように、母なる文化と言語が息づいている。母語の歴史が背後霊のように絡みついている。それから完全に自由になることは不可能よ。そんな人、紙っぺらみたいにペラペラで面白くもない>を思い出す。

「新約聖書を知っていますか」は人間の物語を土台にして知識を提供してくれるところが読みやすく、筆者と同様に信仰を持たない私には非常にありがたい書物である。
posted by K2 at 01:52 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/25 Sun

納車、ナビ取り付け

うかつに買ってしまった車の納車日。即、ナビを取り付けに行き、これで今日1日が終了。車が妻の街乗り専用になってからというもの、車への興味は全くなくなっていた。車なんて動けばいいと思うようになっていた。

でも新車はイイ。排気量は前の車より1リットルくらいダウンしたけど、その分、動きが軽い感じがする。コーナーとかもグッと踏ん張り、キビキビ回ってくれる。エンジンの吹けも良く、加速もまずまずで、高速でストレスを感じない。前の車ではすぐ「酔っちゃったー」と言っていた娘が全く酔わない。スゲーいいじゃん。気に入った。完全無欠のファミリーカーだけど、ここまで走るとは。またドライブ意欲がわいてきちゃったよ。ガソリンが高いのに…。

ナビは、初めてのパナソニック製(楽ナビ、HRZ009)ということもあり、まだいじり方が良くわからないけど地デジはいい。映りがアナログとは段違いにイイ。ディーラーでは「大体、車でテレビをそんなに見ますか」と言われ、こちらの足元を見た安めのディーラーオプションのアナログテレビのナビを勧められたけど、断ってよかった。

ディーラーでナビを買うメリットって、バックモニター用のリアカメラのをきれいに処理してくれるくらい。値段は高いし、製品は人気メーカーのものではない。今回買ったナビだって、結局ディーラーで勧められたアナログテレビでDVDも見れないものとあまり変わらない値段だった。

それに良く考えると2011年にアナログ放送が終了するじゃない。もし、ディーラーでナビをつけていたら、ものすごく嫌な気分になるところだった。高い買い物をするときは、面倒くさがらず、自分できちんと調べようとの意を強くした1日。
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/25 Sun

うちのEOS Kiss X2

昨日の運動会は先日購入したばかりのEOS Kiss X2が大活躍してくれた。そもそも10数万円も投資して、このために購入したといってもいいくらいだから、活躍してくれないと困る。

その活躍内容はというと、さすが一眼で、コンデジとは比べ物にならない描写力。妻もたくさん撮ったけど、構図やタイミングなど撮る人の能力以外の点では手振れもピンボケもなしで全く問題ない。全自動とスポーツモードで全く問題なし。この頃のカメラはすごいなぁと感動した。

しかし、うちのEOSはちょっと変だ。最初メモリーカードの出し入れがぎこちなかった。しばらくしたらカチッとはまるようになったので、今は問題ないのだが、大丈夫か。

そして今日は肝心の場面で電源が入らなくなるという緊急事態が発生。前日、満タンに充電し、今日の撮影枚数から考えてもまだ電池切れを心配する状況にない。早くも壊れたかと思い、一瞬焦ったが、バッテリーを入れなおしてみたら復活した。どうやら接触が悪いみたい。メモリーカードの件とあわせて考えると、ボディの組み方が甘いのかしら…。

工業製品とは言えども、すべて均一の品質を保つのは容易ではないのだろうなぁ。日本製品はかなり優秀なほうだと思うけど、細かい点ではいろいろある。しかし、バッテリーの件は本当に焦った。あんなことで大事な場面を撮り逃したら一大事だ。気をつけねば。
タグ:カメラ
posted by K2 at 07:39 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/24 Sat

日焼け

娘の運動会だけど、午後から雨の予報。というのに、午前中は日差しが強い。結局、午後も少しぱらついた程度。無事に終わって良かった。

と思っていたが、腕がヒリヒリする。お風呂に入ったら、ヒリヒリ痛くて、腕を湯船につけることができない。ヒリヒリするくらいの日焼けって、子どもの頃、海に行った以来かもしれない。グランドが狭いので、観戦するのは立ちっぱなしだし体はガタガタ。主役の子どもたちも疲れただろうけど親のほうが大変だぞ、こりゃ。

自分の子どもが出場する以外のプログラムはどこかで休んでいればよいかもしれないけど、騎馬線とかリレーとかってついつい見ちゃうんだよなぁ。子どもの「健全な」運動会だけど、内容にかかわらず人間って戦いを見ると興奮してしまうんだね、とか思ってしまった。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/24 Sat

「旧約聖書を知っていますか」

阿刀田高(著)
★★★★★ ただひたすらありがたい本

(2007/12/14)

旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)
人生とか、幸せとはとか、について考えるのに聖書の知識も必要だろうと感じていた際に、アマゾンで「旧約聖書」と検索すると一番売れている本にランキングされている本。「新約聖書を知っていますか」とあわせて購入し、読んでみるとこれがすごく面白い。古典を原点で読むことは重要だと思っていても、本当に読んでしかも、深く理解する人はほとんどいないだろう。

阿刀田先生の古典読本シリーズともいえる「〜を知っていますか」とか「〜を楽しむために」は本当にありがたい本だ。私のような無教養な人間でも面白く読め、大雑把に大体のことがわかる。

何故、阿刀田先生の古典読本を読むのか。先生はこう述べている。<もう一度くり返して言うが、原典を読むのが一番よいのである。 だが、旧約聖書について言えば、簡単に読めるものではない。研究者でもない限り、全巻をきちんと読むことは不可能である。断言してもよい。普通のサラリーマンが信仰もないのに、電車の中で旧約聖書を読んでいたら、――狂ったのと、ちがうか――と、私は思いたい。(略)そして、私のこのエッセイ……。好みはともかく、らくに読めるだろう。読まないよりはましだろう。西欧の文化に触れるとき、旧約聖書について多少なりとも理解があれば、必ず役に立つ。かまびすしい中東問題だって、そこにイスラエルが強くかかわっていることを思えば、やはり旧約聖書の知識はあったほうがよいのである。私の、このエッセイはそれ以上のものではないし、だが、それ以下でもあるまいと思っている>。

だから、阿刀田先生のこのシリーズをたくさん読んでいる。自分の人生、読書ばかりしているわけにはいかない。しかし自分は知っておいたほうが、人生を豊かに生きれるようなことを知らなすぎる。阿刀田先生の本はこの穴を埋めてくれる、繰り返すが、本当にありがたい本だ。
posted by K2 at 00:17 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/23 Fri

連続出張

今日も出張。場所は中部方面。ただし、ひかり号。ひかり号って、仕事気分の新幹線じゃない。サラリーマンより外国の観光客とか、老夫婦とか、シニア軍団などでにぎわっている。どでかい荷物や席をひっくり返しボックス状態にしてわき合いあいと、朝からビールを飲んでる集団を見ると脱力する。いいなぁ、みんな。

今日は家庭で用事があったので出張先でうだうだできず、すぐに帰宅。高速交通網が整備されたおかげで、普段の通勤とあまり変わらない。もっとも、帰りにビールが飲めるのは良い。これがせめてもの楽しみ。

そうそう、昨日と今日「モバイルスイカで新幹線」してみた。空港ではすでにケータイでチケットレスになっているけど、世の中ドンドン便利になっていく。キップってポケットのどこにしまったか一瞬忘れて焦ることがあるし、エクスプレス予約でキップを発券するのも、発車時間が迫っていて急いでいるときは焦る。早いこと新神戸以西でも使えるようになればいいのに。
タグ:出張 日記
posted by K2 at 23:31 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/22 Thu

出張、駅弁、N700系

深川めし 850円関西方面に出張。ご飯が移動時間と重なるので、昼、夜ともに駅弁で済ませることにした。昼は新横浜駅で購入した「深川めし」。まずまずおいしい。あさりも好き。価格は850円。駅弁は総じて割高だが、絶対額が高くないのが良い。結構満足。

祇園 1300円夜は新大阪駅で「祇園」という駅弁を購入。1300円の価格帯ではこれが一番ヘルシーそうだった。おかずがたくさんで楽しめる。味もほどよい(なんのこっちゃ)。でも1300円はちと高いかなぁ。ソツのないのはいいのだけれど、パンチがいまひとつなんだよね。

うなぎ弁当みたいな、単品でドーンという感じが好みなのかもしれない。いろいろ入っている幕の内的なお弁当って、印象が薄いんだよなぁ。駅弁を見ると種類はあるのだけど「これ食べたい」というのがない。要するに無難なお弁当が多く、かえって選択に困る。もうちょっと、ドーンとかガツーンとか感じるようなお弁当があってもいいような気がするのだけれど。

N700系駅弁はさておき、帰りの新幹線はN700系に初めて乗った。乗り心地とか、速度とかの印象は全くないけど、新しいというだけで良い感じがする。一目でわかるのは、文字がデカイこと。ニュースを流す電光掲示板とか、座席の文字がやたらに大きい。読みやすいことにこしたことはないと思うけど、高齢化社会を実感する。

タグ:出張 駅弁 日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/21 Wed

ジャポネってスゴイ

仕事で昼食が遅くなったので、ジャポネに行くことにした。すでに午後2時過ぎなので、待たずに食べれるだろうと思っていたが、甘かった!

なんと20人近く並んでいるじゃないの。スゲー。この前、初めて行った時と同じくらいの行列。その時は30分は待った。ヤレヤレと思っていると列は比較的スルスルと進み、15分くらいで席に座れた。

時間が遅いので、みんな詰めずに並んでいたのだろうか? また他の人の注文を聞いていると心なしかレギュラーが多い気がする。昼時はジャンボが多かったような気がする。ということで、食べる時間が短いからだろうか?

ジャポネ ジャリコ ジャンボてなことを考えたが、肝心の注文はジャリコのジャンボ(大盛り)。初めて来たときの一番人気メニューだったので、次回はこれと決めていた。レギュラーにしようかどうか迷ったが、後悔しそうだったのでジャンボにした。

しょう油味だけあって、意外にさっぱりした食感。子どもの頃はナポリタンかミートソースで、しょう油味のスパゲッティは食べたことがないので「あぁ、懐かしい」という感じはない。ただ、味はもちろん愛すべきB級で、一心不乱に、一気に食べきれる。

あっさり風味のせいか、ナポリタンよりもボリューム感(というよりもくどい感かもしれないけど)が乏しい気がした。これなら横綱もいけるかも。

しかし、結論的には自分はリト(リトル小岩井)派だと実感。ミートソースもなかなかだし。現段階では自分にとって、リトの「ナポ大、アブスク」がロメスパ最強。
posted by K2 at 22:49 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/21 Wed

永久歯がない…

数日前、娘の歯の矯正のため、矯正の専門医に診てもらった。歯並びの悪い上の前歯をどうすべきかと考え今回の歯科医で二件目なのだが、専門医らしくレントゲンを撮ってくれるという。話を聞くと、前歯もさることながら、最近の子どもはそもそも永久歯がないケースが増えてきているので、レントゲンを撮って問題がないか確認するという。無料だということもありお願いする。

すると我が娘にも奥歯の永久歯が1本ないことが判明した。この場合2と通りの方法があるという。1つは、乳歯を使えるだけ使う方法。ただ、乳歯はもっても20年くらいらしく、取れたらインプラント(人工歯根)かブリッジをかけるという。インプラントなら問題ないのでは、と思ったが、米国のデータによると12年くらいしかもたないらしい。娘の年齢を考えると、私より若い年齢でインプラントかブリッジを選択しなければならない。これはかわいそうだ。

もう一つが乳歯を抜いて、隣の奥歯を引っ張ってくる方法。歯茎にねじを入れて寄せるとのこと。小学校高学年くらいから処置をするらしい。また、永久歯のない部分の乳歯を少しずつ削りながら、隣の奥歯を自然に寄せる方法もあるとのこと。時間はかかりそうだけど、娘の年齢を考えるとこちらの方法しかなさそう。

ちなみに上の歯の歯並びが悪いのは「今、直すこともできるけど、永久歯が生えてくる過程でまた歯並びが悪くなり、矯正しなおさなければならない可能性もある。気にならなかったら、永久歯が生えそろうまで待ったほうが良い」とのこと。

費用は上の前歯の処置とあわせて大台からなんとか2ケタ万円のおつりがくるくらい。矯正は車一台分はかかるという話を聞いたことがあるので、そんなものかと思う。私は子どもの頃の虫歯の処置が悪く、奥歯が2本ない。1本はブリッジ、1本は無いまま。もうどうでもいいが、人生これからの娘はなんとかしてあげたい。

今回見てもらった矯正専門医にかかることに決定した。娘も永久歯が1本欠落していることにショックを受けていたが、なんとか直してくれそうなことを理解すると「ここに通う」と自ら決めてしまっている。上の歯についても「(今、歯並びが悪いことについては)全然気にならない」とのこと。

それにしても、こうした専門医にレントゲンを撮ってもらい、話を聞かなかったら、そのままスルーしてインプラントかブリッジしか選択肢が残されていなかったかもしれない。前歯の歯並びが悪くてよかったとも言える。時代ともに人間の体質もドンドン変化しているのだろう。なんともなくても一度は専門医に見てもらう必要がある時代なのかもしれない。
タグ: 歯医者
posted by K2 at 01:23 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/20 Tue

トシとったな…

昨日、ビール2杯(350mlの缶ビールサイズ)と生ホッピー2杯飲んだだけなのに、体がきつい。集中力がでない。アルコールの耐性が落ちているようだ。控えねば…と思いつつ、今日もキリンのZEROを飲んでしまった。明日は大丈夫だろうか。

切羽詰っているはずなのに、気持ちが高揚してこない。追い込まれて余裕がないと集中力が高まるのだけれど、まだそこまでいっていないのかもしれない。自分の対応力が上がっているような気もするのだけれど、
そういう自分にもトシとったなと感じてしまう。

体力の衰えを感じるとともに、何事にも反応が鈍くなっているような気がする。自らすすんで面白いことを探さないと、と思うのだが簡単には見つからない。形が精神を作くる面もあると思うのでとりあえず買ったものを活用することで面白さを見つけられたら。
タグ:日記
posted by K2 at 23:59 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/19 Mon

生ホッピー

生ホッピー東京・八重洲の壱鉄というお店で生ホッピーをいただく。見かけは普通の生ビール。でも味はホッピーだった(当たり前)。生だからうまいというわけではない気がするけど、飲んでみたからったから、とりあえず満足。

それはさておき、この壱鉄、安くて、うまくていいかも。二件目に伺ったのであまり食べることはできなかったけど、やきとんはおいしいし、キャベツの辛味噌もキャベツが甘い。次回は一件目としていきたいお店。

キャベツの辛味噌しかし、こんなことばかりしていると仕事ができない。仕事の締め切りまであと二日しか時間がない。大丈夫か? まあ、なんとかなると思いつつ、今日も自堕落な一日。いかん、いかん。
タグ:日記
posted by K2 at 22:29 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。